FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

三昧

「三昧、、、って、どうして三なんだ?
 鞭、縄、蝋燭の三点セットを、ひたすら、って事か?」
「梵語の『ザンマイ』の音を、日本語にあてただけですから、
 漢字自体に意味はありません。
 だから、『三』は関係ないです。意味的には一点集中ですよね。」
「おぉ、さすが文系。」
「昔、不思議に思って調べた事があるんです。」
「一点集中かぁ、、、、、。
 処女だけどアナル奴隷、みたいなもんか?」
「そんなぁ、、
 それは、SМじゃぁなくて、鬼畜の外道じゃないんですか?」
うん、小説ではあるまいし、SМって言っても、愛は必要です。
御主人様の愛を感じるからこそ、
牝奴隷は、痛みにも羞恥にも耐えるんです。

「アナルだけを犯すのが、そのサディストの愛だったら?」

そんな鬼畜の御主人様を選んだ自分を恨みます。

「そうかぁ、お前たち、前でも後でもしっかり感じるし、
 俺も、鬼畜じゃないノーマルなサディストでよかったな。」

ノーマルなサディストの御主人様に使っていただいて、、、
お尻を持ち上げて、「伏せ」する私達。
前と後、2本のバイブが、唸っている、、、、。

はい、私達は幸せ者です。
ノーマルなサディストの御主人様に飼っていただいていて、、。


いつも、二穴のバイブで気を失うから、
今のうちに、、、、御礼を

   、、、言っておかな、、く、、、、ちゃ、、ぁ、、、



              2012年3月20日の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
全開

前も後ろも使えるとアクセル全開で快楽の世界に踏み込めますね。

みにち | URL | 2012年03月23日(Fri)07:54 [EDIT]

ノーマルなサディストかぁ、
いい言葉だ。

俺 | URL | 2012年03月23日(Fri)17:37 [EDIT]

みにちさん、ありがとうございます

二穴は、ダメであります。
意識が勝手に飛んで行きます、、、。
そんなお返事でご勘弁を。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2012年03月23日(Fri)19:50 [EDIT]

俺さん、ありがとうございます

そっちかい、と言いながら、
鋭いツッコミに感謝感謝です。
ひたすら鬼畜の主でなかった事を喜んでいる今の私です。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2012年03月23日(Fri)19:54 [EDIT]