FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

イラマチオ

翌日の、御主人様のお帰りは早かった。
まだ、外は充分明るい。

お帰りなさいませ。
玄関で「伏せ」でお迎え。

ハルさんが、すかさず着替えをお手伝いする。

御主人様、お風呂にしますか、それとも、、、。

「ハル、咥えろ。」
越中おフンを着けようとしていたハルさんが、
びっくりしたように、おチン様をしゃぶりだす。

御主人様、なんかとってもイライラしてるみたい。

大きくなったおチン様を、
無理やりハルさんの口に差し込むと、
頭を押さえて、腰を動かしだした。

「フアァ、ガ-。オエッ。」
ハルさんが、御主人様を突き放すようにして、
おチン様から、口を離した。

「御主人様、しっかり御奉仕いたしますから、
 ちょっとお待ちください。」
むせるように、やっと話をしている。

「うるさい。次、レイ来い。」
御主人様、お許しください。くっ苦しいです、、、
おチン様は、グングンと喉のほうまで侵入してくる。
先端が、喉の奥まで来ると、
オエッとなってしまう。むせて苦しい。
息ができなくなりそうで、大きく口を開ける。

御主人様、お許しください。
私も、御主人様を突き放してしまう。
だめです。苦しいです。こんなの、無理です。

思わず後ずさりして、逃げ出そうとしたら、
髪を鷲掴みにされて、無理やりおチン様を口に入れられた。
グ、ガァォ、オェ。
息が、、、、。息ができません、、。

「次、ハル。」
ハルさんは、リビングに逃げ出してしまった。
追いかける御主人様。

こんなの、本当に死んじゃうわ。

御主人様、申し訳ございません。
今度は、もっとがんばりますから、今日のところは、
今日は、ご勘弁ください。

御主人様とハルさんの間に割り込んで、夢中でお願いする。


おチン様がスーッと萎えていく。
「すまん。イラマチオなんかする気はなかったが、
 これじゃぁ犯罪だな。」

どっかりと椅子に腰を下ろす御主人様。

           2008年8月12日 夕方の事です

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
・・「イラマチオ」・・

また上京していました。
忙しい昨今です。(--;

そっかぁ~~、イラマチオの経験はなかったんですね?
私は、奴隷ターミの三つの穴は自由に使います。
口唇奉仕も、好きなように使います。

当然、喉の奥にまで髪の毛を掴んで・・・ペニスを。
ターミはむせながらも必死に咥えています。
でもターミは、いまではそれを悦びにしています。

少しずつ色々な事を覚えてゆくお二人なんですね?(^-^)
頑張ってくださいね(^-^)

BARI | URL | 2009年03月20日(Fri)07:54 [EDIT]

BARI様、おはようございます

年度末、御決算等でお忙しい時期なのですね。
お体大切に、御自愛ください。

この「イラマチオ」も、
主のお仕事がらみのイライラが原因でした。
お仕事モードと御主人様モードの切り替えを、
はっきりさせようと努力なさっているに違いない主が、
お仕事のイライラを家庭に持ち込むなんて、珍しい事で、
私達も戸惑いと、社会の厳しさを痛感させられた出来事でした。

強制フェラは、辛いです。
御調教なら、がんばって耐えようと思うのですが、、。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。     レイ
 

Ray | URL | 2009年03月20日(Fri)08:13 [EDIT]

・・「Rayさん、ハルさんへ」・・


ふふっふっ(^-^)
私は年度末は関係ないのですが、多忙を極めております(^-^)


さて、イラマチオ・・・・。

一つだけアドバイスさせてください。
イラマチオにしても、アナルにしても、心で受ける事が大事です。

確かに、イラマチオは苦しいですし、嘔吐する事もあります。
でも、御二人はアナルも経験し、今では快感に変えれる事が出来る
ではないですか?^^

ターミも同じです・・・・。
とにかくアナルは嫌っていました。

イラマチオも喉の奥を突かれる訳ですから吐き気をもよおすのは当たり前
の事なのです。
いいんですよ!!!いいんですよ!!!

嘔吐してもかまいません。
実際に吐く事はありませんが、涙が出ます。。。苦しいです。。

でも御主人様の愛とおしいペニスで突かれる・・それがイラマチオなのです。

賢治様のペニスを、喉の奥で・・心で受ける気持ちをいつか持ってください。
きっとイラマチオが嬉しく、悦びに変えることが出来ますよ(^-^)

そうする事で、悦びが一つ増えますよ(^-^)



BARI | URL | 2009年03月20日(Fri)09:22 [EDIT]

喉の奥の性感帯

初めまして

ときおり読ませて頂いております

ご主人様を突き放すようにした…というのにちょっと驚きを感じてコメントさせて頂きます

BARIさんもおっしゃっていますが、心で感じるのです

抽象的で分かりづらいと思いますが喉の奥は性感帯となりえます

私の奴隷は彼女が10代の頃から調教をほどこしておりますが、当初から一般イに言われるイラマチオは当然の事として行ってきました
確かに口径によって、あるいはペニスの長さ径によって物理的な困難がある場合もありますが、幾人かの経験上申し上げさせて頂ければ喉の奥は性感帯です。
その苦しさがすぐに変化していくのではないかと思います。

性感を求めると言うのは、ある意味ご奉仕的意味合いからすれば的外れであるかもしれませんが、ちょっとひとことお耳汚しをさせて頂きました。

ジェイジェイ | URL | 2009年03月20日(Fri)16:59 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます

明日のエントリーに書きますけれど、
この時は、主の事情があったので、
なんとなく、強制フェラは、終わってしまったのですが、
この後、いつもより、深くご奉仕しました。

>心で受ける気持ち
かつて、BARI様がおっしゃっておられましたね。
フェラ自体が、テクニックじゃなくて心だと。
肝に銘じます。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。      レイ
 

Ray | URL | 2009年03月20日(Fri)17:51 [EDIT]

ジェイジェイ様、ありがとうございます

ジェイジェイ様、初めまして。
素敵なコメントありがとうございます。

この時は、イラマチオなんて初めての事だったので、
吃驚して、主を突き放してしまいました。
まだまだ幼かったなぁ、と思います。
じゃぁ、今はもっと成長したかと言えば、
あまり変わっていないのかもしれません。
だって、喉の奥が性感帯だなんて気づいていませんもの。

これからの御奉仕は、喉で感じることができるように、練習?してみます。
まぁ、主の御満足が第一ですけれど、、、。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。       レイ
 

Ray | URL | 2009年03月20日(Fri)18:04 [EDIT]