FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

サロペット

家に戻ってからも、賢治様は困り顔。
「女子大生は、この時間、何してます?」
まぁ、テレビかしら、インターネットかしら。

「賢治様こそ、美女に囲まれて、何がしたいですか?」

「とりあえず、お酒ですかね。それからスケベおやじ。」

慌てて、冷酒をお出しする。
おつまみは、、、、。
早く、、、早くしなくちゃ。

「オーバーオールとサロペットってどう違うんです?」
「サロペットはフランス語ですね。
 最近は、サロペットって言うほうが多いかな。」

「ハルさん、レイさん。ここに座って。」
賢治様が、ハルさん、レイさん、なんて呼ぶの初めて。

賢治様の左右の膝に、背を向けて座る。

「サロペットって、サイドの無防備さがいいよね。」
そう言いながら、手を差し込んでくる。
賢治様は、身八つ口フェチですか?
「どうぞ手を入れて下さい、っていうのに、
 何もしないのは、失礼じゃないですか。」
手が、ゆっくりあそこを揉んでいる。

「賢治様、お酒どうぞ。」
私が、ハルさんの持つお猪口にお酒を注ぎ、
ハルさんがそれを賢治様の口の運ぶ。

「これは最高ですね。スケベおやじの極みです。」

すっと手が抜かれたと思ったら、
ブラのホックがはずされた。
又、手が入ってきて、
「ずいぶん柔らかくなりましたね。」って。

声をこらえながら、お猪口にお酒を注ぐ。

「賢治様、こんな事できるお店でお酒飲むんですか?。」
「そう思います?」
「スケベおやじなら、するでしょう。」
「そうですねぇ。でもサロペットの女の子はいないな。」
じゃぁ、ミニスカート?
それとも、和服のママさんの身八つ口?
サロペットは、サイドの無防備さがいいよね、、、

Tシャツの裾から、手が上にきて、今度は胸。

「せっかくショートパンツタイプですからね。
 やっぱり、下からもご挨拶しないとね。」

テーブルに仰向け。
膝から下は、テーブルの端で下にブラブラさせている。

左右の裾から、手が入ってきた。
ゆっくりゆっくりあそこを揉んでいる。

もうだめ。声が出そう。

「あぅぅぅ。」
ハルさんも必死に声をこらえている様だ。

「サロペットって脱がすのが大変ですね。」
腰をちょっと上げて、早くお願いします、、、。

指が入ってきたのはわかった。
おチン様が、ズンときたのもわかった。
あっという間に、イッてしまったのもわかった。
後はもう、何もわからない。
ハルさんの、叫び声をぼんやり聞いていた、、、。



「困りましたねぇ。
 押しかけ女房が二人もいると、僕痩せちゃいますね。」

「スケベおやじごっこ始めたの、賢治様ですよ。」

「そうかなぁ、うまく誘導された気がするけど、、。」


「レイさん。いつまでボーっとしてるんです。
 お風呂入りましょう。」



「パジャマは、ぼくのTシャツでいいとして、
 あなた達はどこで寝るんですか。
 奴隷モードじゃないから、床じゃないだろうし。
 毎日このベッドで三人では、ちょっとねぇ。
 まぁ今日は三人で寝ましょうかね。」

「普段どおりにして下さいね。

 レイさん、いつもノーパンで寝るんですか?」

           2008年8月3日 夜の事でした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
始まりましたね^^

三人での生活が始まりましたね^^

御主人様ならずとも正常な男性なら、まずは女性の身体を眺め触るでしょう。

それも二人もいれば、交互に触り味わい、交互に犯す事でしょう。
しかし毎日「御主人様と二匹の奴隷」・・と言う事になれば調教も大変です。

毎日の調教となるとエネルギーと気苦労と体力が必要です。
体力に絶対の自信がある私でも・・「普段は普通にしてくださいね。」と
言ってしまうでしょうね^^

こんな時は、ハルさんもRayさんも極力普通の服装で、普通にしていた
ほうが良いですね。

男性とは、その方がムラムラっとくるものなんです。
毎日の場合だと「さぁ、どうぞ!」と構えられると男は気持ちが萎えますからね。

さぁこれから三人が、どのように展開したのか?楽しみですね^^
ふふっ・・・(^-^)
今日からの生活に限っては「頑張れっ!!賢治さん&御主人様!!」(^-^)
と、応援しちゃいます♪(^-^)


BARI | URL | 2009年02月12日(Thu)08:16 [EDIT]

僕の誕生日に何してんの~

見覚えある日にちなので妙にどっきっとしますがね~

ちゃー | URL | 2009年02月12日(Thu)11:00 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます

自分がいない時に、奴隷たちを、どう過ごさせるか。
主の試行錯誤が続きます。
私達は奴隷モードでドキドキワクワクしていればいいのですが、
主は、モードの変換に苦労なさったようで、
「最近、俺の責めは徹底してないなぁ。」
なんておっしゃった事もありました。

この「、、物語」は、私の視線ですけど、
主が書いたら、まったく違った「、、物語」になるのかもしれません。
考えた事もありませんでした。
BARI様の御主人様としてのコメントを、
主の心理分析のように読ませていただきました。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。      レイ
 

Ray | URL | 2009年02月12日(Thu)12:41 [EDIT]

お誕生日?

ちゃーさん。
8月3日がお誕生日と言う事でしょうか。
では、今年の8月3日は、
素敵な花束と、真っ赤な低温蝋燭でお待ちいたしております。
忘れないようにします。たぶん、、。
じゃぁ、又。
 

Ray | URL | 2009年02月12日(Thu)12:50 [EDIT]