FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

掌編納戸

けっして、日々のブログネタに窮している訳ではないけれど、
とりあえず、「、、物語」に一段落を付ける事ができたので、
今は、ちょっとそこから離れていたい。
だから今日も、特別編だ。

過日、勢いだけで「麻子」の short story を書いた。
他人様の評価は別にして、私自身がとても楽しかった。
いつの日か、ちゃんとショートショートを書いてやるぞ、
なんて思ったのだけれども、いざ書いてみると、難しいものだ。
ましてや、SMショートショートは、なおさらだ。

駄作、凡作を山と積みながら、
納戸に仕舞いこんだ中から、何編かを取り出してきた。

誰か一人でも、ニヤッとしていただければそれでいい。




***********************

拷問

 尖塔の小部屋に幽閉されて、
 初めの頃は、尋問だけだったが、
 今では、拷問まがいの鞭打ちの日々。
 皮膚が切れ、その傷口がふさがる暇がないほどだ。

 夜は夜で、毎晩の性処理奴隷。
 この城を護る上官はもちろん、
 最近では、見張りの兵隊までも、私を犯しに来る。


 「しぶといお姫様だなぁ、
  もうそろそろ観念して、吐いたらどうだぁ。
  いつまでも吐かないと、、、、、、、
私は今、、、、
  あの窓から、逆さ吊りにしちまうぞ。」



 この秘密は絶対にしゃべらないと、あらためて誓った。






 

 私は今、、、

 、、、、、、逆さ吊りを心待ちにしている、、、、、。



***********************

SとМ

 喫茶店で、声を潜めながら、サユリとシホが話をしている。


 「チャットで知り合った男とさぁ、先日会ったんだよね。」
 「で、どうだった?」
 「それが、すっっごい S でさぁ、、、、。」
 「ふぅ~ん。あなたは М だもんね。」

 「そうだよね。写真だけじゃぁ、分かんないよぉ。
  、、、、、、

  身長なんか10センチも違うんだよ。」



************************

ファッション

 最新のファッションに身を包みながら、
 やっぱり今日も、下着は許されていない。
 無理やりブラウスのボタンを3番目まで外された。
 ミニスカートの下で股間が震えている。


 耳元で、男達の声がする。

 「これくらいでよろしいですか?」

 「いや、脚をもっと開かせろ!」





 私は、マネキン人形。7号サイズの服がお似合いだ。



**********************

便秘

 喫茶店で、声を潜めながら、サユリとシホが話をしている。


 「私さぁ、便秘気味なのよね。」

 「繊維質をしっかり摂って、ちゃんと運動してる?」

 「もちろん、そんな事は当然やってるわ。それでもダメ。
  最近、便秘薬も、規定の量じゃ足りなのよ。」

 「仕方がないわねぇ。
  それじゃぁ、御主人様のお宅に伺って、、、」


 「お浣腸していただくの?」


 「うぅん、違うわ。
  御主人様って、ご自分で料理なさらないでしょ。
  冷蔵庫を開けるのもビールを取り出すためだけ。

  だからね、、、、、


  先月の、あのお刺身、まだ残ってると思うんだ、、、。」



**********************

宙吊り

 空中に吊り下げられて、
 もがけばもがくほど、さらに、絡まる、、、。
 誰も助けてくれない、、、、、。
 時折の風が、体を揺らす、、、。

 


 「あぁ、面倒だなぁ、、、。
  今日は3件目だぜ。
  電線に引っかかった凧を外すのは、、、。」 



************************

緊縛

 私の彼はキンバクシなのよ、って言ったら、

 「へー凄い。
  あれって、文化庁の公務員なの?」



 彼は文化財に金箔を貼ったりはしていない、、、、。



************************

大改造

 2LDKの俺のマンションを大改造した。
 そんじょそこらのSMホテルには負けないほどだ。
 窓は全て潰したので、まるで地下の牢獄だ。
 リビングの壁4面には大型の鏡。もちろん天井にも。
 牝奴隷はSMチェアに拘束されて、俺の視線を意識しながら、
 鏡に映った自分の痴態に、身悶えするに違いない。
 寝室には、カプセルホテルのカプセルが3段、重ねてある。
 だから、多頭飼いも可能だ。
 俺に指名されなかった牝奴隷は、そのカプセルで寝る事になる。
 牝奴隷に、心休まる場所は与えない。
 トイレもバスルームも、入り口のドアは透明ガラスだ。

