FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

プロ

 
バイパスの突き当たりの手前で、車がスピードをおとす。
道路標識は、右「山」、左「海」、そんな感じ。

「うまい豆腐が食いたくなった。」
御主人様のつぶやきと共に、
車は、右折して、郊外の道へと向かう。


路肩に車が止められた。
「小便するぞ。」
したいか? ではなくて、小便をしろ、という事。

浴衣の裾をはしょって、しゃがみこむ。
路面にはねたオシッコが、側溝に向かって流れていく。

裾をはしょったままで、縄が腰と股間を巡る。
車のシートの上、脚をM字にして、
股縄を鑑賞していただいている。

「レイ、運転を変われ。ハル、来い。」

ご指名をいただいたのはハルさんだった。
助手席が、グッと後ろに下げられて、
床に正座したハルさんが、オチン様を咥えている、、、。

卑猥な音がすぐ左から聞こえ続けていて、
私は、気もそぞろで運転を続けている。
ましてや、下駄を脱いだ裸足では、さらに運転はしづらい。
ときどき、「その先を左、」なんて、指示が飛ぶ。
スピードは控えめに、、、。対向車や歩行者の為ではない。
ひたすら、路面の凹凸に気をつけている、、、、。
急な衝撃で、ハルさんがオチン様に傷でもつけたら大変だ。





「賢治はん、ようお越しやす。
 あれあれ、今日はベッピンさん連れで、、、、。」

紗の着物の女将さんが出迎えてくれた。
人里離れた割烹料亭風の素敵なたたずまい。


「お若い方は、椅子の方が落ち着くでしょ。」
案内された座敷には、縁側に籐の椅子とテーブル。

仲居さんが料理を運んで、テーブルに並べる。
あらためて、女将さんが三つ指でご挨拶、、、、。
「賢治はん、毎度おぉきに。
 初めまして、サエと申します。」
私達へのご挨拶だ。ドキマギしてしまう、、、。
「賢治はんは、冷酒どすか?」

女将さんが下がると、御主人様が、おっしゃった。

「レイ、ハル、脚は肘掛の上!」

えっ?、、女将さんが冷酒を持ってすぐに戻って来るのでは?


こんな醜態を、見咎める事もせず、、、、
御主人様に冷酒をお酌をする女将さんは、
椅子の肘掛に両脚を広げて、
股間の股縄を晒した私達を見咎めたりはしない。

「お嬢様方は、麦茶でよろしいぉすか?」




「女将、俺は今日、早起きしてなぁ、
 ちょっと休んでいってもいいか?」

サエさんは、籐の枕に横になった御主人様が寝息を立てるまで、
団扇を、休むことなく動かし続けた。


「レイさん、ハルさん、、、、でしたっけ?
 さぁ、これからは、しばし、あんたはん方の時間どすぇ。
 遠慮せんと、しっかり食べておくれやす、。」

湯葉も、焼き鮎も、お豆腐料理も、絶品でした。
冷房ではない、自然に通り過ぎる風が、心地よい。
水がおいしいのだろうか、麦茶までも違う味がする、、、。

サエさんの正体は分からないけれど、、、
あんなあられもない私達の痴態を見ても、
眉一つ動かすことなく、端然と接していただいて、、、

彼女は、、、、、とてつもない、プロフェッショナルだ。


和服姿なので落ち着いて見えるけれど、、、
歳はけっして私より一回り以上、上って事はなさそうだ、、。

私達の知らない、新しい御主人様の領域に足を踏み入れた気分。



帰り際、、、
「かわいい奴隷さんどすなぁ、、、。」
背後でそんな声が聞こえたような気がした。




居酒屋和子さんが、御主人様の母親代わりならば、
割烹サエさんは、、、。何者なの?


少なくとも、御主人様が、牝奴隷の私達を晒してもいいと、
そうご判断なさった、確かな方なのだろう、、、、。

もう一度、お会いしてみたい、、
そんな思いがした、紗の着物が素敵な京美人、サエさん、、、。




不思議な不思議な、、、、
まるで妄想世界で遊んだような、七夕祭の一日です、、、、。







             2010年8月7日 午後の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

抱いて居ますね。 ブログの質が代わりましたね。
きっとそこら中に、全国に何人居るかな~

怪並れい | URL | 2010年08月10日(Tue)08:28 [EDIT]

不思議な人ですね。
意外と、そういった方々が多く利用してる場所だったりしてね(^_^;)
昔、ホテルでバイトしてた時にパーティールームに軽食を届けに行った時、「入って来て」と行ったら、僕が居ても他の人が普通にSEX続けてましたね。
世の中、色んな人がいるもんです。

サイトウ | URL | 2010年08月10日(Tue)11:06 [EDIT]

茶さん

>ブログの質、、
まぁ、こんなもんでしょう。文体も、内容も。

主の想いは分かりません。これから先の事も。
じゃぁ、又。    レイ
 

Ray | URL | 2010年08月10日(Tue)18:30 [EDIT]

サイトウ様、ありがとうございます

新しい御調教の前フリなのか、
さりげなく、ご紹介いただいた方なのか、
主は、多くを語ってくれません。
そういえば、かつて、和子さんをご紹介いただいた時も、
その理由を知ったのは、半年後のクリスマスでした。
ですから、サエさんが、どんなお方なのかを知る事ができるのは、
主の思惑一つというところです。
でも、「秘密結社」的ではなく、
個人的なお知り合い、という印象でしたけれど、、、。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。     レイ
  

Ray | URL | 2010年08月10日(Tue)18:38 [EDIT]

はじめまして。

記事に関係ない事柄でコメントから失礼します。
レイさんの綴る言葉に、自分好みのヨミモノ、文庫を見つけた様な気分で
近頃、過去記事まで遡り読みふけてます。

チョクチョク足跡残すとは思いますが、ご了承くださいませ。


咲の管理人 | URL | 2010年08月11日(Wed)16:12 [EDIT]

咲の管理人様、ありがとうございます

こちらこそ初めまして。

>近頃、過去記事まで遡り、、、
ありがとうございます。光栄です。
牝奴隷の成長の記録を物語風に綴るぞ!
なんて、大上段に構えて始めたブログではありますが、
文章の綴り方だけ成長して、
牝奴隷としての成長はいかなものかと、反省しきりの日々であります。
幸いにもか、不幸にもか、私は今の主しか存じません。
何かお気づきの点などありましたら、
いろいろご指導、ご反論、お叱りなどいただければ、幸いです。

残していただいた足跡から、咲さんのブログにお邪魔したてですので、
まだ、咲さんの事も、御主人様の事もよくは存じませんが、
これからも、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。     レイ
  

Ray | URL | 2010年08月11日(Wed)17:44 [EDIT]