FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

阪神淡路大震災

私は、小学校の2年生だったろうか。
朝、寝ぼけ眼で居間に行くと、
父と母が、「大変な事が起きた、、、」と言いながら、
テレビに向かっていた。
地理も何も知らなかったであろう私が、兵庫県、と聞いて、
「おねぇちゃん、だいじょぶなの?」
と、叫んだのが、阪神淡路大震災の記憶だ。
おねぇちゃんとは、神戸の従姉。
あれから17年。
彼女はその地を離れることなく、
今では2児の母親として、元気に暮している。


阪神淡路大震災を契機に、
耐震指針が見直されたり、住宅耐震化が推進されたりしたそうだ。
6000人を超す犠牲をはらって、、、、。

昨年、偶然にも東日本大震災に関わってしまった私。
地震の性質や規模や広域性は違っているし、
亡くなられた皆様の多くが、その後の津波によって、、、
という違いはあるけれど、
阪神淡路大震災の教訓は、どう活かされたのだろう、?



今日は、復興に尽力なさった行政や市民の皆様への敬意と、
お亡くなりになった皆様への哀悼の想いを込めて、
午前5時46分52秒に、このブログをアップする。

、、黙祷


 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012年01月17日(Tue)07:12 [EDIT]

阪神淡路大震災を契機に、
DMAT(災害医療チーム)が正式に組織されたり、
それまでなじみの薄かった「ボランティア」が定着したのも、
あの時以来のような気がします。
昨年の東日本大震災は、規模や広域性の違いがありましたので、
プロ集団のDMATでさえ、いろいろな混乱があったようですが、
さらに、反省、研究を進めて、
やがては必ずおきるといわれている「東海、東南海地震」に備えていただきたいと、
しみじみ思っています。

匿名さん | URL | 2012年01月17日(Tue)09:25 [EDIT]

僕は、その地震の前に修学旅行行ってます。

何時地震起きてもおかしくないというの聞いてますから~(^-^;)秒読みの状況で枕投げしてましたなあ。なーんだ。れいさん本当に去年まで大学生だったんだね~

茶 | URL | 2012年01月17日(Tue)19:17 [EDIT]

鍵コメT様、ありがとうございます

鍵コメ様は、御主人様だったのですね。
数々のタメ口、失礼いたしました。

日本の将来と、今の政治、、、
先ほどのニュースで笑ってしまいました。
東電の電気料金値上げ申請の件で、
枝野さんが、
「全ての無駄を省いた後に、電気料金値上げの議論が始まる、、、」
オイオイ、民主党のマニフェスト
「天下り廃止」「公共事業の削減」「国会議員定数削減」、、、
全ての無駄を省いてから、消費税論議をしてはいかがかしら?
社会保障の将来像も見えていないし、、、
私ぁ、何歳になったら、年金もらえるのだろう?

復興需要など、所詮付け焼刃。
しっかりとした、「私の国」を願うばかりであります。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。  レイ
 

Ray | URL | 2012年01月17日(Tue)19:48 [EDIT]

匿名さん、ありがとうございます

そうですね、地震予知的研究は、まだまだ実を結んではいないのでしょうが、
震災後の、救援体制では、格段の進歩をしているのでしょうね。
一般市民のボランティア意識も生まれたし、
その好意を、うまく活用する仕組みも、
阪神淡路大震災と東日本大震災では、格段の差があったのでしょう。

地震のメカニズムは違いますが、
阪神淡路大震災からもう17年、と思いながら、
えっ、ちょっと待てよ。
もう、じゃなくて、まだ20年も経たない内に、東日本大震災なの、、、
って、初めて気づきました。
100年に一度、1000年に一度、といわれる地震が、たった20年のうちに2度?

