FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

明日じゃない

私達のマンションに、賢治様がおいでになった。
「区切りとしていい機会だからな。」
御主人様のそんなご提案で、
家具の転倒防止器を付け替えた。
冷蔵庫を鎖で壁に固定したり、
家具を伸縮棒で抑えたり、楔形のストッパーを差し込んだり、
観音開きの戸棚にかんぬきみたいな金具をつけたり、、、。

でもなぁ、、ここはボロマンションだからなぁ、
耐震補強予定なんて言ってたけど、、、、
巨大地震だったら、まず建物自体が心配だよねぇ。

「俺のマンションは、耐震設計で倒壊だけはしないらしいぞ。
 あそこにいる時に地震があれば、安心だ。」
「でも、その時は、きっとぐるぐる巻きに縛られているんですよ。」
「よし、その時のために、縄抜けの練習するか?」

オイオイ、私達ぁ、くノ一じゃぁ、ねぇぞ。
地震が来たら、関節はずして縄抜けしろってかぁ?







たとえば、降水確率が50%だったら、傘を持っていくよね。
首都圏直下地震とか、東海、東南海、南海地震、、、
その発生確率が70%、80%、って言われているし、
宮城県沖にもまだ歪エネルギーが残っているらしいのに、
私達は、地震に対する傘を用意しているの?

降水確率は、今日明日の事だけれど、
地震は、「必ず来るけど、明日じゃないよなぁ、」なんて、
何の根拠もない油断の中で毎日を過ごしている、、。

国、地方の行政機関や各研究機関が、
地震予知を研究したり、耐震化を進めているし勧めてもいる。
それでも、一般家屋の耐震化はまだまだだろう。

恐れすぎてはいけないけれど、みくびってもいけない。
私達庶民は、今できる事から少しずつ、、それしかない。
大規模地震が来ても平気でやり過ごせる、そんな社会になるまで、
「明日じゃない」事を、願うばかりだ。



東日本大震災から、今日で丸二年。
あの瞬間で時が止まってしまっている皆様もおいででしょう。
少しずつ時を動かしだしている皆様もおいででしょう、、

復興に尽力なさっておられる皆様に敬意を表するとともに、
いまだ避難生活をなさっておられる皆様への応援と
亡くなられた皆様への鎮魂の想い、、、、、、、、黙祷、、、




            2013年3月11日 


               2011/03/11 あの日を忘れない


 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
でも、災害時は二人は仕事有りますけど~

公衆便所の役目があります。立川断層の真上に来てください。災害時は何処かの体育館が、避難場所に為るはずです。多分トイレが足りない場合は二人にと言うことでした。頑張ってね

茶 | URL | 2013年03月11日(Mon)10:01 [EDIT]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013年03月11日(Mon)13:10 [EDIT]

彼らのことを語り継ぐためにも

昔、「私は飛行機には乗らない」と言ってた著名人がいた。
その理由は彼の恩師がその昔に旅客機のことを、「あいつは絶対に無理をしている」と呟いたのが忘れられないからだとか、、、。

それでいうと、東京をはじめとする「大都会」は、かなり無理をしているのではないか、、、。そう思えてなりません。
もちろん、過疎地だろうが密集地だろうが、この列島群に住む限り地震や津波をはじめとする様々な天災にいつ襲われないとも言えません。ただ「無理をしている」大都会では、その「無理」を支えている秩序が天災によって破壊された時、そこで生活する人達には、天災の災禍と同時に「大都会が内包する無理」も牙を剥くのではないでしょうか。
その対極として過疎地が抱える「不便」という問題もあります。何かあった時には、物資をはじめとする救援を過疎地が抱える「不便」が阻んでしまう。

と云っても、そこに暮らす人々にはその土地から離れられない理由があります。
ならば、自分が暮らす土地が抱える問題点をも考慮して防災を組み立てないといけないのかな。と思っています。

つっかえ棒をはじめとする転倒防止金具は、裏に何かあるところ、壁や天井がただの板だけでないところに設置しないと十分にその力を発揮しないことを今日のレイさんのエントリーを読んで思い出しました。遅い指摘になってしまいごめんなさい。

減災に取り組む専門家の方が言ってました。
「住む場所によっては生存がかなり厳しくなるところもあるでしょう。しかし天災なんかで死んではいけない。あきらめないで。」と。
生きている我々が天災で亡くなられた方々に対してできる鎮魂の一つは、決して忘れないことだと私は思います。そのためにも「天災なんかで死んではいけない」のかもしれません。

れんたん | URL | 2013年03月11日(Mon)18:22 [EDIT]

ありがとう

>あの日を忘れない、、、
アダルトブログなのに、そうキッパリ言い切っているレイさんに、
心を込めて、ありがとう。
 

耐え子 | URL | 2013年03月11日(Mon)19:18 [EDIT]

茶さん

ウケ狙いのコメントだとしても、今日のこの日、
唾棄すべき不謹慎さ、軽率さ、、、、
 

Ray | URL | 2013年03月11日(Mon)20:12 [EDIT]

