FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

シクラメン

シクラメンの花が咲いた。
嬉しくなって、一日、その花と話をして過ごした。


浪人時代の12月。受験生にとっては追い込みの12月。
予備校からの帰り道。
ショーウィンドーに映る自分の姿を見て驚いた。
髪はボサボサ。
服も、「着てればいい、寒くさえなければいい」、そんな感じ。
あぁ、これじゃいけない。
美容院に駆け込んで、髪を短くカットした。
花屋さんに駆け込んで、シクラメンを一鉢買い求めた。
それがこのシクラメン。

花が終わって、葉っぱも枯れ落ちた頃、合格が決まった。
命を削って、私の受験を支えてくれたシクラメン。
そんな気がして、捨てられずにいたその株に、
新しい、葉っぱが伸びてきた。
「私は、貴女と、大学生活をおくるのよ」とでも言うように。
シクラメンと話をして、一日過ごした、、、、

次の年は、年末に花が咲いた。
今年は、年が明けて、きょうやっと花が咲いた。
毎年、少しずつ歳をとって疲れて行くみたいだけど、
今年も、咲いてくれた。
貧弱だけど、私にとっては、うれしい可憐な花をつけてくれた。

ありがとう。
今年は、もっと大きな鉢に植え替えをしてあげましょうね。
又、一年、私を支えてね。


シクラメンの花が咲いた。
辛さをこらえて、一日、その花と話をして過ごした。


今日は、ハルの調教日。

、、、、、、、、、、、ハルだけの調教日。



              2008年2月1日の事です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
一緒に乗り越える・・・

おはようございます。


この記事が過去のことであるとわかりながら
今のReyさんを、何も言わず、丸ごと
抱きしめたい気持ちになりました。

シクラメンは何にもいわないけれど
Reyさんの静かな気持ちを聞いてくれるでしょう。
花を咲かせて、笑顔でReyさんをつつむでしょうね。


見るな、聞くな、考えるな!なんて、出来ませんよね。。。


こんな気持ち、体験しなくてもいいのに・・
こんな想い、したからって宝物の人生にはならないのに・・
それでも目の前には、逃げられない事実・・
心が折れそうなそんな葛藤。


SMプレーを乗り越える葛藤ならば、
何でもする・・・頑張れる根性もある
誠意もあるし、思い入れもある・・でも、この感情だけは・・



なんだか自分のことのように熱くなってしまいました。



ターミには、Reyさんのシクラメンのような存在の
笑顔の「まあさん」がいました。
いつも笑顔で「ターミちゃんの笑顔が好きなの」って。
いつも、どんなときも、ターミに元気と、冷静な心を送り続けてくれました。


きっとそのReyさんのシクラメンも
Reyさんの笑顔が好きだといっていますよ。ね^^


PS*ターミも、今、枯れかかったシクラメンを持って帰り、育てています。
花を咲かせたいなあと、心をこめてお世話しています。
Reyさん、一緒に綺麗に花、咲かせましょうね。心をこめて・・・

ターミ | URL | 2009年06月22日(Mon)07:49 [EDIT]

 「生きもの」

昨夜遅くに日本に帰りました。
初めて「こだま」に乗りました・・これが最終で仕方なく・・。
狭くて、遅くて、最悪ですね・・。
近場なら良いですが、遠距離は二度と乗りたくないですね。


女性には花が好きな人が多いですね~ターミも花が大好きです。
私は、花好きな女性は可愛いなぁ~~と単純に思っていましたが、
実は最近ですが、他にも理由があるように感じてきていました。

例えば、私は、私が女性にプレゼントした花鉢は、枯れたら捨てる
ものだとばかり思っていました。

ところが私の知る年配の女性もRayさんと同じような事を言っていました。
「今年も梅に花が咲きました。」・・・と・・・。
そして「花に話しかけるのよ~~植物も生き物だからねぇ~。」・・・とも・・・・。
ターミはどうしてるのだろう・・・???ターミも・・・花好きだからきっと・・・。

そこで女性は単に花が綺麗だから・・・と言うだけでなく、男性とは違う「生」
に対する真摯な気持ちを持っているのではないだろうか?と、私は考え
始めたのです・・生命を育む女性と、男共では根本的に違う・・。

実は我が家にも去年の「梅の木」がありますが今年は咲きませんでした。
私の生き物に対する思い入れがRayさんや、年配のママさんとは
違うのかも・・。・・それを生き物が敏感に察して・・??

