FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

デビュー

壁に両手を着いて、私が先にズンズンズンって。
ハルさんの「申し訳ございません、イかせてください。」
の後に、もう一度、私にズンズンって、、、。
お精子様をいただきました、、、、。


スペアリブステーキにかぶりつきながら、
「今日の為に我慢して、飲まずにいた」ボジョレヌーボー。
リブステーキもヌーボーも美味しかったけれど、
私にとっては、ちょっと不満。

御主人様の手が、キリタンポ鍋に伸びた時、
すかさず、ハルさんが助けてくれた。

「御主人様、そろそろ日本酒にしますか」って、、、。

晴れて、お漬物デビュー。
渾身の「白菜漬」と、「大根の酢漬」。

「おぉ、これはうまいな。レイの力作だな。」
ナデナデ、ぎゅぅをいただいて、、、、。

ハルさん、ありがとね。


真っ暗な夜。
焚き火の炎が、なぜか心を溶かしていく、、、。

御主人様の照れるような一人語り(another story 3)に、
じっと耳を傾けている。

全裸にベンチコートを羽織っただけ、、、。

体は寒いけど、心は凄く暖かい、、、、。

私、御主人様にお仕えして、よかった、、、、。
いつまでも、「牝奴隷」でいさせてください、、、。

そんな、素敵な冬のキャンプの夜は長い、、、、。


              2008年11月22日 夜の事です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
おはようございます

コップ酒、白菜漬、焚き火、薪のはぜる音。
ここ数日の記事を読んで、もう一度、アナザーストーリーを読み返すと、
静かに流れるキャンプ場の夜が見えるようで、とても素敵です。
じっとご主人様の声に耳を傾ける全裸のレイさんハルさんまで、見えてきます。

「二匹のしなびた奴隷達」なんて、素敵♪

カホル | URL | 2009年05月27日(Wed)08:09 [EDIT]

 「よかったね^^」



素敵なキャンプですね(^^

メス犬全裸散歩・・・・。
キャンプファイヤーでも奴隷は全裸で、コーヒーマグカップを手に・・。

そして誰もいないキャンプ場・・・・・・。
御主人様は、いつでも、どこでも奴隷を犯せますね♪(^^
楽しいですねぇ~~♪(^-^)

奴隷とのこんな色々なストーリーが主様と奴隷の絆を深めてゆくのです。
そしてその深まった「絆」がマゾ牝奴隷を大きく成長させます。
心身ともに・・・・・・・ねっ♪(^-^)

BARI | URL | 2009年05月27日(Wed)14:39 [EDIT]

カホルさん、ありがとうございます

いつも細かく読んでいただいてありがとうございます。
全裸にコート、でも心は温かい。
忘れられない思い出です。
主のしみじみしたお言葉もよみがえってきます。
だって、この主の決断があったからこそ、
今の私があるのですから、、、。
ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2009年05月27日(Wed)19:54 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます。

コメントしみじみ読ませたいただきました。

こうした小さな思い出が積み重なって、
形ができあがってくるのでしょうね、、、。
まるで、家族みたいに。
私達の心にも、主の心にも、、、、、。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。       レイ
 

Ray | URL | 2009年05月27日(Wed)19:59 [EDIT]