FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

公衆電話

「俺、公衆電話って、このところ使ったことなかったけど、
 昔の感覚で、3分10円だと思ってた、、
 今じゃぁ、1分もかけられないんだなぁ。
 災害時の、いざという時のために、
 いつも秘密のポケットに10円入れてたけど、
 公衆電話から携帯だったらもっと短いんだろ?」

はい、10円で15秒くらいだと思います。

「災害時にパニクッてたら、15秒で何が話せる?」

そうですねぇ、
携帯の基地局が罹災したら、携帯は繋がりにくくなりますし、
停電になったら、固定電話も通じないなんてなりますよね。
そんな時は、公衆電話の回線は最優先で確保されるから、
それだけが頼りになるのかしら。

「東日本大震災の時は、時間はかかったけど、
 メール、ツイッターは、なんとかつながったわ。
 LINEなんかはどうなのかしら?」

瞬時に繋がるなんてことは期待しないほうがいいのかなぁ。

「災害救助法が適用される規模の災害だったら、
 公衆電話は無料になるんじゃなかったっけ。
 まぁ、そんな地震災害が起こらないことを願うばかりだが、
 先日だって、宮城、福島で震度6強があったからな。
 これを機会に、連絡方法決めておこう。
 お前達は、実家との連絡方法も決めておけよ。」





東日本大震災からもうすぐ10年。
津波被害地域の物理的復興はすすんでいるらしいが、
個人個人の心の復興は、人それぞれでしょう。
福島県の原発事故の地域では、いまだに帰還困難区域があるし、
避難指示が解除された区域でも、
故郷に戻らず、他の地域で暮らしている住民も多いらしい。
10年という年月の裏と表がまだまだ存在しているのが現状だろう。


東日本大震災で甚大な被害を受けた皆様は
それぞれに、苦しみや悲しみを抱えながら、
それでも、一歩一歩、前に向かって進んできた十年だったのでしょう。

これからも続くであろうその歩みに、
遠くから、ひたすらの応援を送り続けたい。

10年は節目ではあるけれど、区切りではない、そう思う。



     3.11 あの日を忘れない、、     黙祷



 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
いつもいつもありがとう

毎年しっかり被災者を忘れずいてくれてありがとうございます。

>10年は節目ではあるけれど、区切りではない、そう思う。

おっしゃるとおりですね。至言だとおもいます。

 

福島耐え子 | URL | 2021年03月09日(Tue)18:11 [EDIT]

耐え子さん、ありがとうございます

津波や放射能はありませんでしたけれど、
私も旅行中、仙台で東日本震災の恐ろしさを体験しました。

こんな卑猥なブログではありますが、
あの日を忘れない、と伝え続ける想いで綴っております。

ありがとうございました。
お元気で、じゃぁ、又。   レイ
 

Ray | URL | 2021年03月09日(Tue)19:56 [EDIT]