FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

主客転倒

「俺、全然知らなかったけど、、、
 お前たちは、『肛門奴隷』だったのかぁ?」
いえ、あれは、ブログの妄想物語です、
って、私が答えるより先に、ハルさんが返事をした。
「ハイ、私達、ビアンの『肛奴』です。ご自由にお使い下さい。」

「そうかぁ、そしてハルは、レイに仕える肛門メイド?」
いえ、あれは、ブログの妄想物語です、
って、私が答えるより先に、ハルさんが返事をした。
「ハイ、姫様のご満足、御主人様のご満足だけを考えています。」

「ハルは、レイ姫を犯すだけで、満足できるのか?」
いえ、あれは、ブログの妄想物語です、
って、私が答えるより先に、ハルさんが返事をした。
「ハイ、あのペニバン、内側にアナル突起がありますから。」
、、、そんな妄想話は、してないぞぉ、、、

御主人様が振ってきたご提案に、ハルさんが答え、
無条件で、今日の御調教が決まっていく。
私ぁ、精神を病んだ淫乱肛門姫、なのかぁ、、、。
ということは、御主人様は、裏切り者の大臣?



「姫様、お尻を弛めてください。」
メイドハルが、肛門をもみほぐして、水圧を上げる。
「お湯の入れすぎはいけません。いきんで出して下さい。」
ハルと大臣様の目の前で、トイレシャワーで直腸洗浄中だ。
「大臣様、きれいになりました。すぐお使いになりますか?」
「まだだ、ハル、お前も洗浄しろ。」
ハルが、お尻を動かしながら、シャワーを吸い込んでいく、。


メイドハルが、大臣様のご命令で私のアナルをほぐしている。
硬く力を込めた舌先で、、、、、。
恥ずかしいのに、お尻の穴が勝手にヒクヒク言っている、、。
そして、姫であろうと、大臣様の前では、同じ『肛奴』だ。
次は、私が、ハルの肛門を舐める、、、、、。

「アナル突起のペニバンはないけどな、、、」
ペニバンはないけど、双頭があった。
大臣様のお手を借りて、、、、
『二匹の肛奴』が双頭で繋がった、、、、。
「姫様、そんなに激しく動かな、、、いで、、くだ、さい。」
ハルこそ、ゆっくり動きなさい。
、、、お尻、、、、壊れ、、、ます、、、。



大臣様がハルを押しのけて、私の後ろに腰を向ける。
ハルがすかさずオチン様にゴムをつける。
「生はダメか?」
「お尻は雑菌だらけですから、いけません。」
「命令でもか?」
「命令でも、ダメです。オチン様が病気になりますから。」
「気遣いのできる肛門奴隷だな。
 よし、褒美だ。ハル、お前を使ってやる。」

持ち上げたお尻が中途半端に揺れている、、、
大臣様ぁ、妄想譚では、姫を使うんですよぉ、、、
お尻を持ち上げた伏せの姿勢が、中途半端な宙ぶらりんだ。
お姫様は、歯噛みしながらメイドの喘ぎ声を聞いている、、、。





今日の御調教は、初めから終わりまで、
ひたすらハルさん主導で流れて行ったようだ、、、。


、、おのれぇ、メイドの分際でぇ、、、、。




              2012年3月31日の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
お尻

先手をとられちゃいましたね。

みにち | URL | 2012年04月02日(Mon)17:52 [EDIT]

みにちさん、ありがとうございます

日頃は、奔放で、がさつ的ハルではありますが、
実際、細かな心配りは、さすが、であります。
ん~ん、私も負けるわけにはいかんぞう、、。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2012年04月02日(Mon)19:13 [EDIT]