FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

マト穴

「ほら、穴1号、穴2号、いつまで寝てるの、食事よ。
 エネルギー補給しないと、役目果たせないわよ。」



「ねぇ、賢治さん、私、やっぱり射撃やりたかったわ。」
「バーカ、こいつらを悦ばせるだけだ、って言ったろ。」
「悦ぶのはさぁ、捕まった後の事を妄想したからでしょ。
 純粋に射撃だけを楽しむ事にしたら?
 捕まえて縛るとか、強姦するとかは、一切なし。
 撃ち殺して、腐るまで、そのままそこに放置しちゃうのよ。」
「すげぇ、、、。発想だけでも、鬼畜だ。
 でもなぁ、いまさら、ライフル買いに行くのも面倒だし、」
「代わりの物、何かないかしら、、、
 ダーツゲームでもあれば、それでもいいけど、ないしなぁ。
 いっそのこと、竹槍投げて、マトにする?」
「竹、、かぁ、、、。
 紗江、生垣に使ってるあの竹は、偽物だろ?」
「えぇ、一見、竹だけど、プラスチックの筒よ。どうするの?」
「いいこと思いついたぞ。
 他に 葉書、セロテープがあれば、紗江の願いが叶うぞ。」



「ほらこうやって、円錐形を作って、竹筒に詰めて、、、
 できたぞ、スポーツ吹き矢。
 どれ、試し打ち。息を吸って、思い切り、フッ!!」
「わぁ、すごい、ダンボールに刺さったわ。私にもやらせて。」

「そう、そんな感じだ。うまいぞ。
 これで、穴1と穴2をマトにして、勝負するか?」
「点数は?」
「アナル、おマンコに当たったら10点。
 刺さったら、100点。それ以外は、1点。でどうだ?」
「マトが血だらけになったら困るわ。座敷汚れちゃうもの。」
「おぉ、そっちかい。ナイス鬼畜だ。
 じゃぁ、テープで先端をちょっとまるくして、、、、。
 交代で、10回勝負にするか。」


アナルかおマンコに刺さるまで、何度でも勝負よ、、、
「わー、スポーツ吹き矢っておもしろいわねぇ。
 当たった時に、マトがビクって動くのも最高よ。
 ねぇねぇ、もう一回戦、勝負しましょ。
 一度でいいから、アナルかおマンコに刺してみたい。」




「ねぇ、もう一回戦、、
 刺さるまで、絶対にやめないわ。
 賢治さんだって、刺してみたいでしょ?
 もっと近づいたら簡単なんだろうけどなぁ。
 マトまでの距離を1メートル位にしましょうか、、、、。」




             2012年8月13日の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
素敵な違和感

お盆の御調教報告が始まって、ちょっと違和感を感じていました。
でも、今日のエントリーで確信です。
新しい試みなのかしら?
レイさんは、道具の『穴』なので、声はないのですね。
状況説明もなく、御主人様と紗江さんの会話だけで進んでいく物語に、
素敵な違和感と、レイさんの新しい表現のトライに、拍手です。
 

カホル | URL | 2012年08月18日(Sat)14:34 [EDIT]

カホルさん、ありがとうございます

実を言えば、まえまえから台詞だけでエントリーできないかなぁ、、
って思っていました。
私の状況説明文もなし、感情表現もなし、、
すごい手抜きっぽいけど、憧れていました。
いろいろな証人発言を重ねていって、犯人を確定する、、
そんな推理小説を読んだ事があったので、、、。

エントリーの出来栄えは別として、
私のトライアルに気づいていただいて、感謝感謝です。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2012年08月18日(Sat)17:21 [EDIT]

さっそく、プラの竹筒で、吹き矢作ってみた。
凄い威力だ。
あとは、、、牝奴隷のマトが欲しい、、、。

俺 | URL | 2012年08月18日(Sat)18:08 [EDIT]

俺さん、ありがとうございます

お試しになったのならお分かりでしょうが、まじ、凄い威力です。
今回は、ライフル、、という流れがあったから耐えられましたが、
いきなりだったら、やっぱり、鬼畜過ぎて引いてしまうと思います。
、、『あたり』はありましたけど、『刺さる』事はありませんでした。
ホッとしたのか残念だったのか、、、、、

ありがとうございました。
じゃぁ、又。      レイ
 

Ray | URL | 2012年08月18日(Sat)21:13 [EDIT]

鬼畜

身近にあるものを 責めの道具にする事は、SMプレイには欠かせない発想力と応用力です。
しかし吹き矢には驚きですね!
私は待ち針を ダーツの如く投げた事はありますが、跳ね返されて刺さりませんでしたが…(^_^;)

玉露 | URL | 2012年08月18日(Sat)22:34 [EDIT]

穴になり続ける作者

こんにちは。
成る程、穴1が道具になった時から、今回の一連のエントリーの間は、加虐者さん達の台詞だけで進んで行くのかぁ〜。お見事!またそれを見抜いたコメンテーターさんもスゴイです。
それを意識しながら読んでいくと、臨場感が更に高まりますね。
う〜ん、興奮するぅ!

れんたん | URL | 2012年08月19日(Sun)11:59 [EDIT]

玉露様、ありがとうございます

そうですねぇ、吹き矢は、、、
正式なスポーツ吹き矢は存じませんが、
比較的簡単に作れちゃうし、思った以上に強力でした。
もちろん、紗江さんの言葉は、言葉嬲りで、、、
実際に刺さる事はありませんでしたけれど、
最初の試し打ちで、ダンボールに矢が刺さった時が一番の恐怖でした、、。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。   レイ
 

Ray | URL | 2012年08月19日(Sun)19:22 [EDIT]

れんたんさん、ありがとうございます

状況説明無しで、『、、物語』が成立するかの実験的エントリーです。
それなりに、ご報告で着ているのかと思うと、
まぁ、これもありかと、嬉しく感じています。
皆さんが忘れた頃に、又、この手法使います、、、ってかぁ?

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2012年08月19日(Sun)19:26 [EDIT]

時事的にアーチェリーですね

ああ~俺も、遊びたいです。エッチなお店にいく暇と、余裕が合ったらね。

茶 | URL | 2012年08月26日(Sun)06:08 [EDIT]