鍵コメAさん、おひさしぶりです

この日にコメントいただいた事、感謝感謝です。
皆様そろぞれに、それぞれの思いで今日を迎えられたと思っております。
私も及ばずばがら、2:46に黙祷を捧げました。

いろいろなご事情、しかとは存じませんが、
次の更新お待ちしている今の私です。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
  

Ray | URL | 2013年03月11日(Mon)20:19 [EDIT]

れんたんさん、ありがとうございます

大都市の矛盾も過疎の矛盾も、人間が作り出してきたもの。
その矛盾を解消するためには、自然の力が必要で、
それこそが、自然の摂理、、、、、
恐竜が滅びて、哺乳類の台頭を作り出したのも自然の力、、。
そんな破滅的哲学は、勘弁願いたいと思っておりますが、
あの日を忘れずに、少しずつ変わっていけるのも、人間の力。
そう信じている今の私であります。

やがては来るに違いない巨大地震。
我々人類は、強く跳ね返す事が最良なのか、
サラッと受け流す事が最良なのか、、、、

千年に一度の巨大地震。
明日が千年目でないことを願うばかりでありますが、
国の借金同様、子孫にツケを回しているようで、
益々の科学技術の発展を祈らざるをえません。
 
御地域でも、くれぐれも、備えを怠りませんように。
ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2013年03月11日(Mon)20:25 [EDIT]

耐え子さん、ありがとうございます

頻繁とは申せませんが、出張やボランティアで、
御地の実情をそれなりに肌で感じています。
宮城、岩手とは事情の違う、先の見えない原発事故の後遺症、、、
復興庁や大臣が概論を述べたとしても、
個々の住民の声は、まだまだ理解していただけないのかもしれません。
私も、極めて微力ではありますが、こんなアダルトブログで声を上げ、
稚拙なボランティアでご協力さし上げたいと思っております。
これからも、地元の情報、コメントでもメールでも、教えてください。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2013年03月11日(Mon)20:37 [EDIT]

追伸

レイさん達が暮らしている大都会は、巨大地震などに遭遇した場合、ある意味地方都市より遥かに危険ですよ。十分気をつけてね。と言うことが言いたかったんですが、レイが私が思う以上に未来を見据えているのに感心しました。
あなたがたのような若い人がまだまだたくさんいる我が国。私のようなロートルが心配しなくても大丈夫ですね。安心しました。


追伸の追伸
私が住む土地も東南海大地震が発生したらかなり厳しいことになると想定されています。でも諦めたりしませんよ。心配してくれてありがとう。

れんたん | URL | 2013年03月11日(Mon)20:48 [EDIT]

れんたんさん、ありがとうございます

れんたんさんもご存知のように、
都市、都会とは、いろいろな事情で、単にそこに人が集まった、
たぶんそれだけだと感じています。
それだけに、個人個人の常識、非常識が混在して、
横の繋がりは皆無、、なのかもしれません。
巨大地震で生き延びたとしても、
その後の避難生活をうまく過ごせるのでしょうか?
まして、災害弱者をいたわる余裕や、思いやりがあるのでしょうか?
海猿にも、ナイチンゲールにもなれないだろう私は、
ひどく心を痛めております。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2013年03月11日(Mon)21:28 [EDIT]

レイさんの主さんへ

レイさんのことを間違えて、レイと呼び捨てにしてしまいました。
ごめんなさい。

そして、
私が言うことではないのは承知で申し上げます。
レイさん、ハルさんのような素晴らしい若い人をこれからも導いてあげてください。「同志」の1人としてもお願い申し上げます。

れんたん | URL | 2013年03月11日(Mon)21:44 [EDIT]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013年03月11日(Mon)22:11 [EDIT]

面積の狭い日本

島国は地震が起きたら津波の心配するんだね~太平洋側はアメリカ迄、行きました。地震が起きたら建物の倒壊より津波の進路のシュミレーションの方が、先です。俺の東北での地震体験での結果です。まあ内陸が一番ですね。

茶 | URL | 2013年03月12日(Tue)18:40 [EDIT]

れんたんさん、ありがとうございます

優しいお言葉ありがとうございます。
主もきっとこれを読んでいると思っております。
これからも応援よろしくお願いいたします。
じゃぁ、又。     レイ
 

Ray | URL | 2013年03月12日(Tue)19:49 [EDIT]

鍵コメAさん、ありがとうございます

『啓蟄』はとっくに過ぎましたので、
そろそろ、冬眠から覚めていただけるよう、
お持ちいたしております。
ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2013年03月12日(Tue)19:53 [EDIT]

茶さん

阪神大震災は、内陸型の断層地震だったと記憶しております。
プレートだろうが断層だろうが、そんな地震の巣窟の上で、
私達は日々暮しているのだと言う、そんな認識が大事かと存じます。
じゃぁ。   レイ
 

Ray | URL | 2013年03月12日(Tue)19:57 [EDIT]