FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

ピアス

 
another story 10 (ピアス)


ハルさんが、ピアッシングを希望した夜、
山廃仕込みを味わいながら、
御主人様が、訥々と、、、、
訥々と、もう一つの、ピアスの話をしてくださった。



「奴隷がな、ボディピアスをしたいと思う気持ちは、理解できる。
 飼い主としても、嬉しく思う。
 今だから、、、この歳になったから、分かるようになった。」

体中を耳にして、御主人様を見つめる。
そこから、紡ぎだされるお話を、一つも聞き漏らすまいと、
必死に、御主人様の唇に集中している。

御主人様の思い出話が始まった。





  Jが、俺の足元にひれ伏して謝っている。

  「御主人様に買って頂いたイヤリングの片方を、
   どこかで、無くしてしまいました。
   申し訳ございません。」

  確かに、Jの片方の耳だけで、イヤリングが揺れている。

  「お前、その格好で、仕事してたのか?」

  「はい、必死に探したのですけれど、見つからなくて、
   でも、私の宝物ですから、外したくなくて、
   一日、片方のイヤリングだけで過ごしました。
   本当に申し訳ございません、、、、。」  
   
  「まぁ、イヤリングを落とすなんて、よくある事だろ。
   又、買ってやるさ、気にするな。」

  「このイヤリングと、それからおそろいの指輪は、
   御主人様が、私を奴隷にしてくださる記念として、
   買ってくださった品です。
   私にとっては、奴隷の証でした。
   なかなかお逢いできずに寂しい時は、
   指輪を撫でて、イヤリングを握って眠りました。
   そんな品だから、申し訳なくて、辛くて、悔しくて、、。」

  大粒の涙を流しながら、自分の不甲斐無さを嘆いている。

  「実は、同じイヤリングを買いにあのお店に行ってみたんです。
   そしたら、同じデザインの物が、ピアスになってて、、。」

  「ピアスって、あの耳たぶに穴を開けるやつか?」

  当時、ピアスが一般的だったのかどうか、よくは知らんが、
  まだ、ねじ式のイヤリングが多かった気がする、、。


  「御主人様、ピアスをお許しいただけますか。
   新しいイヤリングを買って頂けるのなら、
   同じデザインの、あのピアスが欲しいです。
   それなら、無くす事もありませんから、、。」

  いつも、控えめなJにしては、大胆な発言だった。

  「まぁ、いまさら、体に傷をつけることもあるまい。
   改めて、指輪とおそろいのイヤリングを買ってやる。
   奴隷の証としてな。だから、ピアスはダメだ。」  

  それで、話は終わった。
  Jもそれ以上、何も言わなかった。
  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。
  、、、、、、、、。
  、、、、、。






「今に思えばな、
 Jにとっての耳ピアスは、
 ハルの、ボディピアスと同じ発想だったのかも知れんなぁ。 
 
 自分の体を痛めて、奴隷を確認したかったのかもしれんし、
 ピアスの穴が、簡単には消えない奴隷の証だったのかもしれん。

 だがな、あの時も俺は、同じ事を言った。
 物理的なピアスに、俺は何の価値も感じない、、ってな。

 耳ピアスだろうが、ボディピアスだろうが、
 それを許して欲しいと懇願する奴隷を愛しいとも思うし、
 嬉しくもある。

 しかし、それは俺の主義に反する。
 例えば、ハルがボディピアスをしたとする。
 トイレに行く度、ラビアピアスを見て、
 私は奴隷だわ、って思うのか?
 モード変換から言えば、その時のハルは、ノーマルだ。
 お前達が奴隷になるのは、俺がそれを望んだ時だけだ。
 だから、消えない奴隷の証は、俺は不要だと思っている。
 消えない証が欲しいと思うその心だけで俺は充分満足だ。


 ただなぁ、あのいつも影のように控えめだったJが、
 あんなにはっきり懇願した耳ピアスだ。
 かなえてやってもよかったのかな、って思うこともある。
 今の時代なら、何のこだわりもないからなぁ。

 まぁ、そのうち、又、時代が変われば、
 女子トイレで、ワイワイ言いながら、
 ラビアピアスの見せっこ、なんて事もあるかも知れん。
 ハル、その時は、ラビアでもニップルでも臍でも、
 好きな所に、俺が着けてやる。

