FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

見張り

御主人様は、もう、ロビーでビール。
「山登りで汗かいて、温泉に入って、
 冷たいビールを流し込んで、
 これで奴隷達がちゃんと命令を守っていたら、最高だな。」
さりげなく、私達の股間に手をやって股縄を確かめると、
 「うん、最高だ!」って。
御主人様、もう酔っ払ってるの?


温泉街のダラダラ下り坂を、歩いてキャンプ場に帰る。
お土産屋さんを覗いたり、試食用のお饅頭をつまんだりしながら。

あぁ、温泉浴衣で、御主人様とこんな散歩をしてみたいなぁ、、。
カランコロンなんて、宿の下駄を鳴らしながら、、、。
たとえ、浴衣の下が菱縄縛りだったとしてもネ。



キャンプ場にはテントがチラホラ。
皆、木立の下にテントを張って、暑さを避けている感じ。
私達だけが、例によって、一番先端で、木陰でもない。
まぁ、陽はだいぶ傾いたし、風があるから、気持ちいいけどね。


「今日の食事当番はレイか?」
ハイ、って、返事したけど、、、、。当番制だったの?

「よし、じゃぁレイは食事作りと見張り当番ナ!。」

見張り?

「ハル来い!。濡れてるか?」

二人でテントに潜り込んでいく、、、、。

なるほど、それで私に見張りをしておけって事なのね。
ちょっとハルさんがうらやましい。
石鹸の香りのオチン様と戯れて、、、かな。




食事当番といっても、今日は得にする事がない。
まぁ、御飯を炊くくらいだ。
今日のおかずはもうできている。
さっき、温泉街で調達した、虹鱒の塩焼き、
そして、これもそこで調達した「天然物」の鰻の蒲焼。
なんてったって、土用の丑の日だからね、、、。

お腹すいたなァ、、、。
御飯の炊ける匂い、虹鱒と鰻の香り、、、、、。
ぼんやりと、キャンピングガスの炎を見つめている、、、、。

私も、ビール飲んじゃえ。
ヤケ酒だ。そんな気分。

だって、、、、。
だって、テントの中からは、ガサゴソと衣擦れの音。
そして、くぐもったハルさんの喘ぎ声。

耳をそばだる。
自然に左手が股間に、そして右手が胸を揉んでいる、、、。
立ち膝姿勢で、腰を動かす。
股縄が、あそこを刺激する。
擦れるような痛みと、それ以上の快感と、、、、。
自縛股縄でオナニーなんて、、、

もう、自分では止められない。
感じる場所を探して、腰が勝手に前後している、、、、。
声が出そうになって、自分の親指に噛み付いた、、、、。


「御主人様、お許しください。イッてもいいですか、、。」
「よし!」

そんな囁くような喘ぎ声を聞きながら、、、、
私も、軽くイッてしまったみたい。

フーって溜息をついて、、、、、。
自縛した股縄でオナニーしてるなんて、、、。
それも、こんな明るいおてんとう様の下で、
、、、、、、、、、、恥ずかしい。




誰も見てないよね。慌てて辺りを窺う。
いまさら、見回しても、、、。

これじゃぁ、見張り当番の役を果たしていないよね。



                     2009年7月19日 夕方の事です。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
「葛藤」



人間には生きていれば長い間には色々な葛藤があるものです。
まして男と女・・・・には・・・。
互いにモチベーションが高かったり・・・・低い時があったり・・・・。
時として様々です。

ほとんどは主としてグイグイ引っ張ってゆく・・・・。
でもつい最近、私は自分の仕事が原因でバイオリズムが最低の時期が
ありました。
そんな時、寂しい思いをさせていたターミの低いバイオリズムと重なりました。

自分の事がいっぱいいっぱいで、揺れる奴隷を支えていなかった、その時の
私は最低でしたね。

Rayさん、温かいコメントありがとう(^-^)
感謝しています。

BARI | URL | 2009年08月23日(Sun)19:52 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます

こちらこそ、おバカコメントで失礼いたしました。

ズーッと、沈黙の読者を続けて、
無理やり、テンションを上げようとしているかのような、
そんなターミさんを、見つめておりましたが、
「お忙しい御主人様の邪魔にならないように、、」
そんなエントリーで、
オイオイ、違うだろう、、なんて、つぶやいておりました。

確かに、お互いに、負の固有周期が重なり合うと、
その負の作用は、更に増幅されてしまうのかもしれません。

でも、だからこそかな、
なおさら、一緒の空気を吸って生きている、
そんな気持ちになることも確かです。
そんな時こそ、心の繋がり、なのでしょうね、、。


そうだぁ、ご主人様用の首輪を用意して、
テンションが下がった時は、奴隷がそれを引っ張る、、。
そんなのはどうです?
って、又、アホなオチを思いつく私です。

ありがとうございました。
又、遊びに来て、
ここでも、心癒していただけたら幸いです。  レイ。
 

Ray | URL | 2009年08月23日(Sun)21:32 [EDIT]

あらら

見張りも一緒に逝っちゃってたんじゃあ見張りの役にはたってないような…
やっぱ山の開放感がそうさせるんでしょうね。

ムクムク | URL | 2009年08月23日(Sun)22:06 [EDIT]

Thanks.



Thanks.Rayさん。

BARI | URL | 2009年08月23日(Sun)22:17 [EDIT]

ムクムク様、ありがとうございます

まぁ、ハルと主の囁くような声を聞きながら、、ですから、
むなしいと言えばむなしいのかもしれませんけど、
何しろ、大自然の中での股縄オナニーですから、
やっぱ、開放感なのかしら、、? 

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。     レイ
 

Ray | URL | 2009年08月24日(Mon)06:53 [EDIT]