FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

ボーナス

ハルさんの部屋でビール。

ハルさん、前期の定期試験終わったらさぁ、
「秋合宿」も、できるんじゃない?

「勝手には決められないけど、可能よね。
 レイさんが、追試になったら、私だけでも。」

去年は、諸般の事情があったのよ。悶々とするようなね。


ねぇ、ハルさん、賢治様ってお金持ちなの?
いつも、ご馳走になって、いろんな物を買っていただいて。

「さぁ、よく分からないけど、
 同年代の男性よりは、はるか上じゃないのかなぁ。」

「でも、創業当事は大変だったみたいよ。
 会社が苦しければ、給料もつぎ込んで、
 なんて、おっしゃってたわ。」

ボーナスなんかも沢山もらうのかなぁ?

「レイさん。賢治様はボーナス払う立場よ。
 年度始めに年収が決まっちゃうから、
 それ以外にボーナスなんてもらうと、
 税金が凄いんだから。」

へー、そうなんだ。さすが経済学部。
「バッカじゃない。そんなの常識よ。」

ハイハイ、私、常識ありませんから。

「今は、お仕事好調みたいだから、
 いろいろ買っていただいてもいいんじゃないかなぁ。
 それに、買っていただく物って、御調教がらみでしょ。」

そうだよね。確かに御調教に使うものばかりかな。
ネットで、ゴアのレインコート調べて、
こんなに高いのって、ビックリしちゃったけど、
あれで、牝豚奴隷になって、トリュフ探すんだもんね、、、。

              2008年8月29日の事です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する