fc2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

箸のマナー

夕飯を召し上がりながらおっしゃる。
「考えてみれば、箸をうまく使えるって、凄いことだよな。」
そうですねぇ、世界中に箸を使う文化は相当あるようですけど、
箸のみを使って食事するのは日本食だけだそうです。
「いい大人がとんでもない箸の持ち方してたりはするがな。
 お前達は、奇麗な箸使いだ。」
ありがとうございます。
「箸と鉛筆の持ち方は、親から口うるさいほど注意されましたねぇ。」
「うん、いい親御さんだ。」
御主人様も、奇麗な箸使いをなさるし、
お箸のマナーも、しっかりなさってますよねぇ。
料亭や割烹での御接待が多いからでしょうか。

「あぁ、そうだな。
 学生の頃はガサツな箸使いで、無頼を気取ってたがな、
 会社を立ちあげて、接待が増えてからは、
 和食、洋食のマナーを相当勉強したなぁ。」
「そうですねぇ、日頃使い慣れているはずなのに、
 意識したことのない箸のマナーなんてありますものねぇ。」


     mesuinu347.jpg




「箸はどんな事でもできちまうから、逆にマナーは難しい。
 クリトリスを摘まもうか、乳首にしようかなんて、
 そういう『迷い箸』はだめだとか、
 マンコに突き刺すような『刺し箸』はダメだとか、
 マン汁の付いた箸を舐める『ねぶり箸』はダメだとかな。」

例えは極端だけど、正解ですねぇ。
サトイモなどは、他人様の目が無い時は、刺して食べてるかも、、、


「御主人様ぁ、その箸のマナーを実践するために、
 梁や柱の立派な日本旅館にでも行きましょう、
 緊急事態宣言も解除になったことですし、、、」
「バーカ、まだまだ油断するな。
 解除になっただけで、解放されたわけじゃないんだぞ。
 ワクチン2回完了だからだなんて油断して、
 お前のように考える輩が多くなると、
 又、第6波なんて事になりかねないんだ。
 紅葉狩りがてらのドライブはあっても、
 宿泊は、年末年始の紗江の料亭泊までオアズケだ!
 まぁ、コロナ禍で苦労している旅館業には申し訳ないがな。」


そういう御主人様の方針だ。
キャンプ場のコテージでの御調教も、この秋はないんだなぁ、、

けっして油断するまじ、自分の身は自分で守れ、って事だな。

 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する