FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

沈黙

14時46分、、
ピッ、ピーピー
鋭いホイッスルの音が、学園中に響き渡った。
「一分間の黙祷!!」


東日本大震災から一年。
ボランティアの私達は、あの学園でその時を迎えた。

子供達にどれほどの認識があるのかは分からない。
でも、徐染の為に剥ぎ取られた庭の表土が、
今の彼らの現状を語っている、、。



じっとうつむく子、、、そっと手を合わせる子、
掌に指が突き刺さるほど拳を握り締める子、、、、
それぞれが、、、それぞれに、、、その時を迎えた。


喧騒が、一瞬の後に、黙祷の沈黙に変わった。



バカヤロー、、、
大声で叫びたい衝動を抑えながら、
でも、今は、じっと目を閉じる時間に違いない。


日本中が、子供たちと同じくらいに、
純粋で神聖な一分間の沈黙だったと、そう信じている。




3.11、、、
あの日を忘れない、、、、、
そして、新たな一年も、少しずつ、、、一歩一歩、、。




適切な言葉を知らない自分がもどかしい、、、

  、、、、ありがとう、そして、、、負けるなよ子供たち。





                 2012年3月11日夜、記
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
ありがとう

幼い子供たちが必死に黙祷する様子が見えてくるような、
簡潔で素晴らしい描写と、レイさんの真摯な想い。
素敵なエントリー、涙が止まりません。
ありがとうございました。

匿名さん | URL | 2012年03月11日(Sun)20:38 [EDIT]

未来

子供たちには未来があると思います。
明るい未来かもしれないし、暗い未来かもしれません。どうせなら明るい未来であって欲しいと願うばかりです。

みにち | URL | 2012年03月11日(Sun)21:45 [EDIT]

「ご苦労様でした」

レイさん、ボランティアご苦労様です。比較的短い今回のエントリーの行間にレイさんの溢れんばかりの想いを感じています。

被災前の東北でお世話になった方の無事を尋ねるある番組。震災後に集団避難所を訪れたある方。そして今年2月事態は少し動き、その避難所は元の多目的ホールに戻っていた。

再び現地を訪ねたその方は、もはや誰もいないそのホールで自然と姿勢を正し、「ごくろうさまでした」とそっと呟いた。


事態が少しでも動いて、福島で耐えている方々・その方々を応援している方々に、すくなくとも「ごくろうさまでした」と過去形でねぎらいの言葉を掛けられる日はいつくるのだろう。

その日が出来るだけ早く訪れますように。私も出来ることをしたい。

れんたん | URL | 2012年03月11日(Sun)21:54 [EDIT]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012年03月11日(Sun)22:16 [EDIT]

寄り添う

一年が経ちましたね

あの学園でその日を迎えられたということは
主様、ハルさんもご一緒だったのでしょうか。

そうだとしたら…よかったと思います。
レイさん一人で色々な想いを抱えその日を迎えているとしたら
とても苦しいのではないかと思いましたので…

私の実家は被災地にあります。
あの日大勢の友人、知人から私の実家と家族を
心配するメールをいただきました。
とてもありがたく…でも、正直本当に「共感」するということは難しいのだと実感しました。

だから「寄り添う」
それが、一番ふさわしい言葉なのだろうな、と
一年を経てしみじみと感じています。

レイさんの辛い体験、様々な想いに寄り添ってくれる
主様、ハルさん。
その存在が、やはり「有難い」のですよね きっと。

ににこ | URL | 2012年03月12日(Mon)11:02 [EDIT]


3月11日PM2:46

日本人は誰もが忘れてはいけない日です。

私には我慢強い東北人の皆様がもどかしいぐらいの気持ちです。
悲しみ続けているはず、怒っているはず、戸惑い続けているはず、、、、。

一言発したらとめどなくなりそうですが・・・・。
官僚よっ!政治家よっ!早く何とかしろよ!

