FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

死体

朝食後のコーヒーを飲みながら、御主人様がおっしゃった。
「お前達のアナル記念日はいつだっけ?」
「ハイ、5月4日です。」
そう、ハルさんがお昼で、私が夜、、、、。

「そうかぁ、、、、ドライブして、買い物もしてくるか?」
じぃーっと、私達をにらむように見つめる御主人様、、、。

頭の回転が速いハルさんが、
すかさず、アナルプラグとローションをテーブルに並べる。
そして、四つん這いでお尻を突き出している。
私も慌てて、隣でお尻を突き出す、、、、。

「バァカ、自分達の事は自分達でやれ。」

意味を理解して先に動き出したのも、やっぱりハルさん。

四つん這いの私のお尻で、ハルさんの指が動いている、、、。
ハルさんにプラグを入れられるなんて初めてで、
、、、、やっぱり恥ずかしい。
御主人様の視線も、チクチクと感じている、、、、。
ハルさんにプラグを入れてもらって、、恥ずかしい、、、

充分すぎるほどのマッサージの後、
充分すぎるほどのローション。
「レイさん、力を入れないで、、、、息を吐いて。」
あぁ、お尻で咥えている、、
それをしっかり感じるほどのプラグが進入してきた、、、。

今度は私がハルさんに、、、。
ゆっくり時間をかけて、御主人様にも楽しんでいただいて、、。




いい天気だ。
異常気象のように寒暖の激しい日々が続いたので、
この連日の暖かさは気持ちがいい。

ドライブ中も、お買い物中も、
公園でハンバーガーを食べていても、、、、感じている。
一瞬忘れる事があっても、
体を動かす度に、やっぱりお尻に素敵な(?)違和感。

一日中、プラグに犯され続けて、、、、、。





裸エプロンで夕食を作っている。

「レイ、助手!」

四つん這いでお尻を突き出すハルさん。
メリメリ、ヌルゥ、ポン、
そんな感じで抜き取られたプラグの代わりに、
アナルバイブが差し込まれる。
助手の私は、もう一本のバイブを握らされた。

「あぁ、だめぇ、、、、
 、、、、、、動かさないでぇ、強くしないでぇ、、、。」

二穴を玩具に犯され、息も絶え絶えに叫んでいるけれど、
声も虚ろで、本人も叫んでいる事を意識していないだろう。
きっとハルさんは、もうどこかに飛んでいるに違いない。
御主人様と助手は、それでもピストン運動を止めない、、。

「あぁ、ダメ、もう、、、ヒッヒッ、、、ガー、、、」
ビクン、、、お尻に力が入って、、、
吸い込んだまま、息を吐かなくなって、、、、
うつ伏せに崩れ落ちて、動かなくなった。
やけに冷静に、ハルさんのイクところを見届けた助手の私。
もちろん、あそこをジワってさせながら、、、。


死んでしまったハルさんの隣で、
今度は私が、二穴を犯されている、、、、。
凄い、凄い、、、、、すごぉぉぉぉ~いぃぃぃぃ、、、。
でも、まだ御主人様にご満足いただいていない。
私まで失神するわけにはいかない、、、、。
朦朧とした頭で、そんな事を考えている、、、、、。

意識が遠のく寸前、アナルバイブが抜かれ、
御主人様の声がする、、、。
「この穴は何だ?」
はい、レイのお尻の穴です。
「違う、俺の穴だ。」
はい、申し訳ありません、御主人様の穴です。
「何に使う。」
はい、オチン様を入れていただく穴です。
「入れて欲しいか。」
いただけますか、、、、。


御主人様の腰と一緒に、私の体が揺れている。
「レイ、イクぞ。」
はい、ありがとうございます、、、、、。

瞬間、なぜかホッとしたのを覚えている、、、。
やっと御主人様にご満足いただけるぞって、、、、。
長い一日だったなぁ、、、って、、、、。

そのまま意識が消えた、、、、。




御主人様は、どんな顔で、
転がった二匹の死体をご覧になっていたのだろう。

気づいた時には、、、、
、、、、、、、、、テーブルに夕飯が並んでいた。






               2010年5月2日の事です。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
死体?したい?

「女の場合は死体ではなく、遺体(痛い)なんだって聞いたけど…」
「バカねぇ、いい気持になってイケルなら、何度でも死体(したい)になるわよ」

     ***じゃんじゃん***

  穴穴 かしこ

麗 | URL | 2010年05月06日(Thu)06:33 [EDIT]

麗さん、ありがとうございます

  
 ************************
 バックモニター

  便利な世の中になったものだ。
  いちいち確かめなくとも、
  バックモニターで、後の様子がはっきり見える。

  どれどれ、今日の牝奴隷のアナルはどうかな、、、。
 ************************
                   じゃんじゃん

SM童話を書けという強要的お勧めをいただいたのですが、
まだまだ、麗さんのようには、思いつきません。
掌編をいくつか書いて、推敲中です。
次回の「掌編SMの風」で発表したいなぁ、、、、。
ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
  

Ray | URL | 2010年05月06日(Thu)07:42 [EDIT]

アナルでの快感


御二人共にアナルの快感は習得されたようですね(^^

奴隷の躾けは歴史と共にあるようです。
今の私は「奴隷の躾け&調教」ではなく自然体のままで
楽しんでいるようです。

特別に何もしなくても満足を得られる。
同じ空間にいるだけで満たされる幸福感。

きっといずれまた激しく厳しい責めや調教する日が来るでしょう。
今は今で楽しいが、充電期間中かな?(^^

(それとプラグ挿入外出時には、ローションは忘れずに持って出る事ですよ^^)
(定期的にトイレなどで塗らないと括約筋の周りの皮膚が切れ易くなりますからね^^)

匿名 | URL | 2010年05月06日(Thu)15:09 [EDIT]

助手の時ぐらいS女

タップリイジメて見よう?
そのほうが面白いじゃないですか。奴隷で在ること一次忘れてみたら。逆にはるさんは、どうしてますか?

ちゃー | URL | 2010年05月06日(Thu)17:00 [EDIT]

匿名様、ありがとうございます

ありのまま、あるがまま、
匿名様のGWも素敵な毎日だったのでしょう。
陰ながら見つめさせていただいております。

プラグは、、、、
「、、物語」上では、サラッと書きましたけれど、
実は、お出かけの際、駐車場などで、太さが代わりました。
だから、その度に、たっぷりのローションで、、、。
元気なお尻のままでしたよ。
ありがとうございました。
又、遊びに来てください。     レイ
 

Ray | URL | 2010年05月06日(Thu)18:43 [EDIT]

ちゃーさん

私は、助手の立場になっても、Sにはなれないみたいです。
ハルは、しっかり、S的立場に変身できるようです。
明日のお話です。
じゃぁ、又。     レイ
 

Ray | URL | 2010年05月06日(Thu)18:46 [EDIT]

はるさんに質問です。

はるさんは、命令が無くても調教出来ますか~実は、しばらくは、れいさんオンリーでイジメて観察日記をつけてくれない?研究のためです。 ヨロシク(o^-')b
れいさんへ頑張れよ

ちゃー | URL | 2010年05月07日(Fri)01:59 [EDIT]

ちゃーさん

無理です。
じゃぁ、たぶん、又。  ハル
 

Hal | URL | 2010年05月07日(Fri)07:41 [EDIT]