FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

牝豚料理

さぁ、今日はハルさんの牝豚料理お披露目の日。

御主人様に喜んでいただけるバレンタインプレゼントになるよう、
ハルさんには、豚肉料理を私なりに指南した。
「もう、豚肉見るのもイヤだ。」って程に。


裸エプロンで、御主人様のキッチンに立っている。
お肉屋さんが綺麗にスライスしてくれた様々な部位肉が並んでいる。
時間のかかる煮物や下ごしらえは、ハルさんと一緒にやった。
あとはハルさんが実際にどの程度うまく作れるかだ。
現場と土壇場に強いハルさんのパフォーマンスが楽しみだ。



楽しみだ、、と思った私は、まだまだ、甘い。
ハルさんが、現場と土壇場に強いのは確かだけれど、
それにもまして、用意周到のパフォーマーだった。

えっ、何?、何するのよう、いや、いやぁぁぁ、、、。
訳がわからぬままに、ハルさんのパフォーマンスが始まった。



「御主人様、バレンタインデープレゼント、牝豚料理です。
 今日は新鮮な牝豚奴隷を用意しましたので、
 召し上がりたいメニューのスイッチを押してください。」

「そういう趣向かぁ、なるほど。
 じゃぁ、まずは、ここから食ってみるか。」
私の右乳首に貼り付けられたローターが動き出す。
「はい、かしこまりました。牝豚胸バラ肉の肉じゃがです。
 牛とは違う牝豚独特の味が自慢です。」
オイオイ、、そっそれは、、、ほとんど私が作ったんだぞ、、。
「という事は、これはぁ、、、」
左胸の乳首が震える、、、、。
「はい、ハツですね。焼き物でよろしいでしょうか、
 一緒に、トントロはいかがですか?」
「トントロっていうと、頬肉だっけ?」
口に咥えさせられたバイブが動き出す、、、、。

調理人とお客様のお酒と会話は弾んでいる。
お客様が調理人を褒めて、お酌なんかもしている。
牝豚メニューは、会話にも混ざれないし、
屈辱と快感の狭間を一人楽しむしかない、、、。

股間のローターが震えて、、、『子袋』のご注文、、、、
突然、股間のローターが震えた、、、。
「はい、かしこまりました。子袋の和え物ですね。」

続いて、アナルのローターが暴れだす。
「はい、かしこまりました。テッポーの野菜炒めです。」

「ハル、ちょっと聞いていいか?
 この、メニュースイッチを全部押すと、何が出てくる?」
「はい、ぜひお試しください。
 素敵なBGMが流れると思いますよ。」


牝豚メニューの喘ぎ声をBGMにして、
御主人様が、ハルさんにキッスする、、、。


「ハル、うまかったぞ。
 ところで、子袋蝋燭炙りはないのか?」



ありません、と否定してくれ!
、、牝豚メニューは、心の中で叫んでいる、、、、



              2012年2月11日の事です。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご主人様はバレンタインプレゼントの牝豚料理、満足して下さったことでしょう。

レイさんとハルさんの趣向にもてなしの心を感じました。

お食事に音楽は重要ですね。レイさんの奏でるBGM、ご主人様には心地よかったのではと思います。

最後の料理もあればよかったのにと思ってしまいます。

私もいつもお世話になっている義父に「チョコ」を贈りましたが、しっかり味わっていただく真心を持ちたいと思います。

私自身が消えてしまいたいほどの屈辱を心から味わいながら……

佐知子 | URL | 2012年02月13日(Mon)06:48 [EDIT]

お品書き

なるほど、レイさんは食事よりも豪華なリアルメニューになった訳だ(笑)
串焼きや煮込みも出てくるのかな?
楽しみです(*^o^*)

玉露 | URL | 2012年02月13日(Mon)06:58 [EDIT]

チャーシューも、大好きです。(^_^)vよろしく

素晴らしいですね。~なるほど~その肉に成りたい~そういえば、養豚上の話し昔したことあったね~今頃は、雪に埋って雪豚に成ってます。そこの豚は黒豚で、ラーメン屋のチャーシュー様です。(^_^)vよろしく

茶 | URL | 2012年02月13日(Mon)08:43 [EDIT]

待っていました

先日は、拙いコメントに丁重なご返事をいただきありがとうございました。
あの日以来、今日のこのエントリーを待ち続けていました。
ご好意に甘えて、又、コメントさせていただきます。

お料理では、レイさんには到底かなわないハルさんでしょうけれど、
S的パフォーマンスは、ハルさんが上ですね。
料理をプレゼントというより、しっかり主様の嗜好を把握なさっていて、、。
ドキドキしながら、次の料理を待っています。
子袋蝋燭炙り、『土手焼き』というオチを勝手に妄想した私です。

失礼しました。早く明日になぁれ。
 

明奈 | URL | 2012年02月13日(Mon)12:39 [EDIT]

佐知子さん、ありがとうございます

>最後の料理もあればよかったのに、、、
子袋炙りはありませんでしたが、、、。明日のお話です。

ふと思いました。
来年は、義妹さんにチョコレートを贈る、というアイディアはいかがでしょう?

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2012年02月13日(Mon)19:30 [EDIT]

玉露様、ありがとうございます

ハルは、最初から、料理の内容よりも、
そのパフォーマンスを第一と考えていたようです。
完全にしてやられた、って感じです。
炙り料理、は明日のお話です。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。    レイ
 

Ray | URL | 2012年02月13日(Mon)19:36 [EDIT]

茶さん

まだまだハルの料理の腕では、叉焼は無理です。
SМ料理なら、ぐるぐる縛りで、も、ありだったのかもしれませんが。      レイ
 

Ray | URL | 2012年02月13日(Mon)19:39 [EDIT]

明奈さん、ありがとうございます

申し訳ありません。お待たせいたしました。
はい、確かにハルは素敵なパフォーマーです。

>子袋蝋燭炙り、『土手焼き』、、、
そんなオチではありませんが、炙り料理は、明日のお話です。
お楽しみに。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2012年02月13日(Mon)19:45 [EDIT]