FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

壁女外伝

実を言えば、前回の「壁女」妄想話には後刻譚がありまして、、。


「ダメ、そんなお話じゃ、絶対、ダメ、、。」
ハルさんが、許してくれない。

いや、私だって、明るい話にしたかったのよ。
でも、あの画像で、どんな明るい話ができるの?
ハルとレイは、壁の中で幸せに暮しましたとさ、じゃ、ダメ?

「ダメ、涙が出てきちゃったじゃない。
 ハルもレイも、かわいそう過ぎるわ。
 ケラケラって笑える話をもう一回!!!」

オイオイ、酔っ払ってるのかぁ。
ハイハイ、ちょっと待って、この食器、洗ってからね、、、。



   ****************

   地下のワイン倉庫に下りてきたメイドのハル。
   壁に浮かび上がった女をしげしげと見つめてこう言った。

   「あなた、誰? そんな格好で、、、、。
    あぁ、分かった。
    あなた、小学校の頃、虐められてたでしょ。
    私の友達にもいたわ。
    懸垂ができなくて、ズーッと鉄棒にぶら下がってた娘が。」

   ****************


こんなんで許してくれる?
「アハッ、面白いけど、、まぁまぁ、かなぁ、、、。
 それに、、、壁女のレイはどうして壁の中にいるの?」
酔っ払いはしつこくて、、、。

あのねぇ、、、、
壁、k,a,b,e、じゃぁないのよ。c,a,v,e、、よ。
「cave、、ケイブ、、洞窟って事?」
そう、ラスコーとかアルタミラの洞窟壁画があるでしょ、、、、。


   ****************
教科書でおなじみ、ラスコーの洞窟壁画、、、、、?
   メイドのハルの通報で駆けつけた文化庁職員は、
   地下洞窟のワイン倉庫で絶句している、、、。
   もしや、、これは有史以前の壁画かもしれない、、、。
   それに、、、
   そんな時代にも、SМ的行為があったのだろうか、、。
   学会を巻き込んだ凄い論争になるに違いない。

   書類作成が面倒だなぁ、、、、
   、、、、、見なかったことにしよう。

   「ハルさん、くだらない悪戯はやめてください。」 

   貴重な歴史的遺産は、その一言で、抹殺された、、。
  
   ****************


、、、、、、
、、、

ハルさんは満足してくれたらしい。

、、、、静かな寝息が聞こえている、、、、。



  

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
ぬりかべ使ってよ~

ぬりかべに囚われた。礼、
そこに、きたろう一見が現れた。やい!ぬりかべ~その娘を、解放しろ!?
嫌だ!この娘は、俺とも一心同体だもうどんな事をしても、無理だー。
何、父さん・・・・どうしたら~うう~ん確かにそう成ったら~砂かけ何か千恵は無いかのおと

茶 | URL | 2011年06月25日(Sat)07:33 [EDIT]

茶さん

だからぁ、これは「壁女」のお話でありまして、
鬼太郎とは関係ないのであります。
それに、ぬりかべは鬼太郎の仲間だろ!
じゃぁ、又。      レイ
 

Ray | URL | 2011年06月25日(Sat)07:50 [EDIT]

ハルのムチャ振りから どうなるんやろ? って 妄想レイのエンディング聞きたくて コメ延ばし延ばししていました(^.^)

あのー ハルはレイの困った顔がみたいのかな(笑) あの壁女じゃ 誰しもダークな話ししか思いつかんやろ!

強引に笑いにもっていったレイに拍手です!!

…オチ聞かず寝てるハルの馬鹿者!!(笑)

関係ないけどレイとゆー名前で綾波レイをイメージしてしまします。(((^^;)
綾波はクールっぽいが ここのレイは……書くまい…殴られそうやから(苦笑)

追記
先日届いた『ナマモノ』通販○活の品 2日遅れに届きジュラルミンケースの中で『石』になっていましたので 亀の水槽の中に入れて 亀の甲羅干しに使っています(爆)

かつ | URL | 2011年06月26日(Sun)22:31 [EDIT]

かつさん、ありがとうございます

エヴァンゲリオンのレイですかぁ、、、。
これは、ヒマネタでいつか使いたい話題なのですが、
昨年ある方からコメントをいただきました。
曰く、「ついに、レイ、ハルをみつけました。」
「コチ亀」の御堂春と芦原レイ、だそうです。
まぁ、エヴァのレイよりは、キャラ的にこっちのほうが似てるかなぁ、、?

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ

 追伸
 説明書きにありますとおり、
 亀の住む水に一週間ほど浸した後、
 レンジで30秒ほどチンしていただきますと元に戻りますので、
 ぜひ、お試し下さい。
 

Ray | URL | 2011年06月27日(Mon)18:28 [EDIT]

そっかあ!

地下室は洞窟に繋がっていたのね。
そして暗い話が明るくなり、ハルさんは楽しく酔っ払えてめでたしめでたしかぁ。

私の妄想が行きついた話は相当暗くて、ハルさんからは絶対にダメだしされそうだけど、ある投稿小説サイトに掲載されているので、レイさん気が向いたら、このコメントのURLをクリックして読んでくみてださいね。

麗 | URL | 2011年06月27日(Mon)18:42 [EDIT]

麗さん、ありがとうございます

添削
ん~ん、発想はいいけどなぁ、、
物語の主人公が誰なのか、曖昧だ。
それに、短編、掌編は、
1行、長くても5行で主人公のスタンスが分かるようにする事。
ん~ん、残念、星2つ!


 ***************
 壁の涙

 パルチザンとして、ナチスに抵抗している俺にとって、
 心の安らぎは、地下室で飼っている牝奴隷達だ。
 最近、ユダヤ狩りが厳しくなってきたらしい。
 昨日、仲間もやられた、、、、。
 俺も二匹の奴隷達も、ユダヤの血を引き継いでいる。

 牝奴隷達のラビアリングもアナルプラグもはずしてやったのに、
 彼女達はここを離れるつもりはないと言う。
 牝奴隷として飼いだしてから、初めて聞く彼女達の主張だ。
 嬉しく愛しいとも想うが、もうこれまでだろうか、、、。

 深いキッスを交わして、彼女達を地下室の壁に埋め込んだ。

 首をつった俺の耳には、ナチスが叩くドアの音が聞こえる。
 首をつった俺の目には、涙を流す壁が見えている、、、、。

 もし、、生まれかわる事ができたなら、
 又、お前達を牝奴隷にしてや、、、、る、、、、、、





 2011年初夏、新任教師の研修でこの街を訪れた私は、
 有名観光地に向かう同僚と別れて、「涙の壁」を見つめている。

 私は、、、、
 私、牝奴隷麗は、、、
 、、、誠実に御主人様にお仕えしているだろうか、、、。

 ***************
          じゃんじゃん

ってな感じでいかがでしょう。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。      レイ
 

Ray | URL | 2011年06月27日(Mon)20:38 [EDIT]

恐れ入りました!

さすがお導師様!
私の未熟な妄想とは雲泥の差ですね。

久しぶりに警策を頂戴し、未熟さを痛感しました。
洗面器にオシッコを貯め、それで顔を洗って出直してまいります。

麗 | URL | 2011年06月27日(Mon)22:43 [EDIT]

麗さん、ありがとうございます

いえいえ、私こそ過ぎたことを書いてしまいました。ごめんなさい。
まぁ、尿パックで心機一転、新たなご投稿をお待ちいたしております。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2011年06月28日(Tue)18:41 [EDIT]