 まぁ、もっとも、そうなったら、
 奴隷の証、という価値はなくなるがな。」





御主人様から聞く、Jさんの思い出、、、。
御主人様から聞く、ピアスへの想い、、、。


お話が終っても、御主人様から目を離すことができないでいる。







やっぱり、ボディピアスのお許しは、なさそうだ。

トイレで見せっこ、の時代が来るまでは、、、、、。




 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

身体髪膚、父母にこれを受く、あえて毀傷せざるは、これ孝の始めなり。

身体髪膚、主にこれを捧ぐ、あえて毀傷せざるは、これ隷の務めなり。

私のご主人様だったら、きっとこうおっしゃいます。

レイさんの主様も、そんな感じですね。

素敵な「主隷の交わり」だと思います。

麗 | URL | 2010年01月03日(Sun)07:56 [EDIT]

麗さん、ありがとうございます

過日、ブログにも書きましたけれど、
縄痕、鞭痕は愛しいという想いはありますが、
ボディピアスやタトゥーは考えた事もありませんでした。
まぁ、それだけ恵まれた環境で、お仕えできているのかもしれません。
主も、いろいろな過去を経て、
「精神的な繋がり」を最も大事にされていますので、
それでいいのでしょう。

まぁ、とりあえずは就活に専念して、
ボディピアスを求めるような、遠距離奴隷にならないようにしなくちゃ、。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2010年01月03日(Sun)08:22 [EDIT]

遠距離奴隷の私からすると、何らかの証というものがとっても欲しい時期はありました。
はじまりから遠かったわけですから、言葉で大切だと言われても最初から信頼しきれません。

マスターからいただいたというものがあれば乗り切れる気がしました。

しかし首輪をねだってしまい、その行動には自分でしたこととはいえ呆れています・・・。

今は、マスターの笑顔が繋がりかなぁと思ってます。


話と関係なくてごめんなさい・・・。
また遊びに来ます^^

咲 | URL | 2010年01月03日(Sun)11:22 [EDIT]

明けましておめでとうございます

しみじみと、訥々と語っていただいて、
レイさんハルさんも、大感激だったのでしょうね。
ちょっとは嫉妬してしまうかもしれないJさんとの過去。
でも、思い出話としてお聞かせいただいたことは、
これも「繋がり」の一つなのでしょう。
御調教のエントリーもドキドキしますけれど、
時々綴られるこんなしんみりしたエントリーも、このブログの魅力です。
「、、物語」に語られない中でも、
しっかりご主人様と心や言葉で繋がっているのですね。

今年も素敵なブログを期待しております。
 

あつこ | URL | 2010年01月03日(Sun)15:38 [EDIT]

咲さん、ありがとうございます

かつて、another story 5 で書きましたけれど、
奴隷とは「道具以上、人間未満」なんて、
居酒屋の和子さんがおっしゃっていて、
それなりに、納得したつもりでいましたけれど、
実際にはとても難しく、そんな領域に達するのはいつの日か、って感じです。
だって、主のご満足だけを考えるという事は、
奴隷からの要求、懇願は絶対にありえないって事ですよね。
今回のハルの「ボディピアス騒動」だって、
奴隷自身のの寂しさを癒す為に、ピアスを要求するなんて事は、
決して言い出してはいけないことだったのかもしれません。
ピアスやタトゥーは、主が求め、主が決める事、、、、。

でもねぇ、そんな悟りの境地に達するのはまだまだ先のこと。
奴隷とはいえ、生身の女でもあるわけで、、、
やっぱり、何か「証」が欲しいと思うのは当然ですよね。
それが、ピアスだったり、指輪だったり、首輪だったりするけれど。

ん~ん、たかが奴隷、でも、道は険しそうです、、、。

支離滅裂でごめんなさい。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。         レイ
 

Ray | URL | 2010年01月03日(Sun)20:09 [EDIT]

あつこさん、あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。

かつては、Jさんのお話に嫉妬する事もありましたけれど、
今は、その思い出話を待っています。
だって、主が私達に心を開いてくださっているなによりの証だと、
そう感じているからです。