 鞭と縄、羞恥と屈辱、そして性処理。
 牝奴隷の日々には、それだけしかない、、、。


 問題が二つある。

 一つは、

 この部屋で飼育する牝奴隷がまだいない事。




 そしてさらに重大な、もう一つは、

 この部屋で、

 、、、、、俺が生活しなければいけないという事だ、、、。



****************  じゃんじゃん 
***************************************************


究極のSMショートショートは
 
 「御主人様、私を虐めてください。」
 「いやだ。」

という物らしい。

まぁ、SMを生業(?)にしている者からすると、
よくある会話のような気がするけれど、
なるほど、たくさんの矛盾と理不尽を含んだ素敵なオチだ。


カテゴリーは「掌編 SMの風」とした。
SMショートショートなんて言いながら、
所詮は、SM風掌編小説だ。そんな自己弁護だけで名付けた。

この特集、又、やりたいと思っている。
いつの日かは分からないけれど、
、、、塵が積もって山となったら、、、。


じゃぁ、又。       レイ



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
協賛ショートショート

つり


「9800円で逆さ吊りをさせてくれるM女がいるんだって?」

「おう、俺はもうやってきたよ」

「どんな具合だった?」

「おう、なかなか面白かったよ。
 女の脚をY字に開かせて棒に縛りつけ、その棒についている鎖を巻きあげて、逆さ吊りににするんだ。
そして逆さ吊りになったら、1万円札を足に挟んで逆さになっている女の口に咥えさせるんだ」

「へえー!」

「うまく咥えさせると、Y字の開いた女の股間から一筋ツーッとマン汁が流れるんだ」

「おっ、いいねえ」

「それが、おつりだってさ」

「…」


  ・・・じゃんじゃん・・・


お粗末でございました。

麗 | URL | 2010年03月01日(Mon)07:46 [EDIT]

私の方は、高尾から未だに帰ってこれてなくて…困ったものです。

その間もレイさんは着々と、幅を広げてますねぇ。

好みとしては、「SとM」「ファッション」あたりが良いですねぇ。
次が「宙吊り」かな。

「SとM」「宙吊り」は、単純明快なオチが好みなのと、「ファッション」は、昔々のSMマガジンの表紙を思い浮かべてって所かな。
あとのは、それぞれもう一言ツッコミ入れてしまっててて

あ、「SとM」も、一言言ってたけど、それも含めて良かったかと。

ムクムク | URL | 2010年03月01日(Mon)09:53 [EDIT]

二段オチ

大改造、、、
読んでる途中で、奴隷がいない、というオチはすぐに想像できたが、
生活、、まではわからなかった。ナイスな二段オチに拍手。

匿名さん | URL | 2010年03月01日(Mon)11:43 [EDIT]

麗さん、ありがとうございます

すかさずの、そして素敵な御協賛、ありがとうございます。
些少ではありますが、御礼の気持ちを込めて、粗品進呈いたします。

 *************

  つり

   臨海公園のあの釣堀、
   看板はあれで正しいのだろうか?
 
   吊り放題。入場料 9,800円


 ***************

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2010年03月01日(Mon)17:08 [EDIT]

ムクムク様、ありがとうございます

元々、饒舌な文を書いてしまう私ですので、掌編は、難しいです。
どこまでカットするか、どこまで書き込めば伝わるのか?なんて、
まじめに考えてしまいました。
まぁ、生活環境や人生経験でも、理解は違ってくるのでしょうから、
伝わる人には伝わる、程度まで切り詰めるのが正解なのかしら。

「SМマガジン 表紙」で検索してしまいました。
なるほど、これが、ムクムク様が高校生の頃憧れていた、あの雑誌なのですね。
なんとも妖艶な意味ありげな表紙です。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。     レイ
 

Ray | URL | 2010年03月01日(Mon)17:18 [EDIT]

匿名さん、ありがとうございます

現実と非現実の垣根を取り払ったら、、、。
そんな発想から「大改造」は生まれました。
まぁ、実際、SМルームで生活するとしたら、、、なんて、
それはそれで、ある意味恐怖でしょうねぇ。
ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2010年03月01日(Mon)17:23 [EDIT]

おもしろくて、お洒落

先日予告していただいたショートショートですね。
うん、面白いし、ちょっと卑猥で、でもお洒落。
私は、「緊縛」が好きだなぁ。
だって、キンバクなんて、普通は読めないし、使わないよね。
こんな会話があったら、私も金箔師かと思っちゃうかも、、。
もっともっと読みたいけど、そう頻繁には、このコーナーないのかな?
次回期待です。
あぁ、もちろん「、、物語」も毎回読んでますよ。

みこ | URL | 2010年03月01日(Mon)18:32 [EDIT]

みこさん、ありがとうございます

ん~ん、確かに、緊縛、なんて専門用語かもしれませんねぇ。
業界でしか通じない言葉かしら?

