FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

バレンタインスポーツ

ハルさんが提案したバレンタインスポーツとは、
一人がゴディバ夫人となり、もう一人が馬となる。

「発案者は私だから、当然私がゴディバ夫人よね。」
という事は、当然私が牝馬、、、らしい。
ゴディバチョコのトレードマークを再現しながら、
チョコを御主人様にお届けするという趣向だ。


ハル・ゴディバ夫人を背に乗せ、牝馬は部屋を四つ足で歩く。
ところが一向にチョコを渡す気配がない。
ハルさん、重いよぉ、まだなの?
「ゴディバ夫人は、全裸で町を廻ったのよ。
 一周くらいじゃ足りないわ。」
四周してやっと御主人様にチョコをお渡しした。
ゴディバチョコの68%ダークと85%ダークだ。
「おぉ、ご苦労。
 帰り道も大変だろうが、気をつけてな。」
なになに? どういう意味?
「はい、お気づかいありがとうございます。
 それでは失礼いたします。」
ハルさんはそう言うと、手綱を巡らすように肩を押し、、
私を逆に向かせた。
「さぁ、帰るわよ。」
帰るって、、、
逆回りで、又、この部屋を四周するらしい、、、、、

御主人様はダーク85%をかじりながら、
楽しそうに牝達の寸劇をご覧になっている。


       2018年2月11日ちょっと早めのバレンタイン
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する