FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

みそぎ

晩御飯の準備はできた。
あとは、コテージの前庭にあるカマドの薪に火を入れるだけ。

やっぱり、管理人さんが帰る4時半を待ちかねたように
全裸で牝犬散歩の始まり。
今の季節、少しずつ夜が迫る時間帯。

後から御主人様に視姦していただきながら、
一生懸命、お尻を振って散歩します。
寒い。気温はもちろん10度以下。
緊張してないと、凍えそう。


川岸まで来た時、
御主人様、突然ズボンを脱ぎだして、掛け声を掛けます。
「イーエツ。エーイツ。エイエイッ。ホ。エーイ。サ。」
そして、ザバザバと、川の中に入っていってしまった。

振り向きざま、
「よし、来い!、みそぎ!」って。

御主人様が水に浸かって呼んでいるのに、
私達が躊躇するはずがありません。

心の中で、エーーーイ。サァ。って掛け声を掛けて、
四つん這いで、川の中の御主人様の所まで急ぎます。

頭ナデナデ。胸をモミモミ。
長いキッスもいただいて、、、、、。
無人のキャンプ場、全裸で牝犬散歩の始まりです

「川に入れ!」って命令されたら、
ちょっと躊躇したかもしれないけれど、
川の中から「来い!」だもの。

死ぬほど寒くて、死ぬほど辛くて、
でも、死んでもいいわって程、嬉しかった、、、。


川岸に戻ると、リードを外していただいた。
「よーし、管理棟まで、競争だ。」

わぁーーーー。なんて言いながら、
全裸で、管理棟めがけて走る。
御主人様も下半身はおフン一丁。


狭いコインシャワールームに、
無理やり3人で入って、ひたすら温まる。
一回じゃ、もちろん足りなくて、合計3回もコインを投入して、、。


帰りは御主人様も全裸で、
やっぱり、わぁぁーーーーーーって叫びながら、コテージに戻った。

バッカみたいだけど、、、、。

今日の予約をキャンセルしたお客様、本当にありがとう。
おかげさまで、無人のキャンプ場でこんな「おバカ」ができます、、、。

そんな感謝の気分。

              2008年11月22日 夕方の事です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
寒そうだけれど楽しそう

かつて私が行った事のあるキャンプ場をイメージしながら、
読ませていただきました。

あの芝生の広場で牝犬散歩だったのかなぁとか、
あの川は、流れも早いし深そうだったなぁとか、
管理棟からコテージまでは相当遠かったから、全裸で走るの大変だなぁとか、、、、。

喜んでおられるご主人様、はしゃぐ2匹の牝犬。
きっとあのキャンプ場に違いない、なんて、
勝手に想像して、楽しんでいます。

あつこ | URL | 2009年05月26日(Tue)14:40 [EDIT]

  「なるほどね♪」


御主人様が「良い男」なわけがわかりました(^^

山をやる男に、悪い男はいません。
色々な登山にしろ縦走にしろ、正直な男にしか山登りは出来ないからです。

またチームを組んで山を征服する!
こんな時は、仲間に対する思いやりがなければ登山には成功しません。

そして登頂を果たした後の満足感・・そして仲間に対する誇り・・と感謝・・。

Rayさんとハルさんは、リーダー賢治様のチームで一緒に「SMMountain」
を登っているんですね♪(^-^)

それなら安心です。
御二人のどちらかが道に迷っても、崖から落ちそうになっても賢治様は自分
の危険や命もかえりみずに御二人を守り、導いてくれますよ。♪

私もターミと山に行こうかなぁ~~(^-^)
私達は、どちらかと云うと「海」派ですね♪(^-^)
ターミとスキューバダイビングで「お魚さん」になって青い海の中を散歩しよう。
海の中でも手をつないで、アイコンタクトで右に左に・・・・♪(^^
青や黄色のかわいい魚に、白いサンゴ礁・・・・♪・・・(^^

でも、山もいいなぁ~~~♪

BARI | URL | 2009年05月26日(Tue)17:37 [EDIT]

あつこさん、ありがとうございます

うん、ナントカ町のナントカキャンプ場って、
ハッキリ書ければいいのですけれど、その辺はお許しください。

だぶん、今の時期なら雪解け水が多く、
川は深くて、急流なのかもしれません。
冬場だから水量も少なくて、
素敵な想いができたのかもしれませんね。

あの寒さ冷たさと、でも死ぬ程の嬉しさは、忘れられません。
でも「アホ」でしょ?

ありがとうございました。
じゃぁ、又。            レイ

Ray | URL | 2009年05月26日(Tue)19:27 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます

ブログネタって思っていましたが、ちょっと打ち明け話。

一昨日の山登りで、「アンザイレン」という事を教えていただきました。
岩登りで、パートナーとの間でザイルを繋ぐ事だそうです。
自分の全てを相手にゆだねる、、、、素敵な事だと感じました。
まぁ、実は、私とハルの「股縄アンザイレン」だったのですけれど、、。


スキューバも素敵ですよね。
以前書きましたけれど、私、水泳をやっていたので、山より、水です。
声の届かない水の中で、アイコンタクト、、、。
考えただけでも憧れてしまいます。

近くに、スキューバダイビング教室があります。
今度は私達が主導して、主を水に誘って見ようかなぁ、、、。


ありがとうございました。
又、遊びに来てください。       レイ
 

Ray | URL | 2009年05月26日(Tue)19:31 [EDIT]