FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

無視

「徹底的」な日は、私達、とっても早起きだった。

ランニングブラと新しいサイドリボンショーツに着替えて、
淑女奴隷として、ちゃんとスカートを穿きました。

朝食とおいしいコーヒーと、新聞をテーブルに。

床に正座して、御主人様のお目覚めを待っている。


「おはようございます。御主人様。
 今日も、御調教よろしくお願いいたします。」
深々とお辞儀をする。

「バカか、お前ら。
 ワクワクしながら調教を待ってる奴隷に誰が手を出すか。」

「気をつけ。スカートをめくれ。」
おずおずとスカートを上げる。

御主人様は、チラッと目を向けただけで朝食に取り掛かる。

「手を下げるなよ。」お言葉はそれだけ。

やがて、私達の後にあるテレビに移動してしまった。
ニュースが、オリンピック中継に変わっても、
私達は、誰もいないテーブルに、ショーツを晒している。

腕が痺れてきた。
隣で、ハルさんの鼻を啜る音がする。
そうよね。
一生懸命作ったサイドリボンショーツで、
御調教していただけるって期待していたのに。
涙も出てくるわよね。

これは辛い。暗闇に放置されるより、
御主人様が傍にいて、それなのに、無視されている。
悲しくて、私まで涙が落ちてくる。

御主人様、「徹底的に」「無視」、これも御調教ですか?。

やがて、ハルさんが、大声で泣き出してしまった。
「御主人様、申し訳ございませんでした。
 どうか、お許しください。ゴシュジンサマァ。」
でも、スカートだけは下ろさない。
泣いて、しゃくりあげながら、
誰もいない、テーブルに向かって訴えている。

「うるさい!」
乗馬鞭が、ハルさんの太股で大きな音を立てる。

「ギャァー、、、、。いっ痛いぃぃぃ。
 ありがとうございます。御主人様。」

そうよね、その痛さは、無視されてない事の証。
私も大声で泣いちゃおうかしら、、。
って、そんな事を考えていたら、
私の太股にも、ビシッって、するどい乗馬鞭。
ガッァァ、、、、。あっ、ありがとうございます。

           2008年8月14日 午前の事です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
・・・放置・・・

なるほどね^^

奴隷が嬉しそうに責めを待っていると、確かにしらけますね。^^
主と言うものは、マゾ牝奴隷を困らせ、恥ずかしい思いをさせてこそ
楽しみがあります。

そこでスカートを捲り上げたままでの放置・・・。

私もターミを放置することがありますが、前回は全裸のまま奴隷正座で、
部屋の隅に放置しました。
私の場合は仕置きの意味合いはありません。
私が使いたい時に使い、用事がある時に呼びつける。
用がない時は私の邪魔にならないように部屋の隅で奴隷正座で放置する。

全裸のまま、脚を大きく広げて正座、両腕は後ろに高く組んで胸を張ら
せての放置です。
用があるまで呼びません。

私は新聞を読んだり、テレビを見ています。

奴隷には、主が何を考えているか?先を読む必要があります。
ターミもずいぶん訓練されてきましたよ(^-^)


・・BARI・・・ | URL | 2009年03月24日(Tue)16:26 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます

>主と言うものは、マゾ牝奴隷を困らせ、恥ずかしい思いをさせてこそ
楽しみがあります。

おっしゃるとおりなのでしょうね。
一生懸命、先を読んだつもりで右を向いていると、
違う!左だ。って事になるし、
作戦をたてて、ハルと左右別な方向を向くと、
ニヤッとしながら、
違う!後ろを向け。って事になります。

意義悪を楽しむ主がいて、
その意地悪を喜ぶおバカな牝奴隷達がいて、、、。
いつまでたっても、先読みはできません。

でも時々、満足そうな顔をなさる時は、
クリーンヒットだったのでしょうか、、。

ホームランはいらない。
こつこつとヒットを重ねて、、、。
WBCに影響を受けている今の私です。
優勝、おめでとう!

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。      レイ
 

Ray | URL | 2009年03月24日(Tue)17:47 [EDIT]

ワクワク

ワクワクしながら…ご調教、待ってしまいますよね!!!
だってMなんですもの。放置は一番の苦手だなぁ。
でも、そこで素直に泣きだすハルさん、Rayさんは、本当に可愛い奴隷だと思いますe-414

け、けど痛そう…私、鞭の経験はありませんの。ビンタマニアでございまして…これはね「エゴイストに魅せられて」のターミさんの記事がきっかけだったんですよ!
そのきっかけのターミさんの主様が、ここに日々コメントを下さるなんて…。何か不思議なものを感じますe-420

ルカ | URL | 2009年03月25日(Wed)04:01 [EDIT]

ルカさん、ありがとうございます

確かに放置は辛いですよね。
御調教の時はいつも
羞恥と恐怖と期待のはざまで、
ゆらゆら揺れ動いている私ですから、、、。

ビンタは嫌いです。
主がビンタを振るう時は、御調教じゃなく、
真剣にお怒りになった時です。
先日も、怒りのビンタと放置がありました。
そのうち、ブログに書きますね。
まだ、昨年の夏を綴っているのでいつになるか分かりませんが。