>こんなしんみりしたエントリーも、このブログの魅力です。
あつこさんにそう言っていただけるととても嬉しいのですが、
このタイプのエントリーは、どうしても想い入れが強くなりすぎて、
何度も何度も書き直しをしているのですよ。
まぁ、今年も、こんな感じで、がんばって更新します。

これからも応援よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
じゃぁ、又。         レイ
 

Ray | URL | 2010年01月03日(Sun)20:22 [EDIT]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010年01月04日(Mon)01:15 [EDIT]

鍵コメ T さん、あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。

ご無沙汰いたしておりました。
お元気そうでなによりです。

私自身、今の環境への違和感を感じてしまうことがあります。
それでも、この幸福感、居心地のよさで、ここにいます。
将来の事はまだ分かりませんが、
とりあえずは、この街に就職して、
この街で生きていこうと思っています。
それが可能かどうか、、、、、、
ここ数ヶ月の就職活動が、その試金石かもしれないと、
年の初めにあたり、しみじみ、そう感じております。

Tさんと私達では、
それぞれに、違う時間が流れているのかもしれませんが、
これからも、ゆっくりと、しっかりと、
Tさんを見つめて、勉強させていただきます。

ありがとうございました。
これからも応援、叱咤激励、よろしくお願いいたします。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2010年01月04日(Mon)08:22 [EDIT]

Tさん~教えてほしいんだけど

ターミさん~?!すいません探す旅に出ます。

ちゃー | URL | 2010年01月04日(Mon)09:19 [EDIT]

ちゃーさん

ターミさんは、どこかで、
しっかり地に足をつけた生活をなさっているに違いないと、
そう思っております。

じゃぁ、又。      レイ
 

Ray | URL | 2010年01月04日(Mon)19:36 [EDIT]

レイさん、あけましておめでとうございます。
お正月から、さまざまな試練を受けていらっしゃるようですね。

お正月って大切な行事だなと思います。
一年の最初に派手なことでなくても、「基本動作」をしっかり叩き込んでいただくことの大切さを痛感しました。
この動作がこの一年を左右すると思うからです。

レイさんもご主人様のご指導のもと、新たな一年を踏み出して下さいね。

今年もよろしくお願いします。

平成22年元旦 巨乳牝奴隷佐知子

佐知子 | URL | 2010年01月04日(Mon)22:23 [EDIT]

佐知子さん、あけましておめでとうございます

ご挨拶遅くなりました。
今年もよろしくお願いいたします。

>お正月から、さまざまな試練を受けて、、、、
イエイエそんな事はありません。

幸子さんこそ、「基本動作」はもちろんの事、
御主人様のご要望、周りの方々の目、、、
「嫁」と「妻」の立場の方が、はるかなに大きな試練のようです。
まぁ、その「試練」をも期待なさって、
御主人様の実家に行かれたのでしょうけれど、、、。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。      レイ
 

Ray | URL | 2010年01月04日(Mon)22:51 [EDIT]

いつかのM女さん、あけましておめでとうございます

拍手コメントありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。

今の時代、必ずしも終身雇用という訳ではないのでしょうけれど、
とにもかくにも、就職というのは、私のキャリアの第一歩です。
臆することなく、真正面から、ぶつかるしかないというのが、
今の私の正直な気持ちです。
まぁ、主とは、終身雇用でいたいですけれど、、。

М女さんにも転機?
気が向いたら、教えてください。
秘密コメントという方法もありますから、、、。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2010年01月04日(Mon)23:15 [EDIT]

ファッションのピアスはしてますか。

僕は、遣ったことありません。得に興味も無いです。

ちゃー | URL | 2010年01月05日(Tue)00:48 [EDIT]

ちゃーさん

耳ピアスに憧れていたものですから、
高校卒業するとすぐに、耳鼻科でポチッとね。
じゃぁ、又。      レイ
 

Ray | URL | 2010年01月05日(Tue)17:42 [EDIT]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010年01月06日(Wed)10:26 [EDIT]

鍵コメ様、ありがとうございます

お話の件、ご連絡をいただき、承知しております。
お気遣いありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
又、遊びに来てください。      レイ
 

Ray | URL | 2010年01月06日(Wed)17:31 [EDIT]