FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

上の穴

「わぁー、この穴、オシッコ臭い。
 おトイレシート広げておいて正解だったわ。」
「多少臭くても、使えんことはないだろ。
 紗江は、穴1を使うんだろ。俺は穴2を使ってくる。」
「賢治さん、私の穴3使ってもいいのよ。」
「まぁ、穴3は、夜の部まで、とっておく事にする。」




「穴1号ちゃん、本来の役目はオナホールだろうけど、
 私にオナホールあてがえられてもねぇ、、、。
 まぁ、お前は、穴として使って欲しいのかな?
 でも、今必要なのは私の満足。
 私を満足させたら、穴として使ってあげるわ。」


しっかり私を満足させてごらんなさい!!、、、
「あ~ら、下の穴だけじゃないんだぁ、
 上の穴も使いでがあるわね。気持ちいいわよ。
 ほら、同じ処だけじゃなく、、、そうよ、そこ、、、、
 上手だわ、、、もっと、強く、、、、舐め上げて、、」



「ふー、、、気持ちよかったわ。約束どおり、ご褒美あげる。
 どれがいい? これ? もっと太い方がいい?」



ぎゃー、、、、、

「あれぇ、ごめんなさいね。
 穴が二つあるから、間違えちゃったわ。
 どうしたの? 涙流して、、、
 そんなに嬉しいんなら、もう一本サービスしてあげるわね。」




             2012年8月12日 夕方の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
興奮

こんばんは。
こうゆうエントリーを読んで興奮する自分は

やっぱりSだなぁとしみじみ思います。

それにしてもイイところで次に続く。もし手が届いたらご褒美をあげたいところだ。おっと主さんごめんなさい。l

れんたん | URL | 2012年08月17日(Fri)18:04 [EDIT]

れんたんさん、ありがとうございます

言葉もなく、紗江さん主導で流れて行ったお盆休みでした。
れんたんさんのお好みになるかどうかは存じませんが、
まだまだ『、、物語』は続きます。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2012年08月17日(Fri)21:01 [EDIT]