FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

コペルニクス

キャンプ場のコテージってよりは、
自然に囲まれたホテルの離れのログハウスって感じ。
寝具も食器も電化製品も全部そろっていて、
食料さえあれば、手ぶらでキャンプ(気分)が可能だ。


「よーし、星座観察でもするか?」
夕食の後、御主人様がおっしゃった。
「星座観察だからな、、、早く脱げ。」

バルコニーで星座観察、、、全裸で、、、
2階のバルコニーに腰を下ろして、夜空を見上げる。
、、、、、全裸で、、、。


「おぉサブ。だいぶ冷え込んできたなぁ。
 この辺はさすがに気温が違う。
 俺は、薪ストーブの準備するから、部屋に入るぞ。
 お前たちは地球の自転を感じるまで戻っちゃダメだぞ。」



「ねぇ、地球の自転を感じる、ってなに?」
それは簡単よ。星座の位置がずれて見えるまでって事よ。
なんてたって、地球は1680Km/hで自転してるんだから。」
「へぇ、そうなんだ。よく振り落とされないね。」
おいおい、慣性の法則って習ったろ?
「うん、聞いた事はある。」
、、、、
でも、この寒空、裸で星座観察してる人っているかなぁ。
「まぁ、いたとしても牝奴隷だけでしょうね。
 究極は、ノルウェーの極寒でオーロラ観察かな。全裸で。」
まぁ、、、、ちょっと憧れるけど、、、、たぶん凍死するね。
「あっ、流れ星、、、。
 なぁんて見つけられたら凄いのに。」
もう、自転を感じたでしょ?
「なんで?」
ほら、あの星、木のテッペンからちょっと右に動いたよ。
「よっしゃ、もう部屋に入ろ、オシッコしたくなっちゃった。」


赤々と燃える薪ストーブが暖かい。
「お前ら、早いな。本当に自転を感じたのか?」
はい、星座が右に動きましたから。
「地球が動いたのか? 空が動いたんじゃないか?」
「いいえぇ、コペルニクスも言いました。
 それでも地球は青かった、って。」
「おおぉ、ハル、お前最高だ。今晩は俺のベッドに来い。」


オイオイ、ハルさん、ガリレオとコペルニクスとガガーリン、
全部ごっちゃだぞ。
たぶん、あれは、意識的ボケじゃないなぁ。目が真剣だったもの。
でも、それで御主人様のベッド確保かよ。



どうせ、どうせ、私ぁ、、、、どこで寝ればいいんだぁ、、?



            2011年10月8日 夜の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
どう切り出そうか?

何か~大卒と院生のインテリ会話ですか~。全裸でね~居るよ。ヌーデストビーチに居る人とかやってそうでしょう眠れない夜に海ベッドにして寝るとかやってそうでしょう。塩分高いと沈まないべ~書いてる内遣りたくなった。

茶 | URL | 2011年10月13日(Thu)18:01 [EDIT]

折り合い

昨日のエントリー、
言いたい事、書きたいことがもっともっと沢山あったに違いないと思いながら、
しんみりと読ませていただきましたよ。
そして今日のエントリー。
素敵な素敵なおバカです。
あの、3月の震災の時、レイさんはどうなっちゃうの、なんて心配しましたけれど、
今では元気になって、それなりに折り合いをつけて、
震災のその後と向き合っているのですね。
ボランティアを続けている事も立派です。
 

みこ | URL | 2011年10月13日(Thu)18:30 [EDIT]

茶さん

学歴に関係なく、
問題は、素敵なアホか、惨めなアホか、ということに尽きるのであります。
じゃぁ、又。     レイ
 

Ray | URL | 2011年10月13日(Thu)19:24 [EDIT]

みこさん、ありがとうございます

自分でも気づきませんでした。
素敵なご指摘、感謝感謝です。
確かに、あの震災を忘れてはいないけれど、
もう、引き摺ってはいないようです、、。
昨日のエントリーは、おっしゃるように書きたいことは沢山ありました。
でも、事実だけを伝えて、
読者の皆さんが、それぞれの立場で感じていただければと、そう思っておりました。
これからのエントリーにも、時折、震災関連は登場するかもしれませんが、
感傷に陥ることなく、淡々と、私が見て感じた事を綴っていきます。
それが、あの震災と「折り合いをつける」事だと思っています。

素敵なコメントありがとうございました。
じゃぁ、又。         レイ
 

Ray | URL | 2011年10月13日(Thu)19:33 [EDIT]