FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

まだこんな時間なのに、外は暮れだして、、。

御主人様のお買いになった食材は、チゲ鍋。
アルミの容器に、野菜や、魚や、蟹の足。
そのまま火にかければ、出来上がりらしい。

でも、これじゃ、味気ないよね。
土鍋に移し変えて、他の材料も加えて、
まぁ、味は、付いてたタレでしょうがない。

塩鮭を焼く。
実家では、大晦日の夜は、必ず焼き魚。
子供の頃からそうだった。今日も、、。たぶん。
ご領主様からおすそ分け頂いた魚で年を越す。
そんな、昔の風習の名残なんだろう。

この部屋は快適。エアコンと床暖房。
裸でも寒くない。あそこだけが寒い?。
美容室でショートカットにした帰りみたい。
ショートカットどころではないけれど、、、。



「今日は座敷で飯にするか。」
リビング奥の和室で、夕食。
ハル様に案内された事はあったけど、入るのは初めて。
十畳程の広さかな。テレビと座卓の他は、なぁんにもない。
奥に小さな床の間。棚。
あぁやっぱり花を買えばよかった。

「レイはここ。」
座卓の上に座布団。そこに「正座」。
「綺麗になったおマンコがよく見えるようにな。」

ビールで乾杯。
御主人様はまじめな顔で、
「レイにとっては画期的な年だったなぁ
 まぁ来年もよろしく。」

イエイエ、私のほうこそ、お世話になりました。
素敵な日々をありがとうございました。
まだまだ、ふつつかな「奴隷」ですけれど、、、。


「おっ、器が変わると立派な鍋料理だなぁ。」

と言いながら、最初に手が伸びたのは、焼いた塩鮭。
なんか、訳もなくうれしい。

二人で鍋をつつく。
そして、御主人様は、私のあそこも突付く。
鍋ときどき股間、股間ときどき乳首。
キッスときどき鍋。あぁ、座布団汚しちゃう、、。


「酒」
ハイ、鍋を片付け、ヌル燗。
おつまみに豆腐を温めて、、。気分は湯豆腐。
「おぅ、こってりとした鍋の後は
 サッパリ湯豆腐。いいねぇ。」
ナデナデしてもらった。

「ここに来い」
と、御主人様の胡坐の膝の上。
子供が父親の膝の中にいるみたい。
そのまま、一緒に、テレビを見る。
後ろから私の胸を揉みながら、
おいしいそうに、お猪口を口に運ぶ。
私は、徳利を手にお酒を注ぐ。
あそこを手で撫でながら、、
おいしいそうに、お猪口を口に運ぶ。
私は、徳利を手にお酒を注ぐ。

「レイも飲むか?」
口移し、、、。

テレビなんか見ているのか、いないのか。
音なんか耳に入らない、、。
あえぎながら、悶えながら、時間が過ぎていく。



除夜の鐘の音がする。
テレビの中からの中継が始まっている。
耳を澄ますと、この近所からも、、、。
テレビが消された。
「この辺には、神社も、寺も結構あるんだ。」


「レイ、お前、どんな体位が一番感じる?」
私の手首にロープをかけながら、、、、。

そんな急に、、。

御主人様はいつも後ろから。
私も、その被虐感が好きになりました。。
後ろから、ズンズン、って、考えただけでも、、、。

もうさっきから、私は、お待ちしておりました。
御主人様の指が入ってくるたびに昇り、
指が逃げていくたびに落とされて、、、。
何度お願いしようかと、、、。
ありがとうございます。御主人様。

座卓に仰向けに寝かされる。
「まずは、ツルツルのここを見ながら正常位。」
ズンズンズン、、、、。
両脚を抱えられたり、片脚だったり、、、、。


「よーし、お前の好きなバックだ。」
ハイ、ありがとうございます。
夢中になって、、。
御主人様の動きに合わせて、私もお尻を突き出して、
もっと強く、もっと深く、、、。
お願いしますぅ、、、。御主人様ぁァァァァァ、、、。




年越しちゃった蕎麦ですねぇ。
蕎麦をすすっている。

「2年越しセックス。
 たぶん、年末から年始にかけてだったな?」

「年の初めは、姫初め。年の終わりは?」
ヒメオワリじゃないし、ヒメジマイ、ヒメオサメかな?

「そうか、姫納め、姫初め。完了!」


改めて「伏せ」。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

             2008年もう年が明けました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
丸一年間セックス禁止する。

丸一年間何もしないとどうなるかね~性生活が日常的なふたりには辛いかな~

ちゃー | URL | 2008年12月04日(Thu)11:35 [EDIT]

何をおっしゃるの

ちゃーさん、
何をおっしゃるの。
セックスも、ありがたい御調教ですから、、、。

じゃぁ、又
 

Ray | URL | 2008年12月04日(Thu)12:27 [EDIT]