FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

和蝋燭

「はい、」
ハルさんが、包みを渡してよこす。
なにこれ?
「私の初出張のお土産よ。」

包みを開いて驚いた。蝋燭?
「ただの蝋燭じゃないのよ。由緒正しい和蝋燭なんだからね。
 出張ついでの観光で買ったのよ。
 工房でおじさんが手作りしているのも見学したし。」
でも、、、これ、芯が黒くなってる、、、、
「そりゃぁ、蝋燭だもん、夜、ホテルで灯してみたわ。」
熱かった?
「バッカじゃない。まずは、炎は綺麗? とか聞いてよ。
 、、、熱かったけど、、、、、。」


夕食もそこそこに、外が暗くなるのを待って、
カーテンをしっかり閉めて蝋燭に火をつける。

キャンドルセラピー、、、?
橙色のやさしい光と、
不規則に上下動する神秘的な炎のゆらめき、、、

「石油化学製品じゃないのよ。完全植物性なんだからね。
 最高のキャンドルセラピー、、でしょ?」

ノーマルな方にとっては、セラピーかもしれないけれど、
この炎のゆらめきは、なぜかM心を刺激する、、、


「手を出しなさい。」
ハルさんが私の手の甲に雫をたらす、、、
熱っ、、、、、
「ねっ、素敵な刺激でしょ。
 なんてったって、由緒正しき、和蝋燭なんだから。」

代わりばんこに、お互いの手の甲に蝋を垂らして、、
M的キャンドルセラピー、、、、、

「でもね、現実的な話をするとね、
 これ、びっくりするほど高かったのよ。
 それに驚いて、一本しか買わなかったの、、、」

あの『掌編江戸妄想譚』で、なにげなく蝋燭は貴重品、
なんて書いたけど、今も昔も、そうなんだねぇ、、、
特別な日の特別な御調教かぁ、、、、

「よし、次のレイさんの誕生日祝いは、和蝋燭だね♪
 夏のボーナスで買ってあげるわ、誕生日プレゼントよ。」



垂直に立てて、ノーマルキャンドルセラピー、、、
傾けて垂らして、アブノーマルキャンドルセラピー、、
さすが、伝統工芸的和蝋燭、、、、、、、


、、、、、、誕生日かぁ、、、、、

 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
蝋燭ネタか~

今回は、ギブアップします。(  ̄▽ ̄)コメント出てこないで~ってコメントです。ローソクでの調教は~?

茶 | URL | 2013年05月15日(Wed)20:58 [EDIT]

茶さん

まぁ、ノルマでもあるまいし、
感じる事があったらコメントいただければ、それで充分であります。
じゃぁ、    レイ
 

Ray | URL | 2013年05月16日(Thu)18:56 [EDIT]

和蝋燭について

まず、和蝋燭を燈してみたというハルさんに、「熱かった?」と返すレイさんのボケぶりに座布団一枚!

和蝋燭といえば、「蝋が染み込んで指紋なくなっちゃったよ」と誇らしげに手を見せた職人さん(by 旅番組)とか、百物語とか、京都タワーとかを思い出します。

それにしても、和蝋燭とはよい買い物ですね。行灯にしても和蝋燭にしても、現代の「光り輝く」電気の灯りに比べたらかなり暗いですが、眼のためにはそのくらいの光量がいいという説を聞いたことがあります。が、まあ理屈ではなくて、ロウソクの灯りは人を魅了する何かがありますね。主さんと三人で愉しんでくださいね。

れんたん | URL | 2013年05月17日(Fri)06:06 [EDIT]

れんたんさん、ありがとうございます

和蝋燭は、あの独特な炎のゆらめきが神秘的です。
友達の家で、和蝋燭が飾ってありました。
一度も灯した形跡もなく、、
蝋燭なんざぁ、灯して、垂らしてナンボじゃぁ、、
なんて、心の中でツッコミを入れたことがありました。
和蝋燭御調教、、、ちょっと憧れております、、、

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2013年05月17日(Fri)18:33 [EDIT]

木蝋

ご主人様と二度ほど和蝋燭屋さんを尋ねたことがあり、
懐かしい気持ちで日記を拝見しました。

お店のご主人が掌で芯に蝋をつけていくのを眺めたり、
古く薄暗いお店の感じも素敵だったなぁ。

鍵交換中につき、
新しい鍵ができたらまたお知らせしますね。

六花 | URL | 2013年05月18日(Sat)04:45 [EDIT]

六花さん、ありがとうございます

熱さをものともせず、手作業で蝋燭を作る職人さんの映像は、
観た事がありますが、実際の現場は行った事がありません。
私も、主と行ってみたいなぁ、、、、。

このところ入り口ではじかれていましたので、
いかがなさったかと思っておりました。
ご連絡お待ちいたしております。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。      レイ
  

Ray | URL | 2013年05月19日(Sun)17:48 [EDIT]