FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

別行動報告

 
後手縛りで、、ボランティアスキー報告会、、、
「個人的には最悪のスキーだったわ
 天気は、晴れと吹雪が交互にやってくるし、
 初めてお会いするボランティアさんといっしょに、
 超初心者の子供達の担当になって、賢治様とは完全別行動。
 子供達がある程度滑れるようになって、
 リフトで上まで連れて行ったら、途中で泣き出す子がいて、
 腰と膝が壊れそうになりながら、おんぶして滑り降てきたり、
 夜は夜で、反省会的宴会の後、そのまま雑魚寝。
 賢治様に近づくこともできなかったわ。
 そして今日。
 お昼前に解散すると、賢治様は猛スピードで帰ってきて、
 私をここに降ろして、そのまま仕事に行っちゃった。
 本当はボランティアなんてやっていられないほど忙しいのに、
 身を削っての奉仕活動、、、だったのね。」

「でも、子供達や学園スタッフさん達は、喜んだでしょ。
 ボランティアにとっては、その笑顔こそが最高の幸せよ。」

「はい、紗江様のおっしゃるとおりですけど、
 もう少し、賢治様と一緒にいたかったなぁ、、、、。」







何もありませんけど、どうぞ寄っていってください。
紗江様の緊縛練習御調教の帰り、
マンションまで送ってくださった紗江様に声を掛けた。

「じゃぁ、ちょっとだけ、、、、」
のはずが、もうハルさんがボランティアスキーから戻っていた。
紗江様は、まるで『新しい獲物を発見』みたいに、
舌なめずりをして、縄を取り出した。


ハルさんと私、後手高手小手に縛っていただいて、、、

ハルさんのボランティアスキー報告会となった次第、、、、








             2013年1月13日夕方の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
あっれ!?

春さんが、子供尾生って滑って降りる?。縛ったらも少しは、楽に降りれたかもですねぇ~春はスキーの上級者見たいですねぇ~

茶 | URL | 2013年01月15日(Tue)08:54 [EDIT]

茶さん

ハルは、
「講習を受けて受験すれば『指導員』楽勝、、、」
よくわかりませんが、そんなレベルであります。
たぶんゲレンデスキーの域を超えている、超ベテランです。
じゃぁ、         レイ
  

Ray | URL | 2013年01月15日(Tue)19:10 [EDIT]

ボランティア

「他人のために」…という気持ちでは、決っして長続きしないそうです。
まして見返りを期待するなど論外です。

「自分の力を使って欲しい」 とか 「自分が出来る事をしたい」
といったような、何も求めず "奉仕" に徹する事が大切だそうです。
趣味であれ技術であれ、ボランティアに生かせた事は良かったですね。
誰かを背負ってダウンヒルするという事は、安全最優先ですから 上級者でも相当疲れたハズです。
紗江さんのレベルアップ講習会も、多忙を跳ねのけてのボランティア活動も、本当にお疲れ様でした。

玉露 | URL | 2013年01月15日(Tue)22:51 [EDIT]

玉露様、ありがとうございます

主はかつて、
「一晩徹夜する覚悟をすれば、ボランティア時間はいくらでも確保できる。」
そんな事を申しておりました。
ご自分を犠牲にすることは、けっしてボランティアではないと感じておりますが、
学園の子供たちの笑顔が、全てを帳消しにするほどの喜びなのでしょう。
ボランティアの立ち位置って、難しいと、そんな想いの今の私です。

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。   レイ
  

Ray | URL | 2013年01月16日(Wed)19:23 [EDIT]