地球に、日本に住んでいる限り、地震は仕方がない。
でも、東海、東南海、南海地震が、
東日本大震災のような、広域連動型ではないことを、
ひたすら願いつつ、日頃からの備えだけは怠るな、と、
いまさらながら、自分に言い聞かせる今の私であります。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2012年01月17日(Tue)20:02 [EDIT]

茶さん

>なーんだ。れいさん本当に去年まで大学生だったんだね、、
オイオイ、何をいまさら。
指折り数えたら、たぶん指が一本余るでしょうが、
私、一年遊んでいますので。
                レイ
 

Ray | URL | 2012年01月17日(Tue)20:07 [EDIT]

あの朝、我が家も結構揺れて、本棚の本が半分ほど落下して散乱しました。

その数年前、バブルが終わる前に東京を後にした私。東急ハンズで見掛けた『転倒防止用つっかえ棒』を買おうと地元のホームセンターで店員さんに尋ねると、「何ですか、それは?」との答。


それまで、西日本で大地震が起きると思っていた『西日本の一般人』がどれくらいいたでしょうか?当時のことを思い出すと、とても少なかったように思います。

日本に住む限り、巨大地震は他人事ではないと、この機会にしっかりと自覚したいものですね。

れんたん | URL | 2012年01月17日(Tue)20:54 [EDIT]

れんたんさん、ありがとうございます

行政や学者さんは、一生懸命の努力をなさっておられるのでしょうが
本当に申し訳ないとは思うのですが、
阪神淡路大震災後に作られた、全国断層マップは今どうなったのだろう、、、
そんな気がする今の私です。

内陸型の断層地震でも、海溝型の地震でも、
それ自体を防ぐ事は、今の科学ではできないのでしょうが、
溜まった歪エネルギーを開放して、
巨大地震にならない程度の技術は、ないものでしょうか?
兵器としてではなく、平和利用で、
核エネルギーを、海溝の地震エネルギー拡散に使うとか、、、。

たくさんの犠牲を払って、得られる教訓が少なければ
死んでも死にきれません。
たくさんの教訓が将来に伝えられる事を願うばかりであります。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2012年01月17日(Tue)21:34 [EDIT]

基準

阪神淡路大震災の時も 東日本の災害の時も、他人の不幸に乗じて儲けを企む輩がいましたね。
反面 自分のリスクをかえりみず、他人のために努力してくれる人も大勢いた。

調子のいい時には すり寄るが、困った時には離れていく人や会社がある。

今現在と将来では 親交度合いや信頼度は違うだろうが、少なくとも自分から手を離す人間には ならないように戒めたいです。もちろん騙されないように…

玉露 | URL | 2012年01月18日(Wed)07:51 [EDIT]

あの日のこと…。

よく覚えています。。

朝から授業を止めて…、先生が教室のテレビを付けて皆でニュースを見ていました。

前回の「日めくり」では無いですけど、忘れられない日付を目にしたとき…きっとどんなに時間が経っても、その日のことは色褪せることなく思い出せるのだと思います。

でも、忘れてはいけないことですね…。

どんな災害も、どんな事件も…、本当にたくさんの犠牲と…たくさんの方々が関わっていて、無駄にしてはいけない、忘れてはいけないことなのだと思います。

杏海 | URL | 2012年01月18日(Wed)14:47 [EDIT]

玉露様、ありがとうございます

天網恢恢 疎にして漏らさず
を、無条件に信じています。
悪銭身につかず
でしょうから。

他人の不幸はビジネスチャンスと考える事自体、不幸なことです。
結果的にビジネスになったとしても、
初めは、現地でのボランティア活動、、それが人の道でしょうね。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。    レイ
 

Ray | URL | 2012年01月18日(Wed)19:06 [EDIT]

杏海さん、ありがとうございます

恥ずかしながら、
昨年、東日本大震災を現地で体験するまで、
阪神淡路大震災他、各地の災害や、世界中の不幸な出来事は、
ある意味、対岸の火事的な面がありました。
この阪神淡路大震災の日も、ニュースを見て、的な毎年でした。
でも、私自身が、巨大地震を体験してから、
この日を強く意識するようになりました。
4年間のブログで、初めてこの事を取り上げたのも、そんな理由です。

あの日を忘れない。
大切な事ですね。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2012年01月18日(Wed)19:14 [EDIT]