FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

道具以上、人間未満

another story 5 (道具以上、人間未満)


「、、物語」も、一段落。だから今日は、最近の私。


昨年末、ハルさんと二人で、
お酒を飲みながら、あるおば様から、お話を伺った。
その方は、御主人様が母親代わりとお慕いする方。
そして、御主人様の大ファンと自称する方。

そしてそして、奴隷さんとしての大先輩。


そのおば様がおっしゃった。
「あなた達、理想の奴隷って考えた事ある?」

ん~、、、。誠実に御主人様にお仕えする事かしら、、。

「まぁ、それは当然。
 そうじゃぁなくて、あなた達の存在についてよ。」

存在?

「私の考えは古いかもしれないし、
 今の若い方とは違うかもしれないけどね、、、。

 私が思うのは、奴隷は御主人様の影。
 いつも、静かに寄り添っていながら存在しない。
 御主人様が必要となさる時にだけ姿を現して、
 初めて道具として存在が許される。」

御主人様が必要とする時だけ存在できる?
まぁ、分かるような気がするけれど、、、、、。

「でもね、ただの道具になっちゃダメ。
 もしあなた達がただの道具になってしまったら、
 御主人様がその道具を取りに行かなくちゃいけないでしょ。
 それはダメ。

 御主人様が道具を使いたいと思った時には、
 もうあなた達がそこに居なくちゃね。
 だから、影として、御主人様から目を離さずにいて、
 御主人様のお考えをすばやく察知できるようにならなくちゃ。
 そういう意味では、奴隷は道具以上でなくちゃね。」

確かに、いつもご主人様の事を考えて、って事よね。

「ただね、お使いいただく時は、道具。
 道具だから、御主人様の御満足の為だけに存在するのよ。
 性処理だけじゃないのよ。御主人様の心も満たしてさし上げなくちゃ。
 あなた達の口、おマンコ、アナルはもちろん、
 頭のてっぺんから、つま先まで、存在全てが御主人様の物。」
私の存在全てが御主人様の物。

私達は感じちゃいけないの?

「そんな事はないわ。
 御主人様は、縄や鞭に酔うあなた達が見たいのよ。
 あなた達の叫び声が聞きたいのよ。
 蝋燭を垂らされながら、アナルで悶えるあなた達が欲しいのよ。
 そういう意味では、道具以上。
 
 あなた達だって、女として、マゾ牝として感じたいでしょ。

 ただ、あなた達の快感は御主人様の快楽のおまけ。

 だから、奴隷の理想は、道具以上、、、。人間未満、、、かな。
 自虐的なんて言葉すら存在しないわね。人間未満なんだから。」

道具以上、人間未満かぁ、、、、。
じゃぁ、御主人様をお慕いしてはいけないのかしら。

「それは違うわ。遊びならともかく、
 御主人様が奴隷としてあなた達を飼っているからには、
 必ずそこに愛があると思うの。それがSMと拷問の違い。
 だからあなた達もしっかり御主人様を愛していいのよ。
 いくらマゾでも、愛がなけりゃ、鞭の痛みなんか耐えられないわよね。

 但し、あくまでも御主人様と奴隷としての愛よ。
 あなた達が愛を表現できるのは奴隷としての姿勢だけ。」

あのぅ、、。失礼ですけど、
おば様は、そんな奴隷さんなんですか?

「うぅん、私は途中で御主人様を、、、亡くしてしまったから、、、、。

 だから、いくらもっともらしい話をしても、
 所詮は私の考える理想。年寄りの戯言かもしれないわね。
 まぁ、この歳までお仕えできたとしても、
 そんな奴隷になれたかどうか、、、、。」


「あなた達に、そんな奴隷を目指せって言ってる訳じゃないのよ。
 私はこう考えます。あなた達はどう思います?って事。
 一人で考えてもいいし、二人で議論してもいい。
 考えなくとも、自然に自覚できるようになる事かもしれないし、、。

 そうよねぇ、、、、。
 やっぱりそれが理想かなぁ、、、、。
 理論や定義づけじゃなくて、
 自然に、心が御主人様の気持ちを理解して、
 自然に、体が動く、、、、。
 そうだよねぇ、、、、。
 やっぱり考えちゃだめ。
 慌てないで、自然に体が動き出すようになるまで、
 しっかり御主人様にお仕えしなさい。やがて、分かるわ。

 いいえ、やがて心で感じることができると思うわ、、、。」



いつの間にか、焼酎のボトルが空になって、、、。
だんだん、おば様の呂律が回らなくなって、、、。
朝を迎えてしまった、、、。


でも、私達、お酒には酔っていない。

、、、、、、おば様の言葉に酔っているけれど、、、、、。


 