私の人生も暖かい人の「絆」に救われてきました。
今は、人と人の絆を大事にしたいと思います。

2万人余の被災された方々に御遺族の皆様と共に御冥福をお祈り申し上げます。

Bです。 | URL | 2012年03月12日(Mon)12:46 [EDIT]

匿名さん、ありがとうございます

早々とコメントいただきながら、お返事遅くなりました。
詳しくは分かりがせんが、もしや被災地の方なのでしょうか?
もっともっと綴りたい事はたくさんありましたけれど、
削りに削って、こんな拙いエントリーになりました。
行間に込めた私の『想い』を感じていただければ、幸いです。

ありがとうございました。
じゃぁ、ぜひ、又。     レイ
 

Ray | URL | 2012年03月12日(Mon)18:40 [EDIT]

みにちさん、ありがとうございます

現地のスタッフから聞いた話です、、、。
地元の女の子の親御さんは、
ここで3.11を体験したというだけで、、、
将来、他県の方と結婚するのは拒否されるのではないか、、、
そんな自虐的噂が広がっているとの事、、、

学園の子供たちは、
ただでさえ生活にハンデを負っています、、。
いわれなき中傷偏見だけは、お許し下さい、、。
そんな想いの、今の私であります。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2012年03月12日(Mon)18:48 [EDIT]

れんたんさん、ありがとうございます

過去形の『ご苦労様』、、、素敵なコメントです、、、
ただ、現実的には、
30年、40年後に、やっと廃炉が完了、、、との事。
私がお婆さんになって、
東日本大震災が教科書の歴史として書かれている頃、なのでしょうか、、。
でも、そうなってもここでSМブログを綴りながら、
3月11日には、まだ何かを主張していたら、それなりに素敵ですよね♪

ありがとうござました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2012年03月12日(Mon)19:00 [EDIT]

鍵コメさん、ありがとうございます

その時、現地では地域のサイレンが鳴りました。
車のクラクションが長く聞こえました。
日本中が、それぞれに神聖な黙祷だったと、信じています。
こんなSМブログで、震災を熱く語ること自体がアホかもしれませんが、
鍵コメさんをはじめ、たくさんのコメントをいただいたり、
たくさんのご訪問をいただいていますので、
それなりのアッピールなのかと、自己満足の今の私であります。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2012年03月12日(Mon)19:12 [EDIT]

ににこさん、ありがとうございます

もちろん、主とハルと一緒でした。
>寄り添う、、、
的確で素敵なお言葉です。
彼らの将来に、責任はもてないボランティアの身。
「おねぇちゃん、又、来てね」という言葉だけが、自己満足的支えではあります。

震災に怯えながら、あの時詠んだ私なりに必死の短歌、、。

 避難所のご老人の手を握る
 あのぬくもりに我はなりたし

そう、寄り添う『ぬくもり』が今の私の目標です、、。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2012年03月12日(Mon)19:21 [EDIT]

B様、ありがとうございます

今日明日あたりまでは、まだ、震災関連ニュースがトップなのかもしれませんが、
やがて、消費税、解散の話題に移って行くのかもしれません。
ニュース記事の選択は、国民の関心によるところが大きいのでしょうから、
たとえ末尾でも、震災関連や原発関連のニュースが取り上げられて、
被災地から遠く離れた皆様にも、それなりの情報を伝えて欲しいと、
そんな想いの今の私であります。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。        レイ
 

Ray | URL | 2012年03月12日(Mon)19:41 [EDIT]

Unforgettable Fire

行かれたのですね。
お疲れさまでした。

人は忘れるもの
記憶の彼方に押しやらないと生きていけない
でも、決して忘れてはいけないこともある
だからこそ
脈々と語り継がれていく物語がある

人は忘れるもの
泣き疲れ もがき苦しんでも
決して忘れることが出来ないこともある
だからこそ
だだ、黙って君に寄り沿う人がいる

晦 | URL | 2012年03月18日(Sun)11:07 [EDIT]

晦さん、ありがとうございます

被災地の某営業所には、仕事関連でも訪れてはいますが、
地域地域、そして、人それぞれで、復興、復旧、、いろんな段階があるようです。
震災体験を重荷に思っておいでの方には、一日も早く忘れていただきたいし、
日本全体では、けっして忘れてはいけない事だと思っていますが、
児童心理の素人としては、
子供たちが、どんな重圧を心の底に抱えているのかと思うと、
はっきり言って、どう対処していいのやら、迷う瞬間もありました。
そう感じる事自体が考えすぎなのかもしれませんが、
私なりに、これからも、彼らには関わっていきたいと思っています。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。         レイ
 

Ray | URL | 2012年03月18日(Sun)19:35 [EDIT]