FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

ショー

「ハルは、少しずつでも右肩上がりで成長していくタイプ。」
バーボンを口に運びながら、御主人様。

「レイは、ズーッと横這いで、
 あるきっかけで、ピョコンと伸びる階段タイプだな。」

ハルさんは、ビールを飲みながら、
私はウーロン茶で、御主人様の話を聞いている。

「まぁ、酔っ払いながら話するのもなんだけど、
 右肩上がりだろうが、ピョコンだろうが、
 奴隷の成長は、飼い主にとって嬉しいものだぞ。
 ピョコンのきっかけ作りで苦労するけどな。」

御主人様、グズな奴隷で申し訳ございません。

「性格の違う、タイプの違う二匹の奴隷。
 楽しいなぁ。多頭飼を始めてよかったなぁ。」

あぁ、今日は本当に心からお喜びいただいている。
自分では気づかないけれど、どこかでピョコンがあったんだなぁ。

涙が出てきた。
昨日の今頃は、一人、壁飾りだったのよ。
なるべく感情を殺そうとして必死だったのよ。
こうして、涙を流せる事がとっても嬉しい。
御主人様に、心を開放していただいている、、、。


バスローブの前を肌蹴て、あそこで指が遊んでいる。
長い長いキッスをいただいて、、、、。
「レイ、ハル。もう一品つまみが欲しくなった。」

ハルさんが、挑むように私にキッスしてくる。
やっぱり、最後のつまみはレズビアンショーかぁ。


四つん這いでお尻を突き合わせている。
二人を繋ぐ双頭バイブが、あそこで暴れている。

「御主人様ぁ、も、もうお許しください。」
わ、私も、だめです、、、。イキますぅぅぅ。
おつまみが切れて、、、、、、、

床に倒れこんで、荒い息をしている。
バイブだけが、一人元気に床を這いまわっている、、、。


御主人様は、コントローラーを握ったまま、、、、

、、、、、、、、、、、、、いびきをかいていた、、。


観客のいない、、、、、
、、、、、、、、、、レズビアンショーです。

 


           2009年3月14日 長い長い一日だった。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
 「主の楽しみ」

主にとって「我が奴隷」の成長は嬉しいものです。

奴隷として成長を続けるターミには人間的な成長も見られました。
奴隷に色々な事を躾け、教え、育んでゆく中で、奴隷の中に色々な
内面的な成長を見る事が出来ます。
あらゆる教えを真摯に受け止め育ってゆく奴隷は内面も外見も日に
日に美しくなります。
ターミも今では2年前とは比較できない程「良い女」になりました。

本当に嬉しい事です。
御二人の成長をBolgを通じて拝見させていただきますね♪(^-^)

そうそうっ!!Rayさんとハルさんのレズショー♪
是非拝見しでみたいものですね♪(^^
ふふっ♪賢治様の特権ですね♪





 BARI | URL | 2009年07月06日(Mon)13:17 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます

自分の成長というものは、当然、気づかないものでしょうね。
ましてや、私のようなピョコンタイプだったら、
「お前ちょっとは成長したぞ」って、褒めていただくまで、まるで分かりません。
少しずつでも順調に成長するハルがいなかったら、
主は、きっとイライラのし通しだったに違いありません。

まぁ、喜んでいただいたので、それなりの成長はしたのでしょう。

うん、、、、。それなりに、、、ね。

なかなか、ターミさんやハルのように、着実に、とはいかない私のようです。


いつも温かくお見守りいただき、ありがとうございます。
又、遊びに来てください。     レイ
 

Ray | URL | 2009年07月06日(Mon)19:04 [EDIT]