道具以上、人間未満。

噛み締めてみる。

凄い言葉だよね。

私達は、まだまだ、、、。

でも、おば様はおっしゃった。

慌てない、やがて自然に心で感じる事ができるようになるわ、って。


うん、それでいいのかな。

まぁ、難しい事は、、、、、。ゆっくり考えよう、、。


今、じゃなくて、、、。

、、、、、、。
、、、。






年末の私達、アナザーストーリーでした。

さぁ、明日からの「、、物語」、又、よろしく。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009年02月08日(Sun)15:11 [EDIT]

「奴隷の心掛け」

素敵なアドバイザーがいらっしゃるんですね^^

牝奴隷を身をもって体験された女性が語る「奴隷の心掛け」はとても重み
がありますね^^

「御主人様サイド」から見れば日々の成長の中に見る我が奴隷の歩みは
そんな心掛けから成り立っているのか?と改めて感心する次第です^^
可愛く、健気ですね^^

主である我々は、奴隷に色々な事を教え、躾けよう!と、いつも一生懸命
ですが、奴隷自身にもそんな努力があるんですね^^
これも主を愛するが故の努力・・・・・。

己がマゾ牝だからとは言え、みずからを「道具以上、人間未満」と言い切る
奴隷は可愛いですね。
私は「飼い主」として、奴隷をそんな風に考えた事はありませんが、調教中は
そのように扱います。

奴隷ターミとレディーターミ、このON&OFFはすべて私がそのときの気分で決めます。
今ではターミは、そのON&OFFを見事に察知するようになりました。

私はターミに私のその時の「私の気分」を察知し「私に言われる前にレディーにも
奴隷にもなっているようにしろっ!」と教えてきました。

「私が今、何を求めているか?理解してその行動をとるように!」と・・・・・・。
「おまえは肉のオモチャであり道具だがおまえはロボットではない、おまえは
奴隷の精神を持って自分で考えて、私が何を求めているか?を考え事前に
そのように振る舞うようにしろっ!」と躾けています。

御主人様のイメージやお考えを、経験者の先輩牝奴隷さんがアドバイスして
くれる・・・ありがたい事ですね。



これは奴隷ばかりでなく、社会に出ても通用するコンテンツなんです。
どんなBusinessやdealなどでも先を読む能力が要求されます。
詩文のそのBusinessにおける現在地をしっかりと把握し、進む方向を予見する!
予見するだけでなく、手を打っておく。。。。。
それでなければ仕事も出来ません。

今から実務で勉強しているRayさん、ハルさんの成功は間違いなしですネッ!(^-^)


BARI | URL | 2009年02月08日(Sun)15:43 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます

おば様は、主にさりげなく紹介された方です。
困ったり悩んだりした時には相談してみろ、
と言う意味だと、勝手に解釈して、
その後も御相談したり、お叱りを受けたり、
いろいろお世話になっています。

おば様のおっしゃりたい事は分かります。
奴隷モードの時は、主から目を離さずに、
いつも主の事を考えて行動するよう心がけております。
ただ、「道具以上、人間未満」の領域に達するのは、
まだまだ先の事でしょう。

まぁ、慌てない、慌てない。
おば様が、おっしゃるように、
心が、自然に感じるようになるまで、
主には我慢していただく、
そう、
幼い奴隷を育てる事を楽しみと感じていただいて、、、

と、これも私の自己弁護かしら、、、、。


主にはもちろん、
おば様にも、BARI様にもこうして育てていただいて、
私達は、幸せ者です。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。        レイ
 

Ray | URL | 2009年02月08日(Sun)20:06 [EDIT]

鍵コメのMさんへ

Mさん、初めまして。
確かに、私もそう感じています。
ただ、それを継続するのがとても難しい、
と言うのが本音です。
これからも、応援、そして素敵なコメント、
よろしくお願いいたします。
 

Ray | URL | 2009年02月08日(Sun)20:11 [EDIT]

またまた推理

奴隷になるって、こんなに凄い事なのかよ、
と言うのが第一の疑問。
レイさん、ハルさんはこんなギチギチの世界で生きてるのですか。
他の奴隷さんも、そうなんだろうか?

そしてもう一つの疑問。
どうしてこんな凄い話がアナザーストーリーなの。
もしかしたら、このおば様のメインストーリーがあるんでしょ?

