FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

テーブルで、鰻弁当を食べている。
さっきのいい匂いはこれだった。
とっても美味しい。
お風呂上りのビールも格別。

御主人様と目を合わせるのが、ちょっと恥ずかしい。
何回イッたか、自分でも分からない程だったから。

この鰻、あの有名店のですよね。
わざわざ、私達の為に?
「いや、俺が食いたかっただけだ。
 土用の丑の日に食い損ねたから。」

理由はどうあれ、ありがとうございます。御主人様。
遠回りして買ってきてくださったんだ。
涙が出そうになる。


私達は、真新しい御主人様のTシャツを着ている。

「実はな、ここ2、3日、俺も途惑っていてな。
 手を伸ばせば、いつもそこに牝奴隷がいて、
 ケツ出せって言えば、お前ら、絶対拒否しないしな。
 まぁ、ハーレムみたいでいいかもしれないけど。
 モード変換がうまくいかなくてな。
 緊張感とかワクワク感が少なくなりそうで、、。」

「御主人様。帰れ、なんて言わないでください。
 もう飽きた、なんて言わないでください。
 私達、いちじくの葉っぱ、ですから。」

淑女奴隷にでも、淫乱奴隷にでも、
ご命令いただければ、何にでもなります。
どうぞ、ここに居させてください。

うなぎご飯を食べかけで、床に「伏せ」。
必死にお願いする。

「どうするか、考えておこう。
 邪魔になったら、家具奴隷にして、
 おマンコに生け花でもいいし、
 衣装ロッカーに閉じ込めて、放置もいいなぁ。
 生ゴミの日に、素っ裸で捨てるってのは?」

「お邪魔なら、家具奴隷にでも何でもなります。
 ゴミのように扱っていただいてもかまいません。
 でも、捨てるなんて言わないでください。
 お願いいたします。御主人様。」
ハルさんが、泣きながら訴える。

「冗談だ。かわいい奴隷達だ。捨てはしない。
 但し、俺が命令するまで、裸は禁止。
 毎日見てると、飽きるかもしれんから。
 必ず、今みたいに、Tシャツでも着ること。
 レイにおマンコで習字させるってのもいいなぁ。
 私は牝奴隷、ってTシャツにな。」

そう、「いちじくの葉っぱ」だから、
ちゃんと隠す所は隠さないとね。

でも、あそこで習字はなぁ、、、。
うまく書けるかしら、、、、。

「習字する事はOKなんだ。発想が独特よね。」
ってハルさんに言われそうだ。
まぁ、、いつもの事だけど、、、。

      
         2008年8月7日 長い一日だった。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
生真面目な^^

ふふっ♪^^御主人様は生真面目な方なんですね^^

マイペースで生活すれば良いものを、貴女達に気を使っておられます。
マゾ牝犬奴隷として二人を扱わなければ、飽きられたのか?と二人が
心配するし・・・。
かといって、毎日ではつまらないし、ワクワク感が薄れる・・・?
御二人を心から大事に思っているから、いつまでも新鮮な環境を作ろうと
なさっておられる。
貴女達に「羞恥心をなくすなっ!」と言っているのも大事な事だからですが、
御自分に言っている事でもあるのです。
そこで御主人様は御二人に「マゾ牝」と「普通の女性」のON&OFFを言うのです。

貴女達がどうでも良ければ、賢治様はマイペースで好きなように過ごすでしょう。
ですからっ!賢治様にとって大切な貴女達にも「工夫」が必要なのです。

世間の夫婦のマンネリは、妻の座をGoalだ!と胡坐をかいた「女達」にも
責任はあるのです、結婚はGoalではなくスタートなのです。
まぁ、大抵は男が悪いのですが、女性にも責任の一端があると思わなくて
はなりません。

男の配慮と思いやり・・・女の工夫と努力・・・。
「男女が一緒に生活する」と言う事は、互いの「気持ち」が大事なのです。

御二人の奴隷の出迎えも、全裸に三つ指・・ばかりでなく、色々な下着で
出迎えたり・・。
時には、スーツやドレス、フォーマルな服を着て、三つ指をついて出迎えたり。
立ち居振る舞いや御奉仕なども工夫が必要なのです・・^^

わかるかな?(^-^)
ターミにも、そこらを徐々に仕込んでいる最中です。^^

BARI | URL | 2009年03月05日(Thu)11:29 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます

そうですね。
主なりに戸惑ったり、気を使っていただいたり、していたのでしょうね。
なにせ、家に帰ると、
嘴の黄色い牝奴隷が二匹、ピーピー言っているのですから。

長期のお泊りなんて、私達も初体験なら、主もそうだったでしょう。
これからも、私達なりに努力したり、主に楽しませたいただいたり、、、。
「おバカな夏合宿」はまだ続きます。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。      レイ
 

Ray | URL | 2009年03月05日(Thu)20:13 [EDIT]

無花果…の葉。なかなか「物語」を読み込めず、お恥ずかしかったですわ。昨日のコメントね。許してね、Rayさん^^;
そうでしょうね。ご主人様の言われていること、よーく分かります。とても素敵なご主人様。ONとOFF?

「淑女奴隷と淫乱奴隷」…この大きな違いがやっと分かりました。お二人とも可愛いわe-414

ルカ | URL | 2009年03月06日(Fri)00:44 [EDIT]

ルカさん、ありがとうございます

淑女奴隷と淫乱奴隷のonとoffなんて、そう簡単ではないですよね。
ましてや毎日一緒に暮らして、「合宿」している訳ですから、、、。

でも「もう帰れ」なんて言われないように、必死でしたよ。
主にも心配りをしていただいて、「おバカな夏合宿」は、まだまだ続きます。

じゃぁ、又。
 

Ray | URL | 2009年03月06日(Fri)08:03 [EDIT]