私も、この「緊縛」に思い入れがあります。
「緊縛」と「金箔」というオチはすぐに思いついたのですけれど、
どんな風にまとめていいのか困ってしまって、しばらく、放っておいたお題です。
3、4行にまとめる事ができて、凄く気に入っています。

まぁ、5行150文字以内が最高、なんて勝手に思っていますので、
次回の「掌編特集」では、そんな感じにまとめたいなぁ、、、。
お楽しみに、、、。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2010年03月01日(Mon)21:28 [EDIT]

むーーーん♪

なかなかどの作品も
ピリッと小気味良いサビが効いておられますね~

諧謔の精神は妖しい世界にも
とっても必要だと思う今日この頃です。

私が愛する女のむら気は
私を愛する女の無節操によってのみ相殺される。

バーナード・ショー

Mr.R | URL | 2010年03月01日(Mon)22:20 [EDIT]

ショートの話がどれも面白いです。
一番良いなと思ったのが、「大改造」かな。
その男の人がなんだか面白い。
ふふって笑っちゃいました!
こういう感じの話の書き方が好きです^^

レイさんは本当に文章力が素晴らしいです!
師匠と呼びたい…。

また遊びに来ます^^

咲 | URL | 2010年03月01日(Mon)22:41 [EDIT]

Mr.R様、ありがとうございます

本当は、主や御調教の事を毎日綴りたいと思いながら、
まぁ、諸般の事情により、お呼び出しもなくて、
こんな、オチャラケエントリーで、間を待たせているというのが、
本当のところかもしれません。
まぁ、普段から私のエントリーは饒舌すぎると思っているので、
たまには、こんな風に言葉や文章を絞り込む練習も必要だと、
そんな自己弁護をしている今の私です。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。     レイ
 

Ray | URL | 2010年03月02日(Tue)09:16 [EDIT]

咲さん、ありがとうございました

「大改造」、、
Sの方って、皆さんこんな妄想があるようで、
現実に改造したらどうなるのかなって所から、発想しました。
もう少し、短い文にまとめられたら最高だったでしょう。

咲さんには、いつもコメントさし上げたいと思いながら、
読み逃げしている私です。
最近は、かつてのようなオドオドしたところがなくなって、
精神的にも成長しているなぁなんて、楽しみに読ませていただいております。
上から目線でごめん。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2010年03月02日(Tue)09:29 [EDIT]

レイさんは本当に文章が上手です。
理路整然としている上に、言葉ひとつひとつが生き生きしているように感じます。

私を登場人物にしたSM文学をレイさんがお書きになったら、私にどんな屈辱的な役柄を与えるんだろうかと想像します。

でも、どんな屈辱的な描写でも、しっかり「巨乳」に描いてほしい…そんなささやかな願望を抱いてしまうんです。

佐知子 | URL | 2010年03月02日(Tue)23:07 [EDIT]

佐知子さん、ありがとうございます

あらあら、週末以外にコメントいただくのは初めてですし、
お褒めの言葉までいただいてありがとうございます。

ブログに書くなら、ショートショートが、
長さからも、読んでいただく皆さんの気軽さからも、
ちょうどいいのかなって、考えています。
短編、長編は今のところ考えていません。

「巨乳」「屈辱」ですね。お題いただきました。
次回までには、何らかの形で作品にしたいなぁ、、。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2010年03月02日(Tue)23:34 [EDIT]

とっても楽しく読ませていただきました^^
こういうジョーク?みたいな感じのって大好きです♪
でも、いざ考えると難しいですよね><


SとM

「遺体と死体の違いってわかる?」

「一緒じゃないの?」

「Mの人の亡骸は遺体で、Sの人の亡骸は死体なの。だって…」

Mは痛い、、Sはしたい、、、


じゃんじゃん

お粗末さまでした

Yuna | URL | 2010年03月04日(Thu)01:59 [EDIT]

Yuna さん、ありがとうございます

ご投稿ありがとうございます。
これからも、気が向いたら、この特集やりたいと思っています。
次回も素敵な掌編、お待ちしております。
御礼に、粗品を進呈いたします。

 **************

 腰

  「このうどん、腰があるなぁ」
 
  「じゃぁ、顔は、尻は、どこにあるんだ?」

 **************

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2010年03月04日(Thu)08:46 [EDIT]