推理大好きオヤジでした。

sige | URL | 2009年02月08日(Sun)20:35 [EDIT]

またまた推理ですか?

sigeさん、ありがとうございます。

第一の疑問。
そんなにギチギチな奴隷生活はしていません。
適度な緊張と弛緩。
主に、うまくコントロールしていただいているようです。
他の奴隷さんの事は分かりませんが、
皆さんも、御主人様の事を想って、一生懸命お仕えしているはずです。

第二の疑問
ん~ん。
この時、これ以外の、お話もしていただきました。
それは、追々「、、物語」の中で、綴っていきたいと思います。
確かに、私にとっては、そちらがメインだったのかもしれません。
まぁ、又、お待たせしちゃう事になりますけど、いろいろ、推理してみてください。

じゃぁ、又。
 

Ray | URL | 2009年02月08日(Sun)21:14 [EDIT]

こんばんは。
今日の「アナザーストーリー」は、石田衣良作品を思わせるような…そんな語り口調ですね。
「道具以上、人間未満」…奴隷ならではの、深い深い言葉ですねぇ。しかも!奴隷をしていらしたオバ様にお話を聞くことが出来るなんて!
なかなか無い機会だと思います。ふううん。こうして、お二人は成長してゆくのねぇ。私も楽しみですe-415

ルカ | URL | 2009年02月08日(Sun)23:27 [EDIT]

ルカさん、ありがとうございます

このおば様は、主にさりげなく紹介していただいた方ですが、
逆に、私達をおば様に見せに行った、という事なのかもしれません。
「道具以上、人間未満」なんて、言っている事はなんとなく分かっても、
そう簡単に、できることではありませんよね。
まぁ、慌てず、遠い目標として、努力しております。

じゃぁ、又。
 

Ray | URL | 2009年02月09日(Mon)08:01 [EDIT]

わたしはまだまだ主さまに悦びを与えていただいているだけだなぁ…

自然に自分の意識が変わっていけば嬉しいですね。

mine | URL | 2009年02月09日(Mon)10:37 [EDIT]

mineさん、ありがとうございます

 >主さまに悦びを与えていただいているだけだなぁ…
って、感じるという事は、
もう完全にmineさんの心は主さまだけを見ていますよね。
その想いが、素敵な奴隷さんへの道だと思います。
「一言メール」であんなに濡れちゃうmineさんですもの。
次回、お会いしたらどうなっちゃうのかしら?
万歩計と腹筋。
春のそよ風と可愛いミニスカート。もうすぐですね。
じゃぁ、又。
 

Ray | URL | 2009年02月09日(Mon)12:13 [EDIT]

通りすがりですが…

こんにちは。はじめまして。亮と申します。
通りすがりに立ち寄りました。

何となく深い内容ですね…。
私も自分の愛奴さんを道具扱いすることはあります。
それは彼女が『お役に立ちたい』という想いがあって
その奉仕願望を満たしてあげるような感覚です。
(何となく偉そうですけどね…笑)

実際『ご主人様が喜んで下さるなら幸せ』なんて言うし
そういう幸福感も感じているようでした。

幸せに感じる感覚って人それぞれですからね。
お相手の願望であるなら満たしてあげたいとも思います。

亮 | URL | 2009年02月09日(Mon)18:21 [EDIT]

亮様、ありがとうございます

「ちょっと考え方を変えてみましょう」シリーズ、
なるほどと、読ませていただきました。
「別れる、切れる」的な事は、今はありませんけれど、
肉体的にはもちろんの事、精神的に辛い時も、
ちょっと考え方を変えて、
あぁ、これは主の素敵な御調教なんだと理解できれば、
むしろ、その辛さが快感になってしまうかもしれませんね。

「道具以上、人間未満」には程遠い私です。
「通りすがり」などとおっしゃらずに、
これからも、いろいろ、御意見、御批判、御指導、いただけますよう、
よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。     レイ

Ray | URL | 2009年02月09日(Mon)20:57 [EDIT]

とても分かりました。

素敵なおば様との出会い、うらやましいです。Rayさん、ありがとうございます。
私も、御主人様の持ち物ですからもっと自分を大切にしなきゃって思いました。

みう | URL | 2009年02月11日(Wed)08:20 [EDIT]

みうさん、ありがとうございます

みうさんのブログには、いつも生意気なコメントを押し付けてしまって、
申し訳なく思っています。
でもねぇ、なんかコメントしたくなっちゃうんです。
なぜでしょう?
昨晩も、駄文で失礼しました。
「渕となりぬ」。木原 敏江先生でしたっけ?
それを知っている私は、みうさんと同じくマニアックなのでしょうか。
まぁ、あのシリーズ、知ってるだけでチラッとしか読んでないのですけど、、。
じゃぁ、又。
 

Ray | URL | 2009年02月11日(Wed)12:42 [EDIT]