FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

ピアッシング

 
お風呂上り、ハルさんは、椅子に座ることなく、
又、床に額をつけて、「伏せ」している。



せん越、、、そう思いながら、
私は、フローリングの床に、ビールとおつまみを並べた。

今日は、、、、ここで飲みましょう。
何も言わず、御主人様が頷いてくださった、、、。




「ハル、お前の山廃仕込みは、どうなった?」


「ハイ、御主人様。
 くだらない堂々巡りでしたが、
 もう少し勉強を続けるためには、
 伯父の大学しかないのじゃないかと、、、、。
 、、、、、
 、、、、、、、、

 遠距離奴隷になっても私を飼っていただけますか、、、?」






「、、、、、
 、、、、、、、、、。


 ピアスは許さん。

 お前の不安を解消する為のピアスなら、
 俺は、断じて許さん。
 
 ファッションなら、好きにしていい。

 しかし、、、、、

 奴隷の証が欲しい。
 いつもそれを確認していたい。
 それで寂しさを紛らわせたい。
 そんなお前の想いが、丸見えだ。

 引き返せない刻印を欲しがるバカな奴隷だ。
 たとえ、お前が、ピアスを着けても、
 俺は、お前を捨てると思ったら捨てる、、、。
 ボディピアスで、俺を縛る事はできないぞ。」


「いいえ、そんなぁ、、、、
 私がピアスすることで、御主人様に責任を押し付けたり、
 拘束しようなんて、そんな事、考えた事もありません。
 、、、、、、、
 、、、、、、、、、、
 
 ただ、、奴隷の証として、消えない何かが欲しいのです、、。」




「お前の想いは、嬉しいがな、、、。

 物理的なピアスに、俺は何の価値も感じない。

 こうして、話をしている事の方がはるかに重みと幸せを感じる。

 、、、、、、、、

 とりあえず、ボディピアスは許さない。」


それが、結論だった。




ハルさんの想いは消えた訳ではないようだけれど、
御主人様と離れる寂しさを解消する目的だけの、
そんなピアスは無し、と言う事になった、、、、。


奴隷の証としてのピアス。
それを完全否定された訳ではないけど、
違う次元での証を、御主人様は欲している、、、。
物理的な「物」とはちがう「繋がり」を欲している、、、。
そういう事なのだろう、、、、。


その「繋がり」を、いつも確認できるのが、
ハルさんにとっての「ピアス」なのだ、

、、、という気はするけれど、、、、、、。







私は、ピアスなんて考えた事もないなぁ。
4月に買っていただいたあのプラチナの指輪で満足している。
奴隷としての自覚や想いが足りないのかなぁ、、、、、、、。


まぁ、そんな事はない、、、、、、と思う。
人それぞれで、奴隷それぞれで、いい、、

私は、そう思う。





              2009年12月12日の事です。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
想い一つ

ハルさん
決断されたんですね^^
よかった^^

いらぬ詮索かもしれないですが
遠く離れた?ハルさんは
いつも一緒に居るレイさんに嫉妬を感じるかもしれないけど
レイさんがいなければいないで
世の中五万と素敵な女性がいるんですもの^^
賢治様みたいな素敵な方なら・・・・
毎日毎日妄想のお相手に嫉妬をすることになります
疑い始めたらすべての言葉が嘘になります

レイさんにしても
ここに居ないハルさんへ
想いを馳せる賢治様の姿をみることも
あるでしょう
賢治様だって同じでしょう
ハルさんが淋しさから
近くの誰かに気持ちが移るかもしれない

最初は不安で堪らないでしょう
ではその不安を取り除くには?
1人じゃ無理だと思うんです
賢治様とレイさんがハルさんを支え
お2人に支えられることでハルさんには
もっともっと大きな信念が根付く気がします
お2人にとってもそれは同じ

話すことですね
少しのわだかまりもないように
微塵の疑いもないように
1人より2人
2人よりもっとたくさん
多くの人に支えられるほどに
得られるものも大きいと思います

私はハルさんタイプで
なんでも1人でがんばってきたつもりでした
そしてこの先もとおもっていたところに
彼との出会いがあり
分かち合うことの素晴らしさを教えてもらいました

突っ張ることが強さじゃない
人は所詮1人なんですもの
だからこそ支えが必要で
寄りかかりあうことが大事なんだと
思いやりが生まれるのだと気づきました

すべての出来事に意味がある
3人にとって
さらに絆深めるチャンスがやってきましたね^^
今後が楽しみです^^

そうそうピアスですが
私は好奇心が始まりで開けましたが
当初は感動しまくりでしたが
正直言って
今はそ~んなに意味はないですね・爆
それより
賢治様のおっしゃるように
今殺人的に忙しい彼が
合間合間に丹念にメールで話をしてくれること
それがお互いにとって
生きる力になっているという実感こそが
すべてです

大事なものは見えないところにあるものです^^

えらそうなことばかりで
すいません

凜 | URL | 2009年12月14日(Mon)07:38 [EDIT]

繋がりの証

やはり、そうでしたか?
ハルさんが苦渋の選択をされ、証としてのピアッシングを求められた気持は、すごくよくわかります。
でも、私の場合もそうなんですが、多くの場合「主様の心、奴隷知らず」なんですよねぇ。

つい先日、私はご主人様のお心をとんでもなく読み違えていたことに気づき、目が洗われる思いでした。
それはまさに「繋がりの証」で、ご主人様からはすでにいただいているのに、私は先日までそれに気がつきませんでした。ご主人様にお会いできる日が来たら、遅ればせながら私から「繋がりの証」を差しださせていただく決心をしています。
その「繋がりの証」は、主様と奴隷の関係のある無しを超えて存在するもののはずです。

私の見るところではレイさんもハルさんも、すでに主様から「繋がりの証」をいただいていると思うのですが、違っているでしょうか?

