FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

ペットボトル

ウィーーーン、
突然モーターの回る音がして、ファックス機が動き出した。

面接官様は、吐き出された文書をご覧になってつぶやいた。

「今日は日曜日ですよ。
 私は今、会社にはいないことになってますからね。
 この文書は、見なかった事にしましょう、、、。」


ソファでコーヒーをいただいている。
もちろんちゃんと、膝は開いて、、、。
面接官様の右手が、私の太腿を撫でている。
けれど、心ここにあらずという感じ、、。

あのぅ、、オシゴト、、ですか?

「まぁ、休みの日にファックス入れる位だから、
 相手先だって、急いでいるわけではありませんよ。
 ただ、気になる箇所がありましてね、、、。」

私達にできることがあれば、お手伝いします。

「特別、手伝ってもらうような事はありませんねぇ。
 好きにしていていいですよ。
 ちょっとだけ、仕事しますから。」



好きにしていていいですよ、というのが一番困る。
もしかすると、これも面接試験なのかもしれない。
もう、パソコンに向かいだしたお仕事モードの面接官様を
横目で見ながら、ハルさんと相談する。

「オフィス奴隷として大切な事は、お邪魔はしない。
 でも、面接官様が欲しいと思った物を、言われる前に差し出す。
 例えば、コーヒーとか、灰皿とか。、、そして、、、」
いつも濡らしておく?
「そう、分かってるじゃん。」
ハルさんは、そう言いながら、空のペットボトルをいじっている。



オフィス奴隷達は、面接官様の視界ギリギリの位置に全裸で立つ。
面接官様が、肩に手をやった時には、肩をお揉みする。
唇を舐めた時には、コーヒー。
大きな溜息でタバコを咥えた時には、灰皿。
それ以外の時は、声を立てずに、クリを触っている。
面接官様も、「おマンコを隠してはいけません」とは言わない。
中指が動いているのをご存知のようだ、、、。

面接官様が立ち上がった。
ハルさんがすかさず、ペットボトルの口を咥えて跪く。
さっき加工していた空のペットボトルだ。
面接官様は、ハルさんの頭を撫でて、オシッコを始めた。
まるで漏斗のように、オシッコがハルさんの口に流れていく。
決して零すまいとするように、それを飲み込んでいくハルさん。

ハルさん凄い。そこまで、、?
私は、まだまだ、かなわないなぁ、、、。

私は、遅ればせながら、
口からこぼれたハルさんの顎のオシッコを舐めている。
まだまだハルさんにはかなわないなぁ、、、、




お仕事が終わった時、
性処理オフィス奴隷として使っていただいたのは、

、、、当然、ハルさんだった。



私は、ハルさんの喘ぎ声を聞きながら、

、、、、オナニーを続けていた、、、。



          2009年9月20日 お昼過ぎの事です。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
「お勉強」


良い事ですね^^

御主人様の事を考え、相棒の事を考えて行動する。

社会に出れば目の前の仕事ばかりでなく、その背景や前後にたずさわる
多くの人の事を考えて行動しなければいけません。

一つの商品でも、消費者に届くまで一本のラインで繋がっています。
それには多くの人の手が関わっています。

次への「思いやり」・・・・。
相手の事を優先して考える・・・・。

とても大事な事をoffice奴隷を通じて教わっていますね♪(^-^)

頑張って下さいね。

ターミの件ですが、温かいコメありがとうございます。
きっと奇跡はおこるでしょう。



チャーミさん へ(^^

ありがとうございます。
いつまでもターミを応援してくれて嬉しいですよ。
またターミの姿を見かけたらよろしくお願い致します。

                      Bari  

Bari | URL | 2009年10月02日(Fri)08:05 [EDIT]

ふむふむ

ペットボトルは、漏斗に化けたのですね。
状況判断と同時に、出来ない理由ではなく、どうすれば出来るようになるかを考えること。
こっちも大切なことですよね。

ムクムク | URL | 2009年10月02日(Fri)13:39 [EDIT]

Bari様、ありがとうございます

今回の御調教では、
随所随所で、いろいろなことを学ばせていただきました。
お言葉の時もあれば、仕草、態度の時もあり、、。
本格的就職活動前の貴重な体験だったと感じております。
ん~ん。持つべきものは、良き友と、良き主、です。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。    レイ
 

Ray | URL | 2009年10月02日(Fri)17:26 [EDIT]

ムクムク様、ありがとうございます

ハルが凄いのは、
事前に、その状況を想定して準備、工夫している、
という事なのでしょうね。
あのペットボトルには驚きです。
話しながら、何をテワスラしてるんだ、
って、程度にしか見ていませんでしたから。
まだまだ至らない、ダメな私です。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。    レイ
 

Ray | URL | 2009年10月02日(Fri)17:33 [EDIT]