FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

好物

前回のコテージ調教の帰りの車の中、御主人様がおっしゃった。
「今週、お前達、生理だよな。
 来週の土日、空けておけ。Jの墓参りに付き合え。
 お前たちの成長を、Jに見せびらかしてやろう。」


だから、今日は3人そろってJさんのお墓参りだ。
冷たい雨が降っている。
私達は全裸にゴアのレインコートを羽織っただけ。
お墓の前で、コートを広げて、お参りする。
長い長い時間が、そぼ降る雨の中に溶けていく、、。


 Jさん、お久しぶりです。今年もお伺いする事ができました。
 いかがお過ごしですか?
 Jさんと同じショートヘアは、
 会社で、私のトレードマークになりました。
 まだまだ『先笄』の先には、牝奴としても至っていません。
 又、寄らせていただきます。おすこやかに、、、、。


そっと顔を上げても、御主人様はまだじっと目を閉じたままだ。




御主人様、Jさんはなんておっしゃっていましたか?
私達を見せびらかしたりして、ヤキモチ焼いてませんでした?

「バーカ、Jはそんな下衆な牝奴隷じゃない。
 まぁ、『私のほうがスタイルいいわよ』なんて言ってたけど。」

あぁ、そうですねぇ、なんて相槌を打とうとしていた時、
ハルさんが、すかさず言った。
「私達のスタイルも、負けたもんじゃないと思うんだけどな。
 ねぇ、レイさん。」
思わずハルさんをにらむ。
今日は、Jさんの日よ。御主人様の思い出に張り合っちゃダメ。



御主人様ぁ、晩ご飯は、私が作ります。
Jさんは、何がお好きだったんですか?
「何が食いたいかなぁ。
 夏牡蠣は、ちょっと早いかなぁ、、
 蝦蛄もいいなぁ。今年は豊漁らしいから、鯵もいいなぁ。」

あのぉ、御主人様じゃなくて、Jさんが好きだった物、、、

あぁ、そうかぁ、Jさんはいつも影のように寄り添っていた。
だから、御主人様の選ぶ食事にけっして反対しなかったのかなぁ。
御主人様は自分の食べたいものを勝手に注文していたのかなぁ。





どう考えても、私に蝦蛄を調理できそうになかったから、
晩ご飯は、鯵づくしにした。

もちろん、食事は4人前。


御主人様に寄り添うJさんの写真も、
嬉しそうに、おいしいおいしい、って言っている、、、、、





             2012年6月16日の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
相互リンクのお願い

管理人様 はじめまして。
コメントにて失礼します。
「ボンデージでダイエット」のボンマニです。
この度は相互リンクしていただきたく、メールを差し上げました。
当ブログは個人的に撮りためたボンデージな緊縛写真を公開しています。
緊縛プレイでダイエットはいかがでしょうか。
勝手にリンクさせていただきました。
もしよろしかったらご検討お願い申し上げます。

ボンマニ | URL | 2012年06月18日(Mon)17:11 [EDIT]

ボンマニさん、はじめまして

画像は、文章のイメージ喚起だと思っている古い考え方の私です。
心震わせる、素敵な文章を渇望している今の私であります。
生意気な私をお許し下さい。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2012年06月18日(Mon)19:12 [EDIT]