FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

平等に

考えてみれば、
あの夏の登山キャンプで、自縛股縄でオナニーした日から、
今までになかった状態が続いているような気がする。

御主人様にお尋ねしてみようか?

いや、やっぱり、まずはハルさんに聞いてみよう。




「レイさん、今頃気づいたの?

 レイさん、あなたさぁ、
 私と御主人様が繋がっている時、どうしてる?」

どうしてる?って、何してるかなぁ、、、。
涎を流して見つめている時もあるし、
悶々としながら、我慢してる時もあるし、
まぁ、なんとなく、自分で自分を慰めてる時もあるし、、、。


そう、あの日以来、二人一緒に使っていただくことがない。
例え、ハルさんがイッてしまって気を失っても、
オチン様が、私に入ってくる事はない。
必ず、使い出した奴隷で、射精して、使い切る。
自縛オナニーしたあの日から、、、

もちろん、二人、玩具で虐めていただく事はあるけれど、
オチン様が満足するのは、一人の奴隷で、だけだ。

私だけを使っていただく日。
ハルさんだけを使う日。

だから、残された奴隷は、
涎を流して我慢するか、自分で慰めるかしか方法がない。



「私、考えたんだぁ。
 これはきっと御調教に違いない、ってね。
 御主人様と奴隷が二匹。
 いつもいつも、二人平等に、って訳にはいかないでしょ。
 うぅん、セックスばかりじゃなく、他の事もよ。
 
 だから、今、私達は、試されているんだと思う。
 あるいは、御主人様が試行錯誤中かなぁ、、。

 どちらにしたって、今の、一人と二匹を長く続けるための、
 そんな御調教だって、私、思っているの、、、、。」

じゃぁ、さぁ。
使っていただけない時は、どうすればいいの?

「歯を食いしばって我慢するか、
 悩ましく悶えてオナニー姿を見ていただくか、
 それはその時の状況しだいよね。
 御主人様がどちらをお望みか、って、その時々で考えるのよ。」

御主人様に奴隷が二匹。
まぁ、不自然と言えば不自然だから、
御主人様も、いろいろ考えてくださっているに違いない。
私達も、又、嫉妬に狂ったりしないよう、努力しなくちゃね。




「ただいまぁ。今帰ったぞ。」

さぁ、御主人様のお帰りだ。

今日、使っていただけるのは、
私かしら?、それともハルさんかしら?、、、。


               2009年8月中旬の事です。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
 御無沙汰しております。

おはようございます。

長い間、仕事が忙しかったり、ターミの事で色々あったりと多忙を極めていました。
また、その節は色々とご心配おかけいたしましたm(ーー)m

Rayさんにはターミを元気つける応援コメントまで頂き、ありがとうございました。
本当に感謝しております。


私は、ターミに、ある「決断」を下しました。
今後はターミとは自然体で接するつもりです。
ターミは、自分自身で考え、それなりの結論を出す事でしょう。


さて今日のエントリーですが、これは御二人特有の「女心?奴隷心?」ですね。
一つだけ確実な事は、賢治様が・・「使おう!」と決められた時は、二人共にいつでも
準備が出来ていなければいけませんね。

残された方は、相方を見ながら参考にし性技などの勉強する時間にしたら良いですね。

御二人は同じ女性で、同じ奴隷です。
賢治様の為に、色々な事を勉強し吸収して楽しんで頂けるようにしたら良いですね。

御主人様の為に、あらゆる事に「役にたつ」奴隷でいてあげて下さいね(^-^)

Bariです。 | URL | 2009年09月06日(Sun)06:22 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます

おはようございます。
ターミさんのブログ、毎回、じっくり読ませていただいております。
事の始まり、きっかけは良く存じませんが、
揺れ動く女心と、その苦悩に、
うかつにコメントできず、見つめておりました。
これを機会に、「心の繋がり」が、さらに強く、太くなりますように、
陰ながら、応援させていただきます。


私は、幸せ者です。
主が、モード変換に厳しい方なので、
奴隷モードでは、従順な奴隷ですが、
ノーマルモードでは、一人の女として、悩みをご相談したり、
一方的に、主の忙しすぎる生活を批判したり、
キャピキャピ言いながら、沢山の会話を重ねております。
だから、SМ行為と、普段の会話で、
より深い繋がりが形成されているようにも感じています。

せん越ながら、、、
ターミさんにも、このモード変換があったら、
悩みが、少なくなるのではないか、なんて、勝手に想像しております。

これからも、お二人の「絆」、勉強させていただきます。


ありがとうございました。
又、遊びに来てください。    レイ
 

Ray | URL | 2009年09月06日(Sun)07:41 [EDIT]

そのとおりです。


Rayさんの仰る通り、ターミは純粋で一途な女です。

私の「奴隷になる!」と誓った日から、私が気に入る奴隷になる為に!と、痛々しい
ほど一生懸命でした、必死でした。
それがわかるだけに、私は常にターミの肩から力が抜けるように配慮してきました。