回想といえば、
、、more than、、、
の意味を考えながら、毎日読ませていただいていますよ。
沢山の方にご支持いただいて、
その輪が更に大きくなるよう、密かに願っています。

じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2009年03月25日(Wed)08:09 [EDIT]

> 、、more than、、、の意味。

そうでしたね。そのことに触れていませんでした。
けれど、結局、本当に曖昧なまま…先生も看護師さんも誰も教えてくれませんでした。おまけに!先日、検診に行ったら「キミはステージ2になってるよ」…と今更、新たな事実を聞かされました。主治医じゃない先生だったんだけどね。
子宮・卵巣摘出の大手術の後、退院となり…私は自分の身体がどうなっているのか全く分からないまま。知ることが恐い…SEXなんて絶対無理に決まっている。そう決めつけていました。
それがね…(本当にここでしか書けませんが)、皮肉なことに「子宮摘出後」に初めて「挿入」で感じたの^^; (何を書いてんだか…)
お医者様は「子宮・卵巣が無くなりエストロゲンの出なくなった女性は膣がカサカサに乾き、潤うことが出来ないんですよ」と仰るの。
その度に私、今の「学説」をひっくり返したくなります。「先生、私、濡れますよe-414 充分過ぎる位ですよe-414」って。
こんな事を、書きたくなるのは確実にRayさんの影響なのよ。最近、妄想しちゃうもの。自分のblogで、私のオッパイ!とか写真、載せたら、皆、引くだろうなーって。どうにか今は理性で抑えてます^^;
(シツコイけど、ここでしか書けないルカの真実でした)

ルカ | URL | 2009年03月25日(Wed)17:14 [EDIT]

ルカさん、ありがとうございます

ルカさん、御注意を!

妄想癖は、感染します。
近々、厚生労働省の感染症情報に登場するかもしれません。
空気感染は当然のこと、
最近では電話線や光ファイバー経由でも感染するようです。
ですから、ブログを見たら必ず、うがい、手洗い、目の洗浄は忘れずに!。

最高の妙薬は、「理性」です。
まぁ、わざと「理性薬」を飲み忘れたくなる夜もあるでしょうけど、、、。

って、こんなおバカな話ができる今のルカさん、とっても素敵です。
心の底から応援いたしております。

じゃぁ、又。    レイ
 

Ray | URL | 2009年03月25日(Wed)18:28 [EDIT]

> って、こんなおバカな話ができる今のルカさん…

度々ゴメンね!あのね「今のルカさん」じゃなくて、これが私!Hな妄想に明け暮れ、セックスレスの主人と喧嘩になると「お前が夜、働けよ!お前がちゃんとしないから、こっちも家事をやる気にならねえんだよっ!」という、不毛の喧嘩を度々繰り返し…やっと結婚二年目を迎えたんですの。
勿論、男言葉は私^^;
Rayさん、私のこと、凄く誤解してるかも。私、blogでは気取ってるものね!おまけに「仲良し夫婦」を演じているからな。その訳は、今度、こっそりメールするね。

はい、手洗い・うがいをきちんとしてから、こちらのblogに参ります。

うふふ。私のblogでいきなりオッパイが出ていたら、それはRayさんの妄想癖に伝染したと思ってねe-448

ルカ | URL | 2009年03月25日(Wed)22:37 [EDIT]

ルカさん、ありがとうございます

誰に見せる訳でもない自分の日記でも、
時として、言葉を飾ってしまいます。
ましてや、他人様に公開しているブログですもの、
たとえ匿名だとしても、自分の全てを晒しているとは思いません。
加えて、文章という媒体が間に入る訳ですから、
真実の自分を語る事は、もっと困難になると思っています。

でもね、長い間、その方の言葉に触れていると、
あれっ、こういう一面もあるんだって、そんな事に気づく事があります。
それが、ブログを続けて読む楽しみでもあると思っています。
書き手だって、長い間書き溜めた自分のブログを読み返せば、
行間に、自分の心の動きが見えるに違いありません。

私のブログも、嘘は綴っていないつもりですが、
都合の悪い事や、話の流れで、はしょってしまっている事が、
たくさんあると思います。
だからきっと、オイ、オイ性格描写や行動に矛盾があるぞ、って、
そんな御指摘をいただく日が来るかもしれません。
でもそれはたぶん、その日、その時、
あるいは、それまで語る事がなかった真実の私なのでしょう。

たとえ今、私がルカさんを誤解していたとしても、
それが今私が感じるルカさんです。
「男言葉」の自分を、あえてコメントで打ち明けてくれるルカさんに、
別な意味での魅力を感じています。
読みの浅い私は、ルカさんちょっとお疲れかしら?
そんな稚拙な感想でいます。
お疲れの理由もいろいろあるのでしょうが、、、、。

自分勝手なレスで、ごめんなさい。
次のコメントお待ちいたしております。

じゃぁ、又。          レイ
 

Ray | URL | 2009年03月26日(Thu)00:24 [EDIT]