FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

ブランコ

「賢治さん、今日は何して奴隷たちをいじめる?」
「ハル、レイ、体の調子はどうだ?」
はい、元気です。お尻ちょっと痛いですけど。
「俺さぁ、あの楢の樹が気に入ったよ。
 あそこで、ターザンロープとか、ブランコとかで遊ぼう。」
「遊ぶんですか?」
紗江様が、不満そうにおっしゃる。
「まぁ、手間と時間はかかるが、楽しく過ごそうぜ。
 ちゃんと手伝えよ。いろいろ下準備も必要だし。」

昨日とはうって変わって、
柔らかな初冬の陽射しが、褐葉の森をそっと包んでいる。

楢の木の枝から垂らされた縄。
脚立に登り、丸太の横木に縄を結ぶ。
「ほら、3回巻いてから真ん中を丸太の下に通して、、、
 なっ、これがアブミ縛りだ。憶えておけ。」
左右のバランスを調整して、、、

まるで、サーカスの空中ブランコのような巨大ブランコの完成。

「一応、俺が責任者だから、安全確認するな。」
御主人様が、脚立からブランコに乗り移った。
両手で縄を引っ張ったり、体を揺すったりして安全確認。
「よし、大丈夫そうだな。」

座り漕ぎのブランコの振幅が少しずつ大きくなる。
やがて、立ち漕ぎになって、ますます大きく振れていく、、、。
「ヤッフォー、、、最高に気持ちいいぞ。」
ブランコの揺れと一緒に、落ち残った枯葉が舞う、、

まるで子供のようにいつのまにか順番を待つ列ができた。
紗江様、ハルさん、私、、、、、

振りの大きさが怖いけれど、でもとっても気持ちがいい。
本気で童心に戻って、遊んでいる。
何度も何度も、、、。

「よーし、次は、ハルとレイで二人乗りしてみろ。」
私が座り、ハルさんが立って、二人漕ぎだ。
もうもう、このくらいで、、、
なんて思っても、ハルさんは、全身を使って漕ぎ続ける、、。

「うん、二人乗っても、大丈夫だな。」

この時、当然気づくべきだった。
この言葉の意味と、
遊び、と言いながら、私達のベンチコートの下が全裸の訳を。

「アルプスの少女ハイジでさぁ、こんなブランコ乗ってなかった?」
うん、CMで観た事ある気がする。
なんて、ハイジの話をしている私達は、
まだまだ御主人様の裏を読めない未熟者だ、、、、。



「紗江、手伝え。ここからが本番だ」

6本の縄が垂れている、、、
2つの脚立に渡された横板に、後手縛りの私達が腰掛けている。
背中と腰と、両膝に縄が結ばれる、、、
御主人様が縄を引いたり揺らしたりして、強度とバランス確認。
さっきのブランコと同じ事をしている、、、。

「紗江、せえぇのでいくぞ、、、、、せえぇの!」
両側の脚立が倒され、横板が落ちた。
縦の縄が、ズンと突っ張って、膝と背で私達をぶら下げた。
キャァー、、
思わずでた叫び声が、牝奴隷М字開脚ブランコ完成の合図だ。
牝奴隷M字開脚ブランコ、、、、、
「あ~ら、素敵なブランコ。さっそく、揺らしてあげるわね。」
紗江様が私のお尻を押す。御主人様がハルさんを押す。
ゆったりと長い周期で、М字開脚ブランコが揺れる、、、
縄の食い込んだ腕が、膝が悲鳴を上げている。
前後に揺れているのと同じように、、、
なぜか、上下にも動いている気がする、、、
二匹の重みで、枝が撓んでいるのだろうか、、、
それが又、恐怖を増大させる、、、、。

枯葉舞い散る中で、牝奴隷ブランコは続く、、、、


「御主人様、もうお許し下さい。」
いつになく、ハルさんが先に弱音を吐いた、、
「どうした? 具合でも悪いのか?」
「いえ、、、お、おトイレ、、、、」
「なんだ、そんな事か。
 お前達、何のために股を開いてるんだ?
 したけりゃ、勝手にションベンしていいぞ。
 ほら、もう少し大きく揺らしてやるから、、、
 レイも、つれションだ。さぁ、だせ!!」


水痕が、、地面を何度も往復している、、、、


やっぱり、私達は、ハイジには、なれない。
アルプスの少女ハイジは、
全裸М字開脚で揺られながら、オシッコしたりはしない、、





             2012年11月24日午前の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
アルプスの牝犬れいと春

れいさん俺のコメント潰しは困ります。ハイジの所ですね~タイトルで思い付きました。_(^^;)ゞでも良く気が会いますね~大人のハイジは~でも~無いなあ。_(^^;)ゞ

茶 | URL | 2012年11月28日(Wed)14:35 [EDIT]

茶さん

コメント潰しなど、けっして考えてはおりませんが、
私が至らぬばかりに、茶さんのコメントの主旨を理解できないでおります。
ごめんなさい。
じゃぁ、    レイ
 

Ray | URL | 2012年11月28日(Wed)20:03 [EDIT]

大木

大人2人が吊られてビクともしない枝なんて、神社や公立公園ぐらいでしか見かけませんね。
羨ましい環境です(笑)
それにしても、いま目の前で繰り広げられてるような写実は、ナカナカのものですよ。
文章力・表現力に加え「オチ」もあり、SMブログだという事を忘れますな(笑)
微塵切り、フライときたから、次は焼き物かな? 続きが楽しみです(^∀^)ノ

玉露 | URL | 2012年11月28日(Wed)23:09 [EDIT]

そんな深刻にならないで

今日は、寒い1日に為りました。ちょっと冰も、パラパラと、降ったりして驚きました。_(^^;)ゞれいさん春さんように寒さ対策は、寒風摩擦しかないかなぁ~

茶 | URL | 2012年11月29日(Thu)00:36 [EDIT]

玉露様、ありがとうございます

大木ではありますが、老木という感じでなく、しっかりしていました。
まぁ、さすがに二匹吊り下げられると、
上下にも撓んでいたようですが、、、。
主は、すっかりこの大木をお気に入りのようで、、、
きっと、次の御調教もお考えに違いないと、、
ちょっと期待、凄く不安の私であります。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。    レイ
 

Ray | URL | 2012年11月29日(Thu)19:04 [EDIT]

茶さん

深刻に、、ではなく、私のコメ返の主旨は別のところにあるのですが、、。

放射冷却なのか、寒い朝でした。
もっとも、停電の北海道の皆様に比べれば、贅沢な話なのでしょうけれど。
じゃぁ、      レイ
 

Ray | URL | 2012年11月29日(Thu)19:08 [EDIT]

拍手コメントの咲さん、ありがとうございます

URLがなかったので、どちらの咲さんか分かりませんが、
「、、視点」の咲さんでしょうか?
お返事遅くなりました。
拍手コメントは、ついつい見逃しがちで、、、

ブランコ御調教は、サラッと書いていますけれど、
けっこう手間と時間がかかりましたよ。
まぁ、その待っている時間も、ドキドキ感を楽しんでおりましたけれど、、

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2012年12月02日(Sun)17:27 [EDIT]