よしっ!!
梅の木・・今日から大事にして、水やり、肥料やり・・そして言葉・・・。
ターミに教えてもらおうっと。
来年・・・梅の木・・生き返ってくれたらいいなぁ~~^^

BARI | URL | 2009年06月22日(Mon)16:09 [EDIT]

ターミさん、ありがとうございます

鞭の痛み、縄の苦しみ、排泄の羞恥、、。
それが、主のご満足に繋がる事が分かるから、、。
それが、自分の快感に変わることが分かるから、、。
いくらでも耐えて見せましょう。

でも、心の痛みは違います。
心の痛みは、お見せできないし、
それだけでは、主のご満足にはなりません。
その痛みを乗り越えて、
少しでも成長した私をお見せできて初めて、主のご満足です。

跳び乗った電車の行き先が分からぬままに、
かといって、飛び降りる事もできないで、、、。

精神的な御調教は、やっぱり辛いです、、、。



いつも、優しいお言葉いただいて、感謝いたしております。
ありがとうございました。
じゃぁ、又。           レイ
 

ps.
さきほど、何気なくシクラメンの花言葉を調べてみました。

  花の形がうつむいているように見えるので
  「はにかみ」「内気」という花言葉が生まれました。
  愛らしく可愛らしい花ですが、過激な花言葉も持っています。
  花びらが炎を連想させることから、燃え上がる「嫉妬」という花言葉も。

びっくりです、、、。
 

Ray | URL | 2009年06月22日(Mon)18:25 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます

お疲れのところ、コメントありがとうございます。


女は、年齢に関係なく、母性があるのかもしれませんね。
そして、美しいものに対する憧れもあるに違いありません。
だから、きっと、花が好きなんです。
だから、きっと、虫が嫌いなんです。


ターミさんも、お花が好きですよ。
かつてそんなコメントいただいたことがありましたね。
ターミさんの育てている花の名前を知らないって、、、、。



>今日から大事にして、水やり、肥料やり、、、

男性は、すぐに、水と肥料って考えちゃうんですねぇ。
主もそうです。
昨年、バルコニーの茄子苗に、強力肥料をやりすぎて、
一本、枯らしてしまいましたよ。
梅の木に関しては、知識もないのでなんともいえませんが、
時に厳しく、時に優しく、
手をかけすぎない、でも手を抜かない、、、。
きっと、子育て、奴隷飼育、花の育て方、みんな一緒です、、。
シクラメンをダメにしてしまう最大の原因が、水のやりすぎ、だそうです。
牝奴隷が、悶え苦しんで、「あぁ、御主人ぁ、、。」、、。
そんな時の、鞭の一振り、と、、、、たぶん、一緒です、、、、!?。


来春は、可憐な梅の花が咲きますように。

ありがとうございました。
お体ご自愛ください。
又、遊びに来てください。       レイ
 

Ray | URL | 2009年06月22日(Mon)18:36 [EDIT]

悔しいです

過去記事だって、分かっているのに、
つい、今のことのように、引き込まれて読み込んでしまう自分が悔しいです。
これが、アダルトブログじゃなかったら、私のブログからリンクしたいのに、
やっぱり躊躇してしまう自分が悔しいです。
私のブログに、匿名でコメントしていただくのに、
これがあのレイさんだよって、みんなに公表できないのが悔しいです。

悔しさついでに、
素敵な言葉の操り方が、悔しいです。
私も、もっと洒落たブログにしたいのに、、、、。
ちょっと卑猥なエントリーの合間に、ほとばしる、
レイさんの、心の叫びが、素敵です。

ご主人様を想う、レイさんの叫びが聞こえてきそうです。

私、レイさんに心酔してます、、、。
 

カホル | URL | 2009年06月22日(Mon)20:22 [EDIT]

カホルさん、ありがとうございます

イエ、イエ、
カホルさんのブログも素敵ですよ。
文章の端々に、深い思いと、新鮮な個性が光っていると思います。
だから、ついつい、コメントしたくなっちゃうんです。

リンクは、私こそしたいくらいですけれど、
こんなアダルトブログで、カホルさんのブログを汚す訳にはいきません。

まぁ、逆に、私だけが知っているお楽しみって、、。
そんな喜びにひったっている今の私です。


これからも、応援よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2009年06月22日(Mon)21:47 [EDIT]