FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

クリスマスソング

紗江様が食器を洗っている。
御主人様は、クリスマスの飾りつけ中だ。
私達は、、、、クリスマスツリー、、、だ。

あらぁ、素敵なクリスマス吊り、、、、、
食後のお茶を運んできた紗江様が、驚いたようにおっしゃった。
「あらぁ、素敵なクリスマス吊りねぇ。
 和食料亭では、クリスマスなんて関係ないと思ってたけど、
 賢治さん、素敵なプレゼントありがとう。」


静かな静かな時間が、ゆっくりゆっくり流れている。
薄く積もった雪が
冬の陽射しで溶ける音さえも聞こえてきそうなのに、
でも今、私達の耳を震わせているのは、
『クリスマス吊り』の荒い息だけだ。


「俺、街育ちだからかなぁ、
 こんな静かなクリスマスは初めてだ。」

「♪ I'm dreaming of a white Christmas
   Just like the ones I used to know ♪」
紗江様が、そっと歌いだす、、。御主人様がそれに続く、、
「♪ Where the treetops glisten
   and children listen
   To hear sleigh bells in the snow. ♪」
紗江様は、うっとり、御主人様の肩に頭を乗せて、、、、。

「ねぇ、賢治さん、ツリー達にも何か歌わせましょうよ。」
「そうだなぁ、ちょっと陽気な歌がいいか?
 それとも、卑猥な歌か?」
紗江様が、心得ているとでも言うようにおっしゃった。
「当然、卑猥を伴奏にして、陽気なクリスマスソングよ。」


私の股間に差し込まれたバイブが、股縄で固定される。
バイブのスイッチが入ると、もうそれだけで、
、、喘ぎ声が止まらない、、、、
どうやら、私が、卑猥な伴奏担当らしい、、、、。

隣のハルさんのお尻に、強烈な鞭が走った。
「ほら、ハル、陽気なクリスマスソングを歌え!」

「まっ、、、、
 ♪ 真っ赤なお尻の、、、、ギャ
   トナカイさんは、
   いっつもみんなの、笑いぃ者、、、♪、キャァー」

あぁん、うぅんの卑猥伴奏に合わせて、
ハルさんのクリスマス鞭ソングは続いている。
紗江様のアンコールにお応えしながら、、、、、。



「あぁ、賢治さん、素敵なクリスマスイブよ。
 最後に、もう一つだけ、プレゼントしてくださる?
 私、逆さツリーが見てみたい。」




クリスマスソングは、、、歌えない、、


『逆さツリー』は、、、、息も絶え絶えで、、、、


、、、、、クリスマスソングは歌えない、、、






              2011年12月24日の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
サンタ

クリス"メス"ツリーの歓喜の歌を聞きながら淫蟹をつつき、逆さツリーも登場すれば、サンタがどんなプレゼントを持ってくるのか楽しみです(*^o^*)

玉露 | URL | 2011年12月27日(Tue)07:13 [EDIT]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011年12月27日(Tue)10:07 [EDIT]

玉露様、ありがとうございます

♪ 御主人様がサンタクロース 本当はサンタクロース、、、♪
って 松任谷由実風に歌ってみても、
クリスマスに、品物のプレゼントいただいた記憶がないなぁ、、
あったかなぁ?あぁ、歯ブラシいただいた事があったなぁ、、
まぁ、いつもは縄と鞭と蝋燭の御調教がプレゼント、
私達も、それを望んでいるのですけれど、、、

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。    レイ
 

Ray | URL | 2011年12月27日(Tue)19:01 [EDIT]

鍵コメ様、ありがとうございます

実際のところ、逆さ吊りは、
鑑賞していただくほど、長い時間ではありませんでしたし、
まぁ、逆さ吊りもどき、でありまして、
画像はイメージということで、、、ご勘弁ください。
なにぶん主も、二匹分ですから、体力も、気も使いますし、、
ただ、紗江さんにはしっかりお喜びいただいたようで、、、

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。    レイ
 

Ray | URL | 2011年12月27日(Tue)19:09 [EDIT]