FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

宅配便

「ねぇねぇセンパイ。
 お付き合いしてる人っているんですか?」

ええ、今はいないわ。
浪人の頃は、寂しくなると、
よく彼のところに泊まりに行ったりしてたけど、
なんか違うなぁって思ったら、もうだめ。
それからは、オトコヒデリ。
私、性格も、服装も地味だし、、、。

「そんなことないですよ。先輩とってもきれいです。」



「ねぇねぇセンパイ。センパイってSそれともМ?」
なによ、突然。酔っ払ってるの?

女って、誰かに頼りたくなる面ってあるじゃない。
だから、みんなМっぽい面があると思うわ?

「そんな一般論じゃなくってさぁ。」

そんなに問い詰めるあなたってS?
「いいえ、私はМ。」


「私、見ちゃったんだぁ。
 センパイの部屋で、宅配便受け取ったじゃない。
 あれって、SMのDVDでしょ。
 私も買ったことがあるの。
 内容がわからないよう匿名で送ります。なんて、
 私のとまったく同じ包装紙と発送先だったもの。」

「ねぇ、一緒に見ようよー。どんなDVD買ったの?」
 
 
一人で見ても背徳感があるのに、
同性とSM映画を見るなんて、、、、、。
でも、酔いも手伝っていたのかぁ、、、。


春子さんは私の手をとって、
鞭、蝋燭で、女優さんと一緒に「あっ」って声を上げたり、

私も、思わず手に力を入れてしまって、、、。

「ねぇ、センパイ。キスしていいですか?」

だめだめ。あなたレズッ気もあるの?
未成年の酔っ払いは、部屋に帰って寝なさい。

「ふぁーい」
長袖Tシャツの袖の先をプラプラさせて、
「おやしゅみなさーい。」
自分の部屋に帰って行く、。




SMって言葉はもちろん知らなかったけれど、
私って、子供の頃から、たぶんМ。

時代劇で、女の人が荒縄で縛られていたり、
手ぬぐいで猿轡されていたりすると、キュンとしていた。

性的意味はなかったろうけれど。

ロマンス小説を読んでも、なんか物足りなくて、
浪人時代のセックスも、なんか違うって思ってた。

インターネットで、密かに買い物ができるようになって、
最初に通販したのがSMのDVD。

初めて見た時は、ちょっと震えながら、
でも息を殺して見入っていた。

ぐるぐる巻きに拘束されて、太い怒張を差し込まれ、、。
あぁこれだって思いながら、
でもやっぱり背徳の世界。

人に言えるようなことじゃぁないよね。

                2007年8月末の事でした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する