それは一風変わった食事に行ったり、旅行に行ったり、何気なく買い物をしたり・・
私の私的な普通のパーティーに連れて行ったり・・・・と。
「そこまで気張らなくても良いんだよ。」・・・・。と言う意味で私の気持ちを届けて
きました。



今年の6月・・・ビジネスで事件があり私はそちらとの戦いに意識を取られていました。
絶対に負けられない仕事、許せない行為に対して敢然と挑んでいる最終でした。

そんな時、ターミに・・・「予定の旅行はキャンセルだ!」
ターミは・・「はい、わかりました・・でも残念ですねぇ~。」と悪意のないコメント・・。

イライラしていた私は・・「うるさいっ!俺の仕事のじゃまをするのか!」・・・と。

この一言でターミは「あぁ・・邪魔してはいけない」・「必要とされていないのでは?」
と一気に迷い込んでしまったのです。

私自身が戦っている2カ月間・・どんどん心が曇ってゆくターミの「心の負担」
に気がつかずにいたのです。

私のビジネスにおける将来と、過去の実績を否定されてたまるか!!との戦いは
私の意地を賭けた大きな喧嘩でしたが、その喧嘩に夢中になりターミを振り返る事
をおろそかにした私の器が小さかった・・・と言う事なのです。

仕事は大事ですがターミも大事なのにね(^-^)
私は仕事で負けた事はありませんが・・・・例え今回は負けても、次にまた別の仕事で
勝てるのにね・・・・・。

この歳になっても勉強ですね。(^-^)


 Bariです。 | URL | 2009年09月06日(Sun)08:11 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます

お話を伺って、思うことがありました。

主のモード変換の厳しさは、
Jさんを亡くした辛い想いと、
私達の、学生生活を円滑にする為の主張なのだと、解釈していましたが、
ある面、主ご自身のモード変換も、含まれているのかもしれません。

小なりといえども、主も経営者です。
徹夜仕事や急な呼び出しもあるし、
他社との競争や、理不尽な要求もあるでしょう。
沢山のストレス、イライラを溜め込んで、
私達を完全無視する事もあれば、暴力的行為になる事もあります。

やがて、ブログにも書こうと思っていますが、
先日、
仕事のイライラは、生活には持ち込まない、
と、弱いご自身を晒してくださいました。
仕事と生活、家庭をしっかり区別するようにしたい、
それも、主のモード変換主張の一つなのかもしれません。

どんなモードの時でも、いつも主を気遣って、
その心を癒してさし上げるのが、私達の役目なのでしょうね。


BARI様、やっぱり、温泉ですよ。
お仕事が一段落したら、
ゆっくり貸切の露天風呂に入って、
紅葉を眺めながら、季節の移ろいを感じて、
美味しい物を食べて、、、
セックスやSMは、、、、
その時の、それこそ自然体の流れで、、。

あぁ、憧れちゃうなぁ、
人里離れた露天風呂、渓流のせせらぎ、、、
主に枝垂れかかって、熱燗を注ぐ、、、
いろんなお話をしているうちに、
私が先に酔っ払ってしまいそうだ、、、。

いけない、いけない、又、妄想に飛んでいきました、、。
やっぱり私、アホです。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。    レイ
 

Ray | URL | 2009年09月06日(Sun)10:07 [EDIT]

嫉妬

嫉妬は人間の原始的な本能ではないでしょうか。
自分を認めて欲しい気持ちの現れ。

確かに歳を重ねると嫉妬は少なくなります。
つまらない嫉妬は自分を貶めることになります。

自分に自信を持って最善を尽くしていると、
自覚できるようになると、他人と比較は馬鹿らしく
なります。
自惚れではなく、あるがままの自分を受け入れる
ことです。
とは言っても簡単にいきません。
ご主人様も試行錯誤なのでしょう。

時にはおねだりも甘えも有りなのではないでしょうか。
心に溜めてストレスにしてしまうのが、
最悪です。
永く続けるためにも言葉に出すことです。

心身ともに健康であるための、唯一の秘訣では、
ないでしょうか。

ちなみに私たちは普段のモードの時は半分は、
言いたい放題で喧嘩も結構します。

個人的にはご主人様よりハル様に先に出会った、
ことがお二人の絆が特別なものだと思います。

社会人になると今とは違う関係になるのでしょうが。

ユウ | URL | 2009年09月06日(Sun)22:46 [EDIT]

ユウさん、ありがとうございます

今年の1月から3月まで、
嫉妬に狂うような、単独調教をいただいて、
多頭自体が不自然なのだから、
嫉妬してもあたりまえ、、、。
2人で、そんな結論に達しました。
逆に、そう思えたことで、
お互いに、優しくなれたような気がします。
小さな嫉妬はありますが、それに狂うことはなくなりました。
どちらの奴隷にも、愛に偏りはない、
主のその言葉を信じて、仲良く暮していますよ。

今のところ、、、、、。


ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2009年09月07日(Mon)07:25 [EDIT]