FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

お花摘み

早起きして、コーヒーを飲みながら、御説明を聞く。

突然のキャンプの御提案のようだったけれど、
もちろんそんなはずはなくて、
御主人様はちゃんと、周到な計画済みです。

「まぁ、お前達は初心者だから、入門編の低山だ。
 山慣れした婆さんでも登れる程度、楽勝だ。

 夏には、ちゃんとした山に登ろうな。
 せめて、森林限界を超える位の山にな。」

山慣れしたお婆さんと超初心者の私達。
その比較さえもイメージできないし、
ましてや、森林限界ってどんな所?って感じ。





野球がうまいかどうかは、そのユニフォームの着こなしで分かる、
そんな話を聞いた事がある。
その例で言えば、御主人様はベテラン登山家に違いない。
黒のハンチング帽と赤の山シャツ、赤のソックス、黒の山靴。
そしてなんといっても、黒のスリークォーターパンツ、
(御主人様はニッカポッカーって言ってたけど、)
ちょっとクラシカルで、見とれちゃうほど格好いい!!


登山口の看板から少し行った所がキャンプ場。
芝生の広場の最先端にテントを張る。
水場からは遠いし、風は強いけれど、見晴らしは最高。
そこから先はゆっくりとスロープが下っている。
次から次に繰り出される御主人様の指示にオタオタしながら、
キャンプの準備が進んでいく。

やっと落ち着いて、コーヒーを飲んでいたら、もよおしてきた。
「御主人様、トイレよろしいでしょうか?」
あぁ、ハルさんもだったのね。

「山言葉ではな、男は雉撃ち、女はお花摘み、って言うんだぞ。」

御主人様ぁ、お花摘みに行きたいのですけれど、、、。

「よし!」
御主人様はテントの脇に木の棒で大きな丸を描いた。



遠くの山々を眺めながら、、、お花摘み、、
遠くにナントカ連峰の山々が霞んで見える。
近くには麓の部落の屋根が小さく肩を寄せ合っている。
天気もいい。風が気持ちいい。

ハルさんと、二人並んで「お花摘み」です、、、、、。



              2009年5月23日 午前の事です。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
絶景

へえ~、雉打ちにお花摘みですか。
絶景ポイントで、二人並んでお花摘み。
ご主人様にとっても絶景だったんでしょうねぇ。

ムクムク | URL | 2009年08月04日(Tue)13:10 [EDIT]

「御無沙汰です^^」


仕事を忙しくしていました。(--;


三人でキャンプに行ったんですね?楽しそう~(^^♪
アウトドアは楽しいですよね。
まして主様と一緒ならなおの事です。

私もターミと行きたくなりました(^-^)
私達はきっと海ですね♪


ここでも色々な事を主様から学べていますね~~(^^
これらも将来は色々な事に役に立つんですよ。

自然は偉大なものです。
人間の力などは決して及ぶものではありません。

自然を敬い、自然と同化する事で、自然が受け入れてくれます。
その気持ちを忘れるととんでもないしっぺ返しをくいます。

御主人様の山の中での行いをしっかりと学んでくださいね(^^

BARIです。 | URL | 2009年08月04日(Tue)13:20 [EDIT]

ムクムク様、ありがとうございます

ムクムク様ののコメントで、
ふと思いついたアホな妄想。

股越しに眺める「逆さ富士」ってどこかにありましたよね。
全裸で、あそこを晒して、「逆さ富士」を眺めた事がある人って、いるのかなぁ、、。
記念撮影でもしたら最高ですね。
アホな私でした。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。        レイ
 

Ray | URL | 2009年08月04日(Tue)18:31 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます

連日お忙しいようで、お体ご自愛ください。

私も、今、一丁前に、インターンシップ的夏のバイトをしています。
この企業に就職希望かは別として、
毎朝、主のマンションからの出勤が、とても嬉しくて、
尚且つ、夕方は急いで帰って、主婦業もこなしております。

登山に限らず、主と生活していると、
学ぶ事、気づかされる事が沢山あって、
毎日が充実しております。
不思議なものですね、、、。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。       レイ
 

Ray | URL | 2009年08月04日(Tue)18:43 [EDIT]

いいですねえ^^

彼もキャンプが大好きなんです
いつか
おじいちゃんおばあちゃんになってからでも
一緒に連れて行ってもらうのが夢です^^

一緒にいると
1人より数倍もの事を
感じることができますよね

自然の中でありのままの姿で・・・
お花摘み^^

凜 | URL | 2009年08月04日(Tue)20:11 [EDIT]

凛さん、ありがとうございます

「お花摘み」という言葉が、やけにお洒落っぽくて、
大学の友達との会話の中で使ってみましたけれど、
街中では、とんでもない違和感で、
やっぱり、自然の中で使ってナンボ、そんな気がしました。



>おじいちゃんおばあちゃんになってから、、、
キャンプですかぁ。
いいなぁ、、、、、

春の陽だまり、
二人掛けのチェアーでお茶を飲むの。
名残の桜がハラハラと舞って、カップに浮かんでいる、、。


赤と黄色に敷き詰められた落ち葉の絨毯を、
ゆっくりゆっくり踏みしめながら、
手を繋いで、どこまでも歩いていくの、、、、、。

たとえ陳腐と嘲られても、
完全に2人だけの世界ですよね。


でも、どうしておばぁちゃんになってからじゃないとダメなの?


ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2009年08月04日(Tue)22:38 [EDIT]