麗 | URL | 2009年12月14日(Mon)07:52 [EDIT]

凛さん、ありがとうございます

こうして、「、、物語」にまとめてしまうと、
なんとなくサラって感じですけど、
本当はもっと、ウジウジ、グタグタしながら、
たくさんのお話をさせていただきました。

確かに、ハルは一時、遠距離奴隷も覚悟したようです。
でもね、明日のお話ですけれど、、、
ハルはもちろん、私にとっても、
とっても感動的な事がありました。
結果的に、ハルの遠距離奴隷は回避できそうです。

今度は、私の就職問題です。
私が、遠距離奴隷を覚悟しなくちゃならなくなる可能性もあるわけで、、。
嫉妬に狂うのは私かもしれません。

主のピアスに対する想い、、、。
じっくり話していただきました。
いつの日か、another storyに綴りたいと思っています。

物理的でもない、肉体的でもない、心と心の繋がり、、。
その証は、会話しかないのでしょうね。

ありがとうございました。
明日の「、、物語」もよろしく。
じゃぁ、又。          レイ
 

Ray | URL | 2009年12月14日(Mon)17:57 [EDIT]

麗さん、ありがとうございます

「繋がりの証」、、、
難しいですねぇ、、、、
それが理解できないばかりに、物理的ピアス、になるのかなぁ。
麗さんの「繋がりの証」、やがて、ブログに登場するのかしら?

明日の「、、物語」ですけれど、
画期的展開で、ハルの遠距離奴隷は回避されそうです。
決して出し惜しみしている訳ではないのですが、、、、ごめんなさい。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2009年12月14日(Mon)18:08 [EDIT]

あら

先走っちゃいましたね(^-^;

どんなことも
決めたらそこに道ができますね

眺めさせて頂きます

凛 | URL | 2009年12月14日(Mon)19:18 [EDIT]

凛さん、ありがとうございます

まるで、気を待たせるような、そんな記事の書き方で、
私の方こそ、ごめんなさい。

かつて凛さんのピアスのエントリーに、
私、とても軽薄なコメントをお送りしてしまいました。
何行目、何番目、、、なんて、、、。
今回の、ハルのピアスの事で、
あの時の自分を凄く恥じています。
ピアスに対する想い、、、
私は、今回のこの騒動で、初めて考えさせられました。
やっぱり、私は、まだまだ、未熟者です。
凛さんをはじめ、いろいろな皆様のブログにお邪魔しながら、
真の想いを、捉えてはいないようです。
まだまだ若い、青いなぁ、、って、ご嘲笑とご容赦を、、、。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2009年12月14日(Mon)20:12 [EDIT]

実は私も何か物で奴隷の証が欲しくて、
首輪が欲しいと言いました。
今思えば馬鹿なことをしたなと・・・。

最近、遠く離れているがゆえに心配になってマスターを少し怒らせてしまいました。
そのことがあってから・・・やっと物理的なもので絆を確かめるのはよくないと、感じられるようになりました。

主様と会話できること。
毎日メールが来てそれが・・・絆。

2年目にしてやっと。遅すぎる。


ハルさんの決意を主様が綺麗に一掃してくださったみたいですね。明日も楽しみです。
主様はどうしてそんなに客観的に周りを見られるんでしょう。不思議だけど、またそこが尊敬できるというか。


では、また^^

咲 | URL | 2009年12月14日(Mon)21:12 [EDIT]

咲さん、ありがとうございます

最近、咲さんのブログも、
様々な方のコメントで賑わいはじめていて、
陰ながら嬉しく思っています。

「証」は、奴隷さん、ペットさん、皆様の想いでしょう。
どこに価値を見出すか、難しいですね。
やっぱり、物理的な何かが欲しくなりますよね。
私は、指輪で満足してますけど、、、、、、。


「自転車」、いいですねぇ。
今度の逢瀬は、ぜひ、二人乗りで♪
おまわりさんの制止を振り切って、坂道を逃げる、、、。
想像しただけでも、、、最高です!
アウトドア調教、ですね。
でも、今週末から大寒波との事。
暖かい格好で、逃避行を、、、。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2009年12月14日(Mon)21:43 [EDIT]

え~と・・

私にはよくわからないですが・・・

でも、お二人のご主人ならきっとこう言うだろうなって思っていたのです。
なぜだかわかりませんが・・・

お二人のことをとても考えてくれていて、大事にされているのだなあって・・・
そして、良いご主人だなあって。

全てが良い方向に行きますように!
プラスのイメージを大切にね!

るぅ | URL | 2009年12月16日(Wed)23:14 [EDIT]

るぅさん、ありがとうございます

物理的なものに意味はないと、おっしゃられても、
やっぱり何かが欲しいなと言うのが、本当の気持ちです。
だから、ボディピアスとまではいかないけれど、
あのプラチナの指輪は大事にしていますよ。
まぁ、それで充分かなって、私は思っています。

今日付け(12/17)で、ハルが御礼の記事を書いています。
ご心配、ご声援ありがとうございました。
じゃぁ、又。              レイ
 

Ray | URL | 2009年12月17日(Thu)06:45 [EDIT]