FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

あむさん

「あむさんのブログ、終ちゃうんだね。」

あぁ私も読んだ。
「牝犬奴隷あむの夜想曲」というブログの事。

最後の言葉が心に残る。
 
   だけど私は、Bossに少しでも何かを残せたのだろうか。

私達は、御主人様に何か残してる?



私は、それほど熱心な読者じゃなかったけれど、
ハルさん、凄く衝撃を受けているみたい。
「捨てる、捨てられるって、そんなに簡単な事なの?」って。

あんまり言葉がない。
どう感じているのか、ちょっと聞いてみたい気はするけれど。

たぶん、私と同じ。

いや、私以上かな?
あんまりナーバスにならないでね、ハルさん。


            2008年7月半ばの事でした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

http://amsexuality.dtiblog.com/

あむさんはお元気にしていらっしゃいますよ^^

Shio | URL | 2009年02月09日(Mon)10:55 [EDIT]

「主従関係」

人との関わりには、必ず終焉を迎える日が来ます。

それは別れであったり、発展的解消であったり、死に別れだったりします。

私自身もそうですが、親族との死に別れ、両親との死に別れ・・。
恋人との別離・・・・。

いずれも悲しいものです、が、私はそれらのすべてが自身の成長の糧に
なったと思っています。

ハルさん、Rayさんは共にお若い・・・・。

これから色々な事に直面する事になるでしょう・・・。
これは生きている限り避けられない事実です。
それでも生きてゆかなくてはいけません。
自身の命を全うする事は、この世に生を受けた時点から天命なのですから・・・。

でも、そんな時に腹を割って相談に乗ってくれる「人」が友人であったり母親、
父親、兄弟だったりします。

ネット上とはいえ、他人の別離を見るのも寂しいものです。
でも、人それぞれ事情や環境があります。
今は、静かに御友人の幸せを祈って上げましょう・・・。


さてハルさん&Rayさんの御主人様は大丈夫ですよ^^
ここまでBLOGを拝見していて、御主人様は人物的にも素敵な方です。

どんな形になろうとも「貴女達」の幸せを一番にお考えになる方です。
今は、安心して御主人様のことだけを考えてあげてくださいね^^
御主人様も、貴女達のこと、貴女達の将来の事も、きっとお考えですよ♪
(^-^)

BARI | URL | 2009年02月09日(Mon)11:30 [EDIT]

Shioさん、ありがとうございます

情報、ありがとうございます。
さっそく、伺ってみました。
dtiblogに移っておられたんですね。
お元気な御様子で、なによりです。

Shioさん、
又、遊びに来てくださいね。じゃぁ。
 

Ray | URL | 2009年02月09日(Mon)12:22 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます

過日、アナザーストーリーにも書きましたけれど、
主に、
 「俺にとって、奴隷を飼うということは、
  飼い続けるという事なんだ。」
といっていただいた時は、本当に嬉しかったです。
一生懸命お仕えしなければ、との思いを強くしました。

あむさんの、ブログが終わった日から、
主の心に、どれだけ沢山の「足跡」を残せるか、
それが私達の、課題になりました。

「あの時は、、、」って思い出話をしていただきたい。
今、主の喜ぶ顔が見たい。
そして、明日の事、将来の事を話していただきたい。
過去も、現在も、将来も、
沢山、沢山、私達の「足跡」残し続けたい。
それが、私達の想いです。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。      レイ
 

Ray | URL | 2009年02月09日(Mon)12